So-net無料ブログ作成
検索選択

防水仕様の球体スピーカー「SRS-X1」 バイオレット 開梱・外観・防水性能レビュー! [SRS-X1]


image

ついにやってきました!
防水・防塵仕様の球体スピーカー「SRS-X1」。
宣言通り自分用はバイオレットを購入!

image
▼ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-X1:8,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
--------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
--------------------------


image

で、いろいろ悩んだ結果... 「SRS-X3」も一緒に買ってしまった!
いや...もう...ポータブルスピーカーバカと呼んでください(笑)
物欲には敵わなかった。

それではまず「SRS-X1」から、開梱・外観・使用レビュー行ってみよう!


image

同梱物です。

・スピーカー本体
・マイクロUSBケーブル
・キャリングポーチ
・説明書など


image

それでは外観フォトレビューです。
まずは色の説明なんですが、この写真の色はバイオレット。
でもカメラではホワイトバランスや露出の関係で、なかなかこの色を捉えることは難しく、
色見本付きで紹介したいと思います。ほんとは見本のとおり紫色です。
光の当たり加減で多少見え方は違いますが、青ではありません。


image

電源ボタンは前面に付いたので電源の「ON/OFF」が凄くしやすくなりました。
電源ボタンを長押しすればBluetoothペアリングができます。
NFCを搭載していない「iPhone」などとBluetoothペアリングするときに使用します。


image

ちなみに「NFC」は上部に装備。
Xperiaなど、NFC搭載端末はかざすだけで簡単にペアリングすることが可能です。

image

インジケーターランプはこの位置に。
電源が入ってBluetooth接続するとこのように青く点灯します。
充電するときはCHARGEランプがオレンジに点灯します。

ちなみにこの底面の隙間にパッシブラジエーターが埋め込まれていて、
しっかりとした低音が出るようになりました。


image

初代球体型ポータブルワイヤレススピーカー「SRS-BTV5」に比べると
サイズ感はアップしています。でも手で持つとこんな感じ。


image

SONYロゴがある面を正面として、向かって右側面は
ボリュームの+ーと、通話ボタンです。
MICもこの面にあります。


image

正面向かって左側面。
再生などコントロールボタンがあります。
初号機には無かった機能ですね。スマホやWALKMAN、タブレットでの操作をしなくても
スピーカー手元でコントロールできるのがほんとに良くなった!


image

最初箱から取り出したときにこのような注意書きのシートが挟んであります。

▼シート内容
「ご使用前にこのシートをはずしてください。
ご使用の際は防水のためにキャップを確実にしめてください」



image

背面です。端子キャップが下部にあります。


image

開けてみると、AUDIO入力端子と充電用のマイクロUSB端子があります。
RESETボタンも見えますね。

端子キャップが防水のためのパッキンになっているので、確実に閉めておくこと。



image

底面です。底面まで同系色でい感じに仕上がっていますね。

5V 500mAなので、パソコンのUSB端子からでも充電は可能です。
もちろん、ポータブルバッテリーからの充電も問題なく行えます。


image
(左)SRS-BTV5、(右)SRS-X1

初号機との大きさ比較です。たしかに一回りと言わず2周りほど大きく見えますね。


image65

▼主な仕様SRS-X1SRS-BTV5
・使用スピーカー直径40mm直径34mm(フルレンジ)
・エンクロージャー方式パッシブラジエーター方式 
・実用最大出力5W1.2W
・NFC
・Bluetooth3.0
電池持続時間(BT時)約12時間約5時間
・寸法(mm)約78×80.5×78約65×67.6×65
・質量約185g約135g




image

付属のキャリングポーチの比較です、
初号機はメッシュタイプでスピーカー入れたままスピーカーで鳴らして楽しめてました。
「SRS-X1」に付属のキャリングポーチは穴が一切空いていませんでした。
この辺は後で説明します。


image

それでは、実際に楽しんでみましょう!
室内ばかりじゃあれなので、自宅に持ち帰ってリアルに楽しんでみました!

防水・防塵なので屋外の使用でも気にならないのがいいですね。



image

それではNFCでWALKMANと簡単接続。 ピコリ~ン!



image

こんな感じで簡単に音楽が再生できます。
音質はと言うと、初号機「SRS-BTV5」に比べれば相当音質が上がっています。
低音がしっかり出るようになりました。
あと出力が1.2W→5Wに上がっているので大音量にもなっています。

ただ、無音から音量を+していって、
+6くらいが心地良いボリュームでした。
+7くらいすると大音量を聞かせるっていうボリュームで、
+8以上は大音量だが聞いてて不快な感じに聴こえてきます。
+9で音割れを感じるようになります。
最大いくらまでボリュームが上げれるのかわかりませんが、
僕が音が上がってるかなって思えるところまでいけば+13くらいまで上げれたかな。
まぁ聞けたもんではないですけどね。

あと人によって感じ方はそれぞれなので、
自分で好きな曲を実際に鳴らせて聞いてみてくださいね。



image

キャリングポーチも明るい環境では透けてるのが良く分かりますよね。
そう、このキャリングポーチ凄く薄く作られています。


image

なので、キャリングポーチに入れたままでの音楽再生も問題なし。
メッシュで大きな穴が開いてるわけではないので汚れ防止にもなりますね。
ソニー好きにはうれしい「SONY」ロゴも入ってますよ!


image

少しサイズが大きくなったとはいえ本体はコンパクト。
どこに置いても楽しめるサイズなのが良いですよね。


image

お部屋のインテリアのように飾ってもいいかもしれないです。



image

そして普段はインテリアとして飾って、使いたい時に持ち出すっていうスタイルもありですね。



image

トイレに置いてみました。
最近のトイレは清潔感があるので、スピーカーを持ち込んで音楽を楽しむってのはどう?
トイレに入ってる時間が長い方にはいいかもしれないですね。
そして気になるのでしたら水洗いができるのがこのスピーカーの良い所ですね。



image

それでは防水性能も確認。
音を鳴らした状態でお湯をぶっかけてみました。


image

するとスピーカーコーンの上にたまったお湯が振動で踊っていました。
これは見てて面白いです。

今度は湯船に浮かせてみたら新たな発見が!



image

なんと浮くんですね!
しばらく放置したんだけどプカプカと浮いたままでした。


image

ただし、半分以上使っている関係でBluetoothが途切れちゃいます。
なので浮かべて楽しむものでは無かったですね(笑)

あ~でもよく考えたらWALKMANをキッチンに置いたままBluetoothで飛ばしてたので
近くなら途切れずに使えてたのかな?
すみません、このテストはリベンジさせてください。
※翌日の再テストの結果、端末の近くなら問題なく途切れずに再生できました!


image

でもこれで風呂の中でもおでかけ転送したテレビ番組がいい音で楽しめるようになりました。

Xperia Z2 tablet」「Xperia Tablet Z」「Xperia Z Ultra」は防水仕様なので
組み合わせてお風呂でガッツリ楽しめます。
もちろん防水性能があるスマホでもOK。
できれば防水タイプのAndroid WALKMANが出てこないかなぁ。
まぁでもこのスピーカーは再生・一時停止・早送り・早回しが
スピーカーでコントロールができるのでプレイリストが問題なしかな。



image

波乗りみたいに見えますが、僕がスピーカーの色をバイオレットに選んだのは
Xperia Z Ultra」に色を合わせたかったからです。
球体スピーカーでは今までにないカラーだったからね。



image

外で撮影してたら、うちのワンコが音の出るスピーカーに興味津々。(何それ?)



image

せっかくなので与えてみたら、まず鼻で転がし匂いを嗅ぐ。


image

そして襲われる(笑)


image

と、とにかく無傷で奇跡的に戻ってきました。
みなさんにアドバイスです!くれぐれも犬には与えないでくださいね(笑)

次回「SRS-X1」を2つ用意してセパレートステレオ再生に挑戦したいと思います。
お楽しみに。



おまけ動画。



image
▼ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-X1:8,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
--------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
--------------------------

▼関連ブログ(SRS-X1
(14.06.21) BTスピーカー「SRS-X1」の防水性能(PART II) & ステレオペアリングを試す!
(14.06.20) 防水仕様の球体スピーカー「SRS-X1」  開梱・外観・防水性能レビュー!
(15.05.07) 2台でステレオに!防水スピーカー「SRS-X1」発表!スペックレビューだ!

▼関連ブログ (SRS-BTV5
(13.10.28) 「SRS-BTV5」をカバンにポイしてたら大変なことに!輝きを復活させてみた!
(13.01.27) プロジェクター搭載ハンディカムレビュー 「RDP-CA3M」「SRS-BTV5」
(12.11.04) 「VAIO Duo 11」と「SRS-BTV5」をNFCでBluetooth接続を試す!
(12.10.22) コンパクトポータブルBluetoothスピーカー「SRS-BTV5」 商品レビュー!

▼関連ブログ(SRS-X3
(14.06.23) 想像以上の音質!ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X3」 開梱・外観レビュー!
(14.05.21) マサルさんも認めた!ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X3」発表!

▼関連ブログ(SRS-X5
(14.04.19) 「SRS-X5」を分解して金属製のスピーカーネットのヘコミを修復してみた!
(14.04.07) NFC+Bluetooth搭載 ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X5」商品レビュー!

▼関連ブログ(SRS-X9
(14.05.13) 「SRS-X9」でハイレゾ音源を再生して楽しんでみる!(操作編:その1)
(14.05.12) ハイレゾ再生に対応した こだわりスピーカー「SRS-X9」開梱・外観レビュー!



(追記)
ひっそりコーナー
「takuのパズドラ日記」(2014.06.20 金) Vol.24
--------------------------------
現在:ランク 367、スタミナ最大200、D組(ID:198,179,229)

image_thumb[14] image_thumb[20]

この日は「ゼウスディオス降臨 超地獄級」。
「精霊の宝玉」でハクが出てくるということで、
赤ソニア+セレスで最初のベルセルクを乗り切ろうと思ってたら、
いきなり難しい1Fでハクが登場! ちょっと「ホッ」としました。
ソニアのスキルが溜まり一気に倒す!


image_thumb[23] image_thumb[26]

うまく回復しながら進めていけたのでノーコンでした。
問題は1Fの乗り越えだったので「ハク」のおかげでダブルで美味しかったです。

image_thumb[29]

あと待望の金曜ダンジョンで「ダブトパリット」切れでなかなかできなかった
「ECO・スーパータイニー・アルマ」をついに究極進化できました。

チェンジ・ザ・ワールド、まだどれもスキルマにできてないな。




imageimageimageimage




imageimageimage

imageimage
imageimage
新商品買い替え応援キャンペーン
αフォトライフサポートはこちら
ソニーストアの「残価設定クレジット」
デジタル一眼カメラ 「αセミナー」


image

image5022222222222222222222222222
VAIO OUTLET 旧モデルをお得に買うならここ!


image139image141image140

image112image113[1]image111 

imageimage 


image7322223222222222222222222222222[1] image1216222242222222222222222222222[1]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら 




image112[2] 

ワンズのホームページへ



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

あき坊

こんばんは。
ポータブルスピーカーバカ・・・^^;
すごい防水性能ですね!

by あき坊 (2014-06-20 21:42) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
防水性能マジで凄いです。
今日のブログは防水性能Part IIをお送りしますよ。
お楽しみに。
by taku (2014-06-21 10:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0