So-net無料ブログ作成
検索選択

35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ 「α7」・「α7R」 実機レビュー! [α7・α7R]

image

先日ソニービルにあるソニーストア銀座に遊びに行ってきました!


image

もちろんお目当てはこのカメラ「α7」「α7R」です。
で、早速体験してきました!

▼「α7」 ボディのみ
ILCE-7:149,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:134,820円(税込)(詳しくはこちら) 

▼「α7R」 ボディのみ
ILCE-7R:219,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>
→AV10%OFFクーポン:197,820円(税込)(詳しくはこちら

残価設定クレジットの詳細・参考例はこちらから


image

まずは「α7R」にカールツァイスレンズである、
Sonner T* 35mmF2.8のレンズを付けていろいろ撮影してみました。

image42カールツァイス
▼Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(11/15発売)
SEL35F28Z:79,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:71,820円(税込)(詳しくはこちら


image

こんな所でいろいろな被写体を撮影してたんですが、
まずこのカールツァイスのSonnerT*35mmで撮影を楽しんでたのですが、
このレンズ開放値F2.8の時のフォーカスを合わせたときのシャープさがハンパない!
そして単焦点レンズ+フルサイズセンサーでのボケは見事と言う言葉しか出ませんでした。
すみません、上の写真は作例ではないので雰囲気だけ。

一般的なレンズは開放値で撮りたいが
色にじみや歪などの収差を気にして、絞りを一段二段絞って収差を抑えた最適な状態で
撮るというのが基本のようだが、このレンズにはそれが不要のようだ。
ボケを楽しむなら思い切って開放値で撮ることをおすすめします。
実際に見ると分かりますが、たしかに開放値のクオリティが素晴らしいですね。

image

それとやっぱフルサイズは良いですね。
僕はα77を持っているのですが、α99が出てきたときにはフルサイズに手を出しませんでした。
理由は4年連続の買い替えはありえんっていう理由です(笑)
2年間全力でα77を使わせていただきました!
そのおかげでいろいろと得られることもあったのでやはりある程度使い続けるのも大事ですね。
もちろんα77売る気はないのですが...

僕の所有一眼カメラのロードマップはこちら。
α550 → α55 → α77 → α7、おっ!何かいい感じですね!(←意味不明)

もう完全にα7買う気になっているし(笑)
未だミラーレス機に手を出さず、
でも「カメラApps」が欲しいがためにNEXをサブ機にどうしようって思っていて
そんな時に「DSC-RX100M2」は発表されてサブ機は当面これでいいやと割り切り、
でもいつかはフルサイズも使ってみたいと思いつつ
カメラの買い替え時期に悩んでいたところにコレですよ!
「α7」「α7R」の登場ですよね。
ほんと何?この僕の物欲感をそそるような理想のカメラは。

ただEマウント機をフルサイズにしただけではなく、
α99をもはるかに凌ぐ「BIONZ X」という画像処理エンジンを搭載。
そしてかゆい所に手が届いた、数々の機能・操作性の向上。
まさにα77ユーザーなら買い替えの条件が揃いすぎています。


image

で、最初レンズはどうするの?ってことになると思うんですが、僕はこれにします。
もちろん「α7R」ではなく、「α7」との組み合わせ。

▼単焦点レンズキット(Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA「SEL35F28Z」)
ILCE-7_TKIT:229,600円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:206,640円(税込)(詳しくはこちら

ただ、このレンズだけ買っても個人的には実用性も下がるので、

image41カールツァイス
▼Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS(2014年1月発売)
SEL2470Z:119,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:107,820円(税込)(詳しくはこちら

次の目標はこのレンズですね。できればまずこのレンズとのセットで発売日に欲しかった。


image

でもそんなにレンズ買ってる余裕がないので
実際はマウントアダプターのお世話になるかと思います。
なのでマウントアダプターも同時購入したいと思います。

image63
▼マウントアダプターAF仕様(透過ミラー)(11/15発売)
LA-EA4:33,800円(税込)
→AV10%OFFクーポン:30,420円(税込)(詳しくはこちら

購入特典として、おすすめアクセサリーと本体と同時購入でソニーポイントが5%もらえる。
そうすると、ソニーポイント:5%(1,690ポイント)もプレゼントとされる。

でも現在手持ちのフルサイズに対応したレンズとしては

▼ズームレンズ(70-300mm F4.5-5.6 G SSM)
SAL70300Gspacer40-1099,225円image

▼単焦点レンズ(50mmF1.4)
SAL50F14spacer40-1042,000円image

▼マクロレンズ(50mm F2.8 Macro)
SAL50M28spacer40-1050,400円image


これだけ、あとはAPS-C専用のレンズならもうちょっとあるが、このレンズ使うぐらいなら
α77で使おうかとも思っている。

image

あと、カールツァイスの単焦点レンズ 「SEL55F18Z」 もよかったなぁ。

image32カールツァイス
▼Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(2014年1月発売)
SEL55F18Z:93,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:84,420円(税込)(詳しくはこちら

image

ちなみにこのレンズも撮った写真を等倍で確認しましたが、
開放値F1.8での収差はほぼ感じられず、
フォーカスの合ったところはハッキリくっきりとシャープで綺麗に映っていました。
でも上の作例はF2.0に一段絞った作例でした(笑)
やっぱり作品作りならそうなるのかな。
それにしても良いですね、F2.0でこれだけの解像感。


image

絞り羽根は9枚の円形絞りで、解放から2段絞ったところまで円形をキープするみたいなので、
これからのイルミネーションなどの撮影が楽しみですね。
あっ発売が2014年1月かぁ!orz...

image

「α7」「α7R」を2台横に並べてもハッキリ言って見た目全く同じなので見分けがつきません。
唯一、ロゴが違うだけなので
僕も「α7」買ったら勝手に「R」ロゴだけ作って貼っちゃおうかな(笑)←ただの見た目重視

image

これも見た目だけの話なんですけど、
僕はレンズを付けたときのバランス的にはこの55mmF1.8が良い感じでした。


image

液晶は視認性の高い「エクストラファイン液晶」。
3.0型ワイドで約92.1万ドットの高精細な液晶です。

image

液晶は自由なアングルで撮影できる、チルト可動式液晶モニターです。
上方向に90度、

image

下方向には45度まで角度を調節することができます。
これでローアングルやハイポジションでの撮影も楽に行えます。


image

電子ビューファインダーは0.5型 235万画素の
高解像度と高コントラストを誇る「XGA OLED Tru-Finder」を搭載。

image

レンズと同じ位置にファインダーを配置することで、
ファインダーをのぞいての撮影でも違和感を感じず撮ることができます。
さらにカメラの見た目のバランスもいい感じで僕もかなり気に入っています。

image[268]

ファインダーを覗いても、液晶画面と同じ内容がそのまま見れるので、
操作感覚が全く同じで楽しめるのが良いですね。

image

接続端子類はここに集約。
外部マイク端子、ヘッドホン出力、マルチ端子、HDMIマイクロ。

image

メモリーカードはこのように挿入する。
「メモリースティックDUO」と「SDXCカード」に対応します。

image

操作ボタン系をご紹介。
AF/MFとAELの切り替えレバー付きボタンはありがたい。
僕はAF/MF切り替えを多用するので付いてくれると嬉しいですね。

あと、自由に割り当てられる「カスタムボタンC2」であったり、
コントロールリングのところにWBやドライブモードなどのプリントはされてますが、
自由に左・右・下に割り当て設定が可能です。

image

上部のダイヤル系も満足の配置。
モードダイヤルや、専用に「露出補正ダイヤル」もありがたい。
あと、「後ろダイヤル」や、

image

「前ダイヤル」など絞りやシャッター速度など、いろいろと割り当てが出来て便利です。
露出補正ダイヤルは「α77」には付いていなかったんで
操作に慣れるのに少し時間がかかりそう。
さすがに「α77」は丸二年使ってたのでもう指が覚えてるって感じでした。


image

ちなみに僕の物欲の最大の決め手でもある動画撮影機能。
みなさんデジイチのフルハイビジョン動画撮ってますか?

これは使ってる方にしかなかなか伝わらないかもしれませんが、
α77なんかの場合、
Aモード(絞り優先)で写真を撮りつつ、
すぐに録画ボタンを押してハイビジョン動画なんかを記録するときに、
設定している絞りで撮れるのではなくPモードでの録画になってしまって絞りを勝手に
調整されちゃいます。

例えば、Aモード(絞り優先)で
絞りF2.8にした場合、撮影環境でシャッター速度が1/2500とかになるときに
録画ボタンを押すと、絞りがF13に調整され、1/250で撮影が始まる。
これではせっかくのボケを活かした動画が撮れないんですよね。
今までの経験ではシャッター速度が十分ある場合、絞るという考え方になるみたいだ。

なので本当は、
モードダイヤルで「動画撮影モード」にして、
マニュアルフォーカスにした状態でここで「(A)絞り優先」を選択し、
絞りF2.8にして撮ることができるんです。
はっきりいってこんな面倒なことできません。

僕は常に、その場面を写真で残しつつ、
すぐに動画も記録するので毎回切り替えが面倒なんですよね。

写真の撮影のAモード(絞り優先)で撮ってるときは、動画も絞り優先で撮ってほしものです。

そしてこのカメラ「α7」「α7R」はAモード(絞り優先)で設定した絞り値のままで
フルハイビジョン動画が撮れちゃうんです!
これはもう感動の一言。やっと不満なく動画撮影も並行して行えます。

ってことで、動画撮影も快適に行えるようになったということで超楽しみです。

って未だ自分の「α7」を注文に踏み切れてないのですが、
そろそろ真剣に考えてみたいと思います。





image[7][3]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら

image12[1][6]

image
2013 VAIO 秋冬モデルラインナップ!

「My Sony Club」と「ストアメンバープログラム」について
image[31][3][2]

image493222222227222[2][2][2][2] 

image135[2][2][2][2]  

image181222222222222222222222222[2][2][2][2]   

image345422222222222222222222222222[2][2][2][2]
VAIO red edition

image6142252222222222222222222222222[1][2][2][2][2] 

image112[2] 

ワンズのホームページへ








nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。