So-net無料ブログ作成
検索選択

温かみのある光で癒されて有機ガラス管が透き通るような音を奏でるグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」のスペック・実機ストアレビュー。 [LSPX-S1]


image

昨日発表されたグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」のスペックレビューと
ソニーストア大阪に取材に行ったストア実機レビューをしたいと思います。

温かみのある光で癒されつつ有機ガラス官が奏でる透き通った音が本当に良かった!
バッテリー内蔵でランタン代わりにも使えるので超おすすめ商品でした!
それでは行ってみましょう!

imageimage(2/13発売)image
▼グラスサウンドスピーカー『LSPX-S1』
LSPX-S1:73,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
付属:ACアダプター(1)、電源コード(1)、クリーニングクロス(1)



▼透き通る音色

image

透きとおるような音色で部屋中を満たし、リラックス空間をつくる
まるでその場に演者がいると感じる、透明感のある美しい音色
有機ガラス管部分を加振器で振動させることによる新しい音作り。
息をのむような、今までに聞いたことが無い透明感のある音色で部屋中を満たします。


image

実際ソニーストア大阪で試聴しました。
WALKMANと「NFC」で簡単Bluetooth接続できます。

image


image

NFCは底面に用意されています。


image 

見た目を美しく見せるため、使用頻度の高い電源ボタンのみを背面に配置し、
その他のボタンは底面に配置しているのですっごくオシャレでした。



Bluetoothコーデックに「LDAC」も対応していてハイレゾ並の音質で
ワイヤレスで楽しめます。


image
LDACは従来のBluetoothのSBCコーデックの3倍のビットレートで
ハイレゾ音源ならハイレゾとまではいかないがハイレゾ相当の音質でワイヤレスで楽しめる。


image

とにかく音が良いのと、その音の広がりの関係なのかな?
その空間に見た目以上の音場が広がっていて一度聴いたらマジで感動しますよ!
その上、温かなフィラメント型LEDの柔らかな光が”聴いて・見て”癒されます。


image

【空間を満たす、包み込むような温かい光】

ひとつ一つ丁寧に手で作り上げた、
包み込むような温かい光を放つフィラメント型LEDを採用。
ロウソクのようにふわっと灯り温かく辺りを照らし、
消灯時もゆるやかに消えるように調整しているよです。
それにしても凄いですね!僕はLEDには感じませんでした!


image

2008年6月に発売したSountina(サウンティーナ)ってありますよね。
サウンティーナは長さ約1メートルの有機ガラス管を振動させて、
1台で奥行きと立体感あるクリアな音を360度へ広げるスピーカーシステム。
LSPX-S1」はこの独自技術を改良し、音質を向上しているとのこと。
さらにバッテリー駆動のポータブル化を実現することにより、より身近に生活空間に溶け込む商品となっている。


image
ちょっと技術的なお話で、
Sountina(サウンティーナ)で採用したバーティカル ドライブ テクノロジーとは、
振動板の端面に配置された加振器が音の出る方向に対し垂直に加振し、
音波を発生させるソニー独自のスピーカー駆動技術です。
有機ガラス面全体にその振動が隅々まで伝わることで、円筒状の音源となり、
離れた距離でも音の減衰が少なく全方向にクリアな音を広げることができます。


image

今回の商品で使用しているアドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジーは、
従来のバーティカル ドライブ テクノロジーと比較して大幅に音質が向上しています。
新たに開発した低歪(ひず)み、高応答性の加振器で加振することにより、
人の細かな息遣いや楽器の質感描写に優れ、
まるで誰かが目の前で歌い演奏しているような新しい体験を生み出します。


image

ステレオ感はありませんが、
本体を中心に360度均一に、かつ立体的で透明感のある音の広がりを実現。
部屋中どこからでも上質な音楽が楽しめる、新しい音楽空間を作り出します。

image

バッテリー駆動時間は、約2時間の充電で約4時間の連続リスニングが可能。
Bluetooth接続時でイルミネーションLEDの明るさが最大時を想定した駆動時間です。
盗難防止が付いているのでオシャレに撮影できませんでしたが間違いなくバッテリーで駆動していました。


image

ACアダプターは19.5V仕様のものを使うので、VAIOのアダプターが使えそうですね。
( ̄▽ ̄) ニヤリ


image

とにかく見た目の素材に物凄くこだわっているようで、
音響的な観点はもちろん木や布地、金属、石といった素材が 使われる住空間に馴染むようセレクトしているらしい。
その結果、空間にすっと溶け込む一つのオブジェクトができあがったとのことです。


image

ストア大阪での展示もこのように展示されて自然さを出そうとしてましたが、
そうですね、この展示ではタブレットが違和感あるかな(笑)
あとは表の展示だったので盗難防止が付いてたり
そのついでに電源を確保したりしてたので生活空間に溶け込めて無いように見えますが、
安心してください!

image

すべてバッテリー駆動させてたら間違いなく溶け込んでますよ(笑) 
お次はスピーカー構造を見ていきましょう!


▼美しい音と空間に溶け込むたたずまいを両立させる独自の音響構造

image

スピーカーの存在を感じさせず、すっと空間に溶け込むたたずまい。
低域を再生するパッシブラジエーターや高域を再生する有機ガラス管型トゥイーター、
中域を再生する小型50mmウーファーの3点を組み合わせた独自の音響構造を採用し、
空間に溶け込むことと音質の向上を同時に達成しています。


image

まさかの上部に低域を再生するパッシブラジエーターを搭載しています。
見た目のデザイン的だけじゃなかったのが驚きでした。

それと有機ガラス管が広域のトゥイーターの役割になっていたのに驚きました。


image

そして普段見えないようにこの部分に50mmの小型ウーファーを搭載。
なのでこれがまさかスピーカーだとはだれも思わないでしょうね。


image

なのでバッテリー駆動している姿はまさにオシャレなランタンです。
まさかこれがスピーカーだとも思わないし
バッテリーで駆動してるとも思わないようなたたずまいで生活の中心にそっと存在できるアイテムってわけですね。
生活の中心に存在する、音と光の新しい楽しみ方かぁ~。
こんなのがLED電球型スピーカーよりは超物欲湧いちゃいました!

お次は細部のデザインを見ていきましょう!

【空間に広がる音体験を演出する細部のデザイン】

image

音響特性に優れた有機ガラス管型トゥイーターは見た目の抜け感もあり、
透明ながらも不思議な存在感を醸し出します。
ひとつ一つ無垢のアルミ素材を切削し、
音の透明感にも寄与している高剛性アルミニウム筐体ボディは音響特性にも優れ、
温かみのある光にふさわしいペールゴールドのアルマイトを施しています。


image

テーブルに置いた時や手に持った時のやさしい感触のために、
底面にはやわらかなブラウンの特殊な人工レザーを使っています。
またアルミの硬い筐体ボディにこの柔らかな素材の組み合わせが絶妙で良かった!


 image

先端にLEDのポッチが付いているのが分かりますか?
この三角形の形をしたリフレクターの頂点にLEDを配置し、
Bluetoothの接続状態やペアリング、ステレオ・ダブルモードの接続などの状態を表示。
どこから見ても状態がしっかりと把握できるようにしました。


image

Bluetoothのペアリングモードや接続完了は、
このモデルのために特別にスタジオでレコーディングしたやわらかなアコースティックギターの音でもお知らせします。
どちらも心地よい音楽体験を邪魔しないよう、さりげなく状態を把握できるようにデザインされています。

それでは次に操作系の説明をしますね。
スマートフォンやタブレットなどで利用できる
音量・明るさの調節などワイヤレス操作するアプリ「SongPal」 に対応。

image 

「SongPal」ではボリュームコントロールやイルミネーションLEDの調整、スリープタイマーの設定が可能です。
また、SBC/AAC/aptX/LDACの4種類のBluetoothコーデックを、状況に合わせて音質優先か接続優先かで切り替えられます。


image

「Android OS」や「iOS」でも利用できるので、
ほぼ世の中のスマホやタブレットで操作が可能です。


【2台をワイヤレスで接続したステレオモードやダブルモード】

image

2台をBluetoothで接続し、ステレオ再生や2台から同じ音を出すことも可能。
1台よりもさらに部屋中に音が広がる感覚が得られます。

コレは良い!1台のモノラルでも十分満足できるうえにこれがステレオでも楽しめるなんて超贅沢ですね!
ただしコストとのご相談となるんですが...
たまたま家庭で照明器具兼スピーカーということで2台購入された方の特権ですよね(笑)

あと、良い音で楽しむことができるソニーの高音質技術も採用されています。


image

・4つのチャンネルを独立したアンプで駆動する「S-Master デジタルアンプ」
・MP3やBluetoothコーデックなどにより圧縮音源の高音域をクリアに再現「DSEE」
・推奨サウンド設定を実現する「ClearAudio+」
・マンションや深夜の視聴に最適な小音量・高音質を実現する「サウンドオプティマイザー」
・低位相ノイズ水晶発振器を搭載


image

いかがでしたか?
このランタン型スピーカーは本当にお勧め商品です。
基本的にワイヤレスの照明器具だと思っていただいて、
そこに何とも言えない音の広がりをもった良い音色のスピーカーが付いてくる!って思ってもらうと幸いです。

以前レビュー記事で書かせていただいたんですが、
LEDランプ型スピーカー「LSPX-100E26J」は発想はすごく良いんですが、
耳の肥えた方にはちょっと音質的に物足りない部分がありました。
でもあのサイズで26口金の電球代わりにつかえて、
こんなところでも音楽が楽しめるという割り切った使い方である意味良い商品でした。
でもこのランタン型のスピーカーはマジで生活感を変えてくれるそんな魅力を凄く感じる商品でした。
贅沢言わせていただければ置くだけ充電にも対応すればもっと便利に気軽に使えたかと思います。

これは普通の小型スピーカーに比べればちょっぴりお高いですが、
まず用途が全然違ってくるので「SRS-X99」を買う感覚でもっとアクティブに楽しめるランプ兼スピーカーだと思います。
実際に見ていただき、さらに試聴していただければ、
僕の言ってることが少しでも分かっていただけたらなと思います。

とにかく超おすすめの商品でした。

imageimage(2/13発売)image
▼グラスサウンドスピーカー『LSPX-S1』
LSPX-S1:73,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image



imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!(開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど)
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!申込・開通・設定レビューだ!

「VAIO S11」などにおすすめな500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジモノステーション2月号でゲット!
デジモノステーション2016年2月号付録の神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------








 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

あき坊

こんばんは。
インテリアとしてもおもしろいですね^^

by あき坊 (2016-01-25 21:49) 

taku

あき坊さん、こんばんは。
そうですね。ちょっぴり高いインテリア感覚での購入がおすすめです。買って損はないと思いますよ。
by taku (2016-01-25 23:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。