So-net無料ブログ作成
検索選択

「torne PS Vita」アプリ配信開始!nasneを超快適に楽しもう!完全レビューだ! [PS Vita]

image

ついに来ました!
PS Vita専用アプリ、「torne PS Vita」アプリ配信が開始!
早速ダウンロードして完全レポートだ!
これでnasneを遊びつくす最高のモバイル機器の誕生です!

っとその前に先ほどブログで書いたようにシステムアップデートVer 2.02は必須です。
事前にアップデートが必要です。
ついに本日20日、PS Vitaでtorneが楽しめる! まずは事前アップデート2.02をして...


それでは行ってみましょう!


アプリPlayStation Storeを開いて「torne」で検索すると
「torne(トルネ)PlayStation Vita 」が出てくる。


image

2013年2月27日まで無料配信なので、
PS Vitanasneでテレビを楽しみたい方は今のうちにPS Vitaを買っちゃえばOK!

それでは早速ダウンロードだ!

image

ダウンロードデータは約52MB。
またしてもがんばってくれ! 家のADSL回線(笑)


image

よしダウンロードが完了してアイコンが飛び跳ねてるぞ!


image

ついに来た! 「torne PS Vita」だ!

image

「torne PS Vita」この起動画面で初期はしばらく待たされる。


image

そして出てきた画面が「初期設定開始」画面だ。


image

まずは自宅のnasne登録だ。
Wi-Fiで同じネットワーク上に存在するnasneを自動で探し出してくれる。
この辺が超簡単で便利ですね。

image

nasneの名前をかえたり、チャンネルスキャンしたりと、
nasneを初めて買ってきてても、そのまま設定までできてしまいます。

家のnasneはすでに設定済みなんでチャンネルスキャン等の設定は省略で楽々設定。


image

アクティベーション処理もあるのでインターネット接続が必須です。


image

メモリーカード設定の確認でビデオ書き出しの保存先の設定が行われるのですが、
ブルーレイのUSB接続での「おでかけ転送」で作っている場合は処理は完了している。


image

ついに動かせます。PS Vitaでtorneが!


image

来ました! PS3のtorneそのまんまです!
しかも驚くべきは動作感です!
もうモバイル端末では考えられない快適さでTVを楽しむための操作ができるんです!


image

録画残量表示もPS3同様の表示がされます。
nasne1」と「PS Vita」のメモリ使用容量がパーセント表示されています。
これでPS Vitaから、サクサク削除したりして管理が楽になりそうです。


image

それでは早速ライブチューナーでリアルタイムに放送している番組を見てみましょう。

image

最初チャンネルと番組タイトルが表示され少し待たされます。

image

表示されました!
けっこうスムーズにストレスなくテレビが切り替えられます。これは良い!

image

操作ボタンの十字キーの左右を押せば
今やっている放送が下部に表示され切り替えができる。

image

番組の切り替えは約3秒ほどで完了するので
ほぼストレスなく切り替えて表示されるためホントのテレビ感覚で楽しめますよ!


image[175]

ほんとPS Vitaの有機ELディスプレイの綺麗さにはほんと驚きを感じる。
IPSパネルも相当綺麗ですが、有機ELはその上を行くって感じですね。
このインチでテレビ映像を映し出すと異常な綺麗さに感動すら覚えてしまう。

image[174]

操作ボタンの「△」を押せば番組情報を見たり、
そのまま録画することもできる。
録画中の番組をライブ放送してみるのはOK。
ほかのチャンネルはもちろん切り替えることができません。
ただし、nasneを複数台持っておけば超快適なテレビライフを実現できる。

image[173]

お次はGUIDEこと、テレビ番組表です。

image[172]

もちろん動きはPS3のtorneと同じくサクサクに操作できる。
ある意味気持ちが良いくらいだ。

もちろん番組表から視聴・録画予約・番組検索することもできるし、
選んでいる放送局だけの1週間表示など、いろいろな表示方法が可能。

っていうかタッチパネルでも操作ができるのでなんでもこいですね。

image[171]

さて、本命の「VIDEO」で録画した番組を楽しんでみよう!

image[170]

最初、番組のタイトルでフォルダ分けされてました。
もちろん時系列でリスト表示もできる。
自分が楽しみやすいように設定すればより快適なマシンになる。

image[169]

番組を選べば、約3秒ほどあれば映像が再生される。
レスポンスも良好だ。

一分間隔のシーンサーチや
ゲーム機ならでは操作ボタンでLRなんかで10秒飛ばしたり戻したりが快適さできる。


image[168]

さて、一番気になる「ワイヤレスおでかけ転送」はどうするかというと、
番組タイトルの上で「△」ボタンで操作メニューをだし、「ビデオ書き出し」で行う。

image[167]

約30分の番組(370MB)の容量で約7分ほどかかるみたいだ。
早速開始してみる。

image[166]

書き出しの確認画面が出てきて、時間がかかるのと、バッテリー残量の注意を言われる。
あれっ、PS Vitaは電源接続しないとできないって言ってこない。

image[165]

そうです完全にワイヤレス状態で「おでかけ転送」できるんです!
これができる機器は、今のところPS Vitaだけですね
訂正:Xperia AXでもできるみたいです。
    先日のSonyTablet S & Pのアップデートでも可能になりました。

Xperia TabletVAIOでは
絶対に電源コードをつないでおかないと書き出しできないですからね。

image[164]

今回転送時間は8分50秒、
予想の7分より転送にかなり時間がかかってしまいましたが無事に終了。

何回か転送してみたときにテストしてみたのが
気になる転送中に画面が暗くなってしまっても転送が中断せずに行えるかどうか?

転送中、途中画面が消えたまま10分ほど放置しても、
画面表示させるとしっかりと書き出しが完了してました。
これはトラブルも少なそうですね。

 

image[163]

nasneを楽しむのは「torne PS Vita」で、
従来のブルーレイで録画した番組を
USB接続で「おでかけ転送」した場合はビデオから楽しむ。
ちょっと使い方が分かれてしまうが
はっきり言いましょう!

image22[3][2]
nasneを一番快適に楽しめるのは、PS Vitaが群を抜いて一番ですね。
これは是非みなさん実際に体験していただきたいですね。

後で動作画面を動画でアップしたいと思うのでお楽しみに!


▼関連ブログ
・(2012.12.20)ついに本日20日、PS Vitaでtorneが楽しめる! まずは事前アップデート2.02をして...

 




image
PS Vita(Wi-Fiモデル)


image[15][3]
PlayStation spacer40-1024,980円~

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>


image151322[2][2] 
AV10%OFF+AV関連アクセサリー5%OFFクーポン → 10,030円image
さらにSonyCard決済なら
SonyCard決済3%OFF → 9,729円image


image2332222222[2][2]
VAIO Tap 20(Windows 8 搭載)
SVJ2021AJspacer40-1079,800imagespacer40-10 長期保証<3年ベーシック>付
image292222222[3][2] 

image61222222222[2] 
VAIO Duo 11(Windows 8 搭載)
キャンペーン適応価格!【2012年12月13日(木)9時15分まで】
SVD1121AJspacer40-1094,800imagespacer40-10 長期保証<3年ベーシック>付
image31255322222222522222222[2] 


image112[2] 

 

ワンズのホームページへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

じゅそ

ワイヤレスお出かけ転送は、Xperia AXでも可能です。
Vitaだけではないので、記事の訂正を
by じゅそ (2012-12-23 21:00) 

taku

じょそさん、こんにちは。
ただいま訂正しました!
情報ありがとうございました。
by taku (2012-12-23 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2