So-net無料ブログ作成
検索選択

α<アルファ>新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」作例レビュー!(4)京都旅行 [SAL70400G2]


image

α<アルファ>新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」作例レビュー!第4弾
京都旅行に持っていきました。

実際に旅行なんかに持って行ったときに、どんな時に使えるか?
どんな風に撮れるのかをちょっと試してみたのでご参考になればなぁと思います。

▼前回のブログ
(13.04.02) α新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」 開梱・外観レビュー!
(13.04.04) α<アルファ>望遠レンズ 「SAL70400G2」 作例レビュー 2(動体追尾性能)
(13.04.08) α新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」作例レビュー!(3)野鳥撮影


それでは行ってみましょう!




image
α77+SAL70400G、315mm、F5.0、1/200、+0.3EV、ISO400

まずは人物撮影。
小鳥よりはるかに大きな人物を望遠レンズで撮ろうと思うと
かなり後ろに下がって撮らないといけません。
これが315mmの焦点距離での背景のボケ具合。
絞りは絞らずに開放で撮影しております。

image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/320、+0EV、ISO200

次に最大望遠600mmの焦点距離です。
すみませんちょっと全開の顔出し禁止なんでちょっと目隠し。雰囲気だけをご参考に。
ここまでズームすると、
背景が被写体に近づいたように大きくなる圧縮効果がハンパないですね。
しかもボケも凄くボケ色の背景で何があるのかわからないですね。
ちなみに背景は八重桜です。


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/320、+0EV、ISO200

人物と横並びに桜の花と一緒に写真を撮っているのですが
背景のボケが凄すぎて、ほんと被写体が浮いたように撮れます。
これはこれで楽しいですね。
ただし、最大望遠の400mm(35mm換算600mm)ともなると、
人物を撮るのに相当遠くから撮らないといけないので
障害物の少ない所じゃないと、なかなか撮影が厳しいことに気づきました。
とにかく遠くから撮ってる姿が怪しくもみえるのでちょっと注意が必要かなと思いました。(笑)
ちなみにiPadやiPhoneで撮影する息子達をパチリ。
もちろんカメラに気づいていないので自然な表情で撮影できます。


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/640、+1.7EV、ISO200

この時(3/28)、京都なら桜も咲いていたので小鳥たちが寄ってきていました。
「これはシャッターチャンスだ!」と、たくさん花+小鳥を一緒に撮らせていただきました。
でも鳥を撮ることに必死になりすぎて、綺麗に撮るというのが頭から無くなっていました。
この写真は背景が空でかなり逆光だったので被写体が暗く撮れてしまい失敗。


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/640、+1.7EV、ISO200、明るさ補正

でも前回同様、PMHで明るさを補正をしてみました。
暗い部分を明るく、全体もさらに明るくして、コントラストを調整して出来上がり。
これで白い桜も白潰れすることなく鳥の体の色が出てきましたね。


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/640、+1.7EV、ISO200、トリミング

少しノイジーな感じはありますが明るさ補正でなんとか使える写真になりました。

ちなみにこの鳥はというと...「メジロ」です。 やったぁー!。
僕はメジロを撮るのが初めてだったので、
こういう色鮮やかな可愛い鳥を一度撮ってみたかったんです。
ちょっと旅行を忘れて撮りまくっちゃいました!(笑)


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/800、+1.7EV、ISO200、明るさ補正

これは桜の花といい感じで撮れましたね。
でも逆光なのが残念なところです。

image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/640、+1.7EV、ISO200、明るさ補正

もうこの時相当数の写真をとりました。
たくさん撮って思ったのが、やっぱりこのレンズのAFは最高です。
ドンピシャきます!
もう撮る写真いい感じにピントが合うので本当はもっとご紹介したいのですが
このシーンの写真はこの辺にしたいと思います。
初めてメジロを撮ってテンションも上がっていました。


image
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/640、+1.7EV、ISO200、明るさ補正

ほかにもいろんな鳥がいました。これは「ヒガラ」ですかね。


image
α77+SAL70400G、600mm、F7.1、1/160、+1.0EV、ISO200、トリミング

またメジロです。(すみません)
ちょっと作例ということで、シーン違いもご紹介したかったので再度...。

この写真は先ほどまでとは違って、PMHで明るさ補正を一切行っておりません。
理由は、背景が暗い時は「多分割測光」で綺麗に被写体である鳥に
適正露出でいい感じになります。
それでも撮影時に少し暗めに感じたので露出補正を+1.0くらいにして撮っています。


image
α77+SAL70400G、600mm、F7.1、1/160、+1.0EV、ISO200、トリミング

どうですか?
こんなに拡大してもクオリティの高い写真で撮れちゃっています。
う~ん良いですねぇ~。ますますこのレンズに惚れ込んじゃいます。


 image
α77+SAL70400G、600mm、F7.1、1/200、+1.7EV、ISO200 、トリミング

やっぱり背景に色が入らないと、白い花の存在感も出ないし
いい感じで露出を合わすことができなくなるので、
今後撮り方を工夫しないといけないなぁって思い、良い経験になりました。

image55[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/800、+0EV、ISO400

やはり背景にどんな色を持ってくるかが勝負ですね。


image65[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/400、+0.7EV、ISO200

これは「シジュウガラ」ですかね。
先ほどまで白い八重桜との写真ばかりでしたが赤い八重桜も絵になりますね。
ほんとずっとここで小鳥たちを撮り続けたかったですよ。


image70[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/400、+0.7EV、ISO200

望遠ばかりではなく広角端の70mm(35mm換算105mm)でも撮影。


image85[1]
α77+SAL70400G、105mm、F4.0、1/320、+0.3EV、ISO200

同じく広角端 70mm(35mm換算105mm)。
被写体のからだ全体を入れるとなると適度に後ろに下がらないといけません。


image90[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/320、+0EV、ISO200

今度は最大望遠400mm(35mm換算600mm)で撮影。
望遠なので背景の圧縮効果で桜全体をバックに入れることができます。


image95[1]
α77+SAL70400G、600mm、F6.3、1/320、+0EV、ISO200

これも望遠端600mm。
逆に背景をくっきり映すことはできませんが絵のような雰囲気を作り出せます。

image100[1]
α77+SAL70400G、150mm、F4.5、1/320、+0EV、ISO200

こんどは被写体に近づいて広角端に近い150mmでの撮影。
近づいて被写体を大きく撮るため、また背景もボケてくれます。
ひとつ前の写真と背景のボケの具合が参考になればと思い載せました。


image105[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/250、+0.3EV、ISO400

望遠端のボケを利用すれば斜め上から地面が背景になるように撮れば
このように綺麗なグラデーションがかった背景色に仕上げることも可能。



image115[1]
α77+SAL70400G、600mm、F5.6、1/400、+1.0EV、ISO400 

最後も結局鳥です(笑)
満開の桜といっしょに「ヒヨドリ」を撮影することが出来ました。
いやぁ~この数日間「SAL70400G2」を使いましたが、
今まで撮れなかった野鳥などが僕でも簡単に撮れるんだなって実感しました。
そして、レンズによっても撮れる安心感と信頼感が違うということも分かりました。
結局なに?僕がこのレンズを欲しくなってしまったって話ですか?
でも本気で次に狙いたいレンズはコレですね。

SAL70300G」を持っている僕としては広角端は同じでさらに望遠ができるという
ステップアップ的なレンズセレクトがこの「SAL70400G2」。
ただしサイズが大きいので流石に持っていけない時は
携帯しやすい「SAL70300G」もどうしても必要になるので、
このレンズを2つ所有するのは本当にありかも。

実際子供たちの卒業式に「SAL70400G2」を持っていくのは流石に勇気がない。
そしてどこで使うんだ?ってことにもなるのでそんな時は「SAL70300G」でOKってことになる。
間違いなく鳥を撮るなら「SAL70400G2」ですね。

あ~今年の子供の運動会は5月にあるんだけどもう一度使って見たいなぁ。
野鳥だけではなく、もっと子供撮りで、いろいろなシーンで使ってみたいですね。
以上、「SAL70400G2」長期レビューでした。



image1512

▼ズームレンズ(70-400mm F4-5.6 G SSM II) 
SAL70400G2spacer40-10251,801円(税込) 長期保証<3年ワイド>付き
長期保証<5年ワイド>なら、+24,000円。
image154262
image
image_thumb13_thumb2_thumb_thumb_thu_thumbストアメンバーズプログラム詳しくはこちら) 
・AV10%OFFクーポンが使えます。 (割引金額:-25,180円
・αレンズ限定 長期保証5年ワイド無償(1回)クーポン(4/30まで)(割引金額:-24,000
image_thumb13_thumb2_thumb1_thumb3_t_thumbSonyCard決済で、さらに3%OFF詳しくはこちら

→ AV10%OFFクーポン使用で226,620円(税込)
→ SonyCard決済3%OFFで219,822円(税込)


▼前回のブログ
(13.04.02) α新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」 開梱・外観レビュー!
(13.04.04) α<アルファ>望遠レンズ 「SAL70400G2」 作例レビュー 2(動体追尾性能)
(13.04.08) α新型 望遠レンズ 「SAL70400G2」作例レビュー!(3)野鳥撮影



image_thumb41_thumb_thumb10222[2]
サーフスライダー機構でタブレットスタイルからノートスタイルへ
▼VAIO Duo 11(2013年春モデル) ブラック & ストア限定シルバー
SVD1122AJspacer40-1094,800imagespacer40-10 image_thumb129_thumb_thumb_thumb_thu_thumb 
image3125532523222[2]
 

image_thumb5
潜入取材!! 安曇野「VAIOの里」での「VAIO Duo 11オーナーメード体験」レポート!


image61422522222

▼Xperia Tablet Z 【16GBはストア限定モデルで色はブラックのみ】
SGP311JP/B (16GB)spacer40-1052,800円imageimage3621452210252522222
SGP312JP/B・W(32GB)spacer40-1059,800円imageimage3621452211252522222
image_thumb130_thumb_thumb_thumb_thu[2]
image_thumb13_thumb2_thumb1_thumb3_t[1]SonyCard決済で、さらに3%OFF詳しくはこちら



image112[2] 

ワンズのホームページへ








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0