So-net無料ブログ作成
検索選択

α7を使って紅葉を撮るためのコツ!失敗例も含めてご紹介します。 [α7・α7R]

image

今日は僕が気づいた紅葉を綺麗に撮るためのコツを少しだけお話したいと思います。
うまく撮れない方だけ参考にしていただけたらなと思います。


▼関連ブログ
(13.11.21) 「α7」を満喫!伽耶院で紅葉を撮影してきました! Sony*Photo*Life[◎]
(13.11.18) 「α7」 vs 「OM-D」 本体・センサーサイズを比較レビュー!&神サイト!
(13.11.17) α7・α7Rを製品登録して、α7Rミニチュアフィギュアをもらっちゃおう!
(13.11.16) ついに「α7」が届きました!早速開梱レビューだ!
(13.11.10) ついに「α7」を買ってしまった!僕が買った購入方法は... 【購入レポート】
(13.11.01) 「α7R」で撮影したサンプル写真が多数紹介されています。
(13.10.21) 35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ 「α7」・「α7R」 実機レビュー!
(13.10.19) Eマウントを採用した 35mmフルサイズ「α7」「α7R」 スペックレビュー!
(13.10.16) 世界初35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズ登場!


image

今回も「α7」を使って比較例を撮ってみました。

image[122]
▼「α7」 ボディのみ
ILCE-7:149,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:134,820円(税込)(詳しくはこちら) 
残価設定クレジットの詳細・参考例はこちらから
αフォトライフサポートの詳細はこちらから

それでは行ってみましょう!


image

まずは失敗例としてこちらの写真。
太陽が直接当たってる状態での撮影はNG。


image

色が褪せたような白っぽい写真になってしまいます。


image

なので反対側からの逆光から撮るのが正解なんですね。
色鮮やかさが全然違ってきますね。
基本は逆光からだと覚えてください。



image

次に、逆光時の注意を数点ご紹介。
2か所をトリミングして比較をしてみたいと思います。


image

逆光での撮影なのですが、思いっきり空を背にした場合このようになってしまいます。
とくに輪郭のところの収差がきつくなってしまいます。


image

なのでこの場合、背景は空にしないというのがきれいに撮るコツです。
この写真は広角レンズでかなりトリミングをしてるのですが、凄い描写力ですね。


image[124]

今度は望遠レンズ使ってトリミングなしでの撮影。
トリミングとは違ってやはり綺麗に撮れます。
背景のボケもとろけるようにボケてくれて被写体のモミジがより引き立ちます。


image[123]

あと僕は、しっかりくっきり撮るためにピント拡大を使ってシビアにフォーカスを合わせています。
これが出来るのがα<アルファ>の良い所です。
紅葉や風景撮影はしっかり三脚を立ててピント拡大して調整すればバッチリ撮れますよ。


image

ちなみにモミジのアップの写真はこんな感じで、画面の黒い枠のところに狙って撮ってます。
とにかく狙ったモミジの背景を空にならないようにどう持ってくるかがポイントです。

探せば絶対に良いポイントがあるのであきらめないで探してくださいね。
できれば望遠レンズで撮影するほうが良い写真が撮れると思います。

image

そして何枚か撮ってみた写真がこちら。
何度も言いますが、
コツが分かれば、後は背景にする景色の持ってき方で、何色にするかがポイントです。
緑の背景にするのか、黄色い背景にするのか赤にするのかオレンジにするのか、
とにかくいろいろ角度を変えて好みの背景の色を探してください。
このように色々な色を混ぜてもいいですね。


image

こんな光の玉ができても綺麗ですね。
たまの大きさは絞りで変わるので何パターンか撮って良いのを選んでください。

image

同色に近い背景を持ってくるとはっきりしないのでこんな風になってしまいます。
まぁこれは好みなんで自分がいいなって思えばそれでいいとはいもいます。
所詮写真は自己満足ですからね。
でも撮った作品をコンテストに出すときは気を付けたほうがいいかもです。

image

ほんと紅葉の写真撮影で何が楽しいかって、どんな色で撮れるのか
その場所を見つけ出した時だと思います。

撮影場所は有名なところである必要はありません。
案外身近なところでもこんなに綺麗に撮れちゃうんですよ。
誰も撮影に来てないのでいつも貸し切り状態です(笑)
周りに背景となる森や林が無ければ、なかなか綺麗に撮るのは難しいですが、
そういう場所を身近でいいので探しておけばいつでも気軽に撮影できるのでおすすめです。


image

次に、全体を撮るときも背景に気を付けて撮れば色鮮やかに撮れます。
特にバックが暗ければ暗いほど、逆光で照らされた紅葉が発光しているようになって
色が鮮やかで際立ちます。


image

でも撮影してたらこんな写真になることもあるかと思います。
見て分かりますか?
そう、背景が空の部分と森の部分とで明らかに写り方がおかしいでしょ。
暗い所に露出を合わせると、暗い部分は綺麗に映るんですが、
空の背景になった部分は露出オーバーになってしまいます。

これは太陽の位置に関係してくるので こんな風になっちゃうんですが、
一概に全てこんな風になるわけではないので安心してください。
ちなみにこれは午後4:30頃に撮影しています。


image

そしてこれはAM9:00頃に撮影。
時間帯によってもこれだけ撮れ方が変わってしまいます。
最初に紹介したこの写真は逆光の紅葉と青空ともに綺麗に撮れています。
なので撮影時間(太陽の位置)もかなり重要になってくるので覚えておいてください。

image

ってことで、自分の撮りたいイメージがあっても時間帯(太陽の位置)によっても
撮れる写真と撮れない写真があるわけなんで、
撮れない時はその環境に合わせて工夫して撮れば良いと思います。
分かっておけば、時間帯的に無理だったって自信を持って言えばいいですからね。


image

なので空が映らないように画角を調整して撮るしかないんですね。このようにね。


image

これもそうですね。不思議な写真になっちゃいます。
暗い部分に露出が合うと、紅葉のバックが空になったらこんな欠けちゃうんですよ。
ちなみにこの写真で露出補正は0EVです。

image

だったら同じ場所で撮影してもズームして画角を合わしてあげるといいです。
ズームすると背景が寄ってくる感じになるのでいろいろ試してください。
この写真じゃよく分かりづらいかな。もうちょっとズームで変わる画角を紹介。


image

最後にもうひとつ、広角での撮影の話。
紅葉と人物を一緒に撮るときに、この木の大きさ・広がりを入れたくって
全体で広く広角で撮りがちなのですが、そうすると余計なものまで入ってくる。
例えば電線とかね。


image

そこでズームして撮影。撮影した場所は同じでもこれだけ雰囲気が変わります。
背景がかなりアップして体に寄ってきた感じになってるのがよくわかりますよね。
これでもこの木の大きさ・広がりをより表現できてるかと思います。
余計な電線も分かりにくくなるのでおすすめです。
あとローアングルは可動式のライブビュー液晶がなせる技ですね。楽に撮影できます。


いかがでしたか?
もしうまく撮れないって方は参考にしていただけたらなと思います。
今回紅葉のアップを望遠で撮影した写真だけ三脚+リモートコマンダーで撮影、
それ以外は手持ちでの撮影でした。
まだ紅葉の撮影はこれからってところもあるかと思うので是非チャレンジしてくださいね。



最後に今回撮影に使った機材はこちら。

image[122]
▼「α7」 ボディのみ
ILCE-7:149,800円(税込) 長期保証<3年ワイド>付
→AV10%OFFクーポン:134,820円(税込)(詳しくはこちら) 
残価設定クレジットの詳細・参考例はこちらから
αフォトライフサポートの詳細はこちらから

image6322[2]
▼マウントアダプターAF仕様(透過ミラー)
LA-EA4:33,800円(税込)
→AV10%OFFクーポン:30,420円(税込)(詳しくはこちら


(使用レンズ)

image[121]
▼Vario-Sonnar T*ズームレンズ(24-70mm F2.8 ZA SSM)
SAL2470Z:226,800円(税込)
→AV10%OFFクーポン:204,120円(税込)(詳しくはこちら

image[120]
▼ズームレンズ(70-300mm F4.5-5.6 G SSM)
SAL70300G:99,225円(税込)
→AV10%OFFクーポン:89,302円(税込)(詳しくはこちら

image[119]
▼リモートコマンダー
RM-VPR1:6,180円(税込)
→AV10%OFFクーポン:5,562円(税込)(詳しくはこちら


▼関連ブログ
(13.11.21) 「α7」を満喫!伽耶院で紅葉を撮影してきました! Sony*Photo*Life[◎]
(13.11.18) 「α7」 vs 「OM-D」 本体・センサーサイズを比較レビュー!&神サイト!
(13.11.17) α7・α7Rを製品登録して、α7Rミニチュアフィギュアをもらっちゃおう!
(13.11.16) ついに「α7」が届きました!早速開梱レビューだ!
(13.11.10) ついに「α7」を買ってしまった!僕が買った購入方法は... 【購入レポート】
(13.11.01) 「α7R」で撮影したサンプル写真が多数紹介されています。
(13.10.21) 35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ 「α7」・「α7R」 実機レビュー!
(13.10.19) Eマウントを採用した 35mmフルサイズ「α7」「α7R」 スペックレビュー!
(13.10.16) 世界初35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズ登場!



image73222232222222222[5] image1216222242222222222[5]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら 


image5022222222222[2]
VAIO OUTLET 旧モデルをお得に買うならここ!

image3772222222222[2] image3842222222222[2]
VAIO Fit14E/15Eの詳細・ご購入はこちら 
VAIO Pro11/13の詳細・ご購入はこちら

image3942222222222[2] image4042222222222[2]
VAIO Duo 13の詳細・ご購入はこちら 
VAIO Tap 21の詳細・ご購入はこちら

image4142222222222[2] image1042222222222[2]
買い替え・サブPC選びで 絶対に知っておきたい「コツ」
→ 「ストアメール新規ご登録キャンペーン」 ~2013年12月26日(木)まで

image6032252222222222[2] image12942222222222[2]
ウォークマン 「NW-ZX1」
ウォークマン 「NW-F880シリーズ」

image
2013 VAIO 秋冬モデルラインナップ!


image135[2][2][2][2]    image6142252222222222222222222222222[1][2][2][2][2] 


image112[2] 

ワンズのホームページへ








nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。