So-net無料ブログ作成
検索選択

恐ろしく高性能ノートPCに進化した「VAIO S15」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテストなど) [VAIO S15]

image

ついにやってきました!
低価格モデルだった「VAIO Fit15 mk2」の後継機種「VAIO S15」!
2/5発売の発売したてのホヤホヤ機がやってきたので開梱レビューしたいと思います。

とにかく「VAIO S15」は恐ろしく高性能ノートPCに進化したので
外観フォト・ベンチマークテストなども行ってみました。

imageimage
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!

それでは行ってみましょう!


image

パッケージはブラックに塗装された「VAIO」ロゴ入り段ボール箱。
特にこの辺は変化してませんでした。

image

オープン。このように上から開けます。


image

VAIO本体はこのように白い布のようなものでくるまれて収納されています。


image

出ました!「VAIO S15」です。
外観は「VAIO Fit 15mk2」と基本同じです。


image

同梱物です。
・「VAIO S15」本体
・ACアダプター(19.5V、3.3A)
・電源コード
・書類関連


image

ACアダプターは19.5Vもので、出力は3.3Aとなる。


image

当店の展示機スペックです。

▼VAIO S15 SSDモデル(VJS1511)
・OS:Windows10 Home 64bit
・カラー+液晶:ブラック+15.5型ワイド フルHD(1920×1080)
・タッチパネル搭載
・CPU:Intel Core i7-6700HQ(2.60GHz)
・メモリ:16GB(8GB×2)
・SSD:SD128GB
・HDD:ハイブリッドHDD 1TB
・DVDスーパーマルチドライブ

かなりハイグレードな仕様ですね。
現時点でソニーストアで購入すると171,800円+税で買えてしまうのが
「VAIO S15」の特徴です。

それでは簡単にセットアップを済ませて、まずは外観フォトレビューといきましょう!

image

ボディが大きいので、テンキーも付いて
ホームノートとしてがっつり使えるところが魅力ですね。


image

なんといっても、唯一光学ドライブが内蔵できるオールインワンモデルです。
展示機はDVDスーパーマルチドライブでしたが、
ソニーストアでは+8,000円でブルーレイディスクドライブを選択することができる。
使用用途に合わせてお選びいただければなと思います。

あと右側面はUSB3.0が2ポート用意されている。


image

フルHD(1920×1080)液晶は新規に高視野角液晶を採用しています。
前モデルのフルHD液晶と比較すると、圧倒的に視野角が広がりました。

新モデル:左右45度、上20度下45度(S15)
前モデル:左右85度、上下85度(Fit15mk2)

本当にIPS液晶並みの高視野角になって、角度を意識する必要もなくなりました。
気になる方は店頭で実機をご確認ください


image

SSDモデルを選択すれば、
必然と本体ブラックカラー+15.5型ワイド フルHD(1920×1080)になってしまいます。
タッチパネルだけ+13,000円で有りの選択が可能です。


image

ヒンジ回り液晶をご確認ください。


image

液晶下部中央には「VAIO」ロゴが。


image

液晶上部中央にはWEBカメラが内蔵。


image

それではキーボード周りを見ていきましょう!


image

ヒンジ部からキーボードまで、良い感じの曲線でデザインされています。


image

電源ボタンは右上です。
右端にはテンキーが付いているのも大画面モデルの特権ですね。
これがあるのとないのとでは事務の方は変わってくるでしょうね。


image

キーボードが筐体から浮いて見える「アイソレーションキーボード」を採用しています。
最低89,800円で買える格安VAIOとは思えない造りの良さですね。


image

キータイプもこだわりのカチャカチャ言わないキーではありませんが、別に悪くもないです。


image

大型のタッチパッドです。
パームレストからヒンジ部まで一体成型の筐体がいい感じですね。
VAIOは低価格モデルでも作り込みは手を抜いていませんね。


image

タッチパッドの感触は「VAIO S15」ではどうかなって思ったけど、
特にハードウェア的には変更はないもののソフトウェアの調整で凄く使いやすくなっていて
誤操作も起こりにくくなっていました。これはぜひ不満に思ってた方は試していただきたいですね!


image

パームレスト左側には「VAIO」ロゴマークが刻印されています。


image

天板にも「VAIO」ロゴプレートがはめ込まれています。


image

鏡面仕上げのロゴプレートなので、映り込みによって見え方が変化。
これが昔からかっこいいんですよねぇ~。


image

天板は少し丸みを帯びたデザインになっています。


image

天板ヒンジ回りです。


image

左側面の端子類です。

・VGA出力
・HDMI出力
・LAN端子(ギガビット対応)
・USB3.0×1
・マイク入力
・ヘッドホン出力


image

VGAとHDMI出力があるのでトリプルディスプレイも可能。



このときはVGAケーブルに少し加工が必要となりますが、
前モデル「VAIO Fit15E mk2」でレビューをかいてるのでご参考までに。
「VAIO Fit 15E mk2」でトリプルディスプレイ出力が可能かテストしてみた。

image

・電源「DC IN」
・排気口


image

ACアダプターはこのように接続して、後ろにケーブルが行くようになっている。

image

SDカードスロットは前面の下部中央付近にあります。
スピーカーも全面の左右に分かれています。
インジケーターランプはSDカードスロット左横に集約。


image

SSDモデルを選択すれば、
必然的に「CPU:Intel Core i7-6700HQ(2.60GHz)となります。


image

第6世代インテルのHQプロセッサー「Skylake」を採用したクアッドコアCPUで、
「TDP45W」とかなりハイパフォーマンスモデルとなっている。
発熱はするが、モビリティを重視するモデルではないだけに余裕の設計で
「VAIO Z Canvas」並みの性能を低価格で実現するのが、
今回この「VAIO S15」の魅力と言える。


image
だってこれですよ!
「VAIO Z Canvas」は高くて買えないけど、これならいけそうという方は
思い切ってCore i7を選んでいただきたい。
あと4Kビデオ編集ユーザーには超おすすめの機種ですね!
デカいけど考え方を変えれば持ち運べるデスクトップと言っても良いかもしれないですね!


image

「WIN SCORE SHARE」で
Windowsエクスペリエンスインデックスのような評価をだしてみるとこのような結果に。

グラフィックは共通で「インテルHDグラフィックス 530」となります。
なかなか高評価ですね。


image

お次はグラフィックのベンチマークテスト。
ベンチマークアプリは「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」です。

image

▼VAIO S15(1920×1080ディスプレイ)
・1920×1080(フルスクリーン):SCORE:2185(評価:普通)
・1280×720(フルスクリーン):SCORE:3953(評価:快適)

出ました!かなりの高スコアですね!ついにフルHDでも「普通」という評価が出ましたよ!
20万以下のパソコンでこれだけの性能が出ればいいですよ。

※参考までに
▼VAIO S11(1920×1080ディスプレイ)
・1920×1080(フルスクリーン):SCORE:1985(評価:設定変更が必要)
・1280×720(フルスクリーン):SCORE:3624(評価:快適)

▼VAIO Z (2015年モデル)(2550×1440ディスプレイ)
・1920×1080(フルスクリーン):SCORE:1415(評価:設定変更が必要)
・1280×720(フルスクリーン):SCORE:2737(評価:やや快適)


image

いかがでしたか?
とにかくハイパフォーマンスでコストを抑えた妥協なきスペックで購入できる
「VAIO S15」は、モバイルユーザーのデスクトップ替わりや、
ゲームユーザー、4Kビデオ編集ユーザーに受け入れてもらえそうな
こだわりモデルとして人気が出そうな予感がしました。

次回は分解して、内部構造をみてみたり、
SSDやハイブリッドHDDのパフォーマンスなどのベンチマークテストも行ってみたいと思います。
お楽しみに!




imageimage(2/5発売)
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!

imageimage(2/5発売)
▼VAIO S13(Pro13mk2の後継機種)
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Pro13mk2の後継で「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!


imageimage(2/26発売)
2月16日 9:00より先行予約販売開始予定
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13A:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが羨ましい!
VAIO Z 初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!


imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!(開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど)
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!申込・開通・設定レビューだ!

「VAIO S11」などにおすすめな500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジモノステーション2月号でゲット!
デジモノステーション2016年2月号付録の神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

あき坊

おはようございます。
HQ、ハイパワーなんですね~。
私は今のところ4K編集とかしないので
まだいいかなぁ~。

by あき坊 (2016-02-08 07:15) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
凄いですよね!
手頃なモバイルデスクトップな感覚で買えてしまうS15に魅力を感じちゃいました。
by taku (2016-02-08 08:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。