So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱいい感じ!h.ear in Wireless「MDR-EX750BT」 開梱・外観フォトレビュー! [ヘッドホン]


image

納期前倒しで早めにやってきた!
h.ear in Wireless 「MDR-EX750BT」 の開梱・外観フォトレビューをしたいと思います。
年始の4,000円お買い物クーポンが当たったので個人的に買っちゃいました!
たしかクーポンの期限が3/31だったので...
BluetoothでもLDACでハイレゾ相当で楽しめ、有線ならハイレゾ音質で楽しめます。
有線ってどういう風に接続するのか、その謎が解けました。


imageimage(3/12発売)image
▼h.ear in Wireless
MDR-EX750BT:20,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
ハイレゾ対応のBluetoothヘッドホン発表!「MDR-100ABN」「MDR-EX750BT」


それでは開梱・外観フォトレビュー!行ってみよう!


image

箱のオープンはお尻からでした。


image

中から同色のしっかりした箱が出てきました。
ちなみに色はシナバーレッドにしました。


image

フタは特に固定するような造りでもなくパカパカでした。


image

専用に作られ綺麗に収納されていました。


image

箱から出してみました。


image

よくわからないがタグのようなものが付いてたが速攻で取り外し。
一応保管しておくか。その他


image

やっぱ良いですよねぇ~シナバーレッド!
皆さん好みはあると思いますが、赤い彗☆のようなこのカラーリングはやっぱ良いっすね!


image

ヘッドホン部の性能はWALKMANとセットで買える「MDR-EX750」と同等性能。

・型式:密閉、ダイナミック
・9mmドーム型ドライバーユニット(CCAWボイスコイル)
・感度:105dB/mW(有線接続時)
・周波数特性:5Hz~40,000Hz
・対応インピーダンス:16Ω

ノイズキャンセリングは搭載していないが、
ワイヤレス接続のBluetoothを武器にしたのが、
h.ear in Wireless 「MDR-EX750BT」の特徴です。

image

しかも首かけスタイルで、バッテリー内蔵のユニット部は首かけにより
重さを感じさせない見事な発想のBluetoothヘッドホンです。


image

その他の付属品を先に紹介しますね。


image

これが付属品一覧です。

・専用ヘッドホンケーブル(約1m)
・ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)
・マイクロUSBケーブル(0.5m)
・キャリングポーチ
・クリップ
・書類関連(取扱説明書、使用上のご注意/主な仕様、製品登録のおすすめ)


image

イヤーピースは4種類ものサイズが用意されていて、
サイズは(L、M、S、SS)となる。
お買い上げ時はMサイズのイヤーピースが装着されていました。

指でつまんで引っ張るだけで簡単に交換できるので、
耳のサイズに合ったイヤーピースでフィット感を高めることができる。


image

充電用の「マイクロUSBケーブル(0.5m)」です。
すでに持ってるマイクロUSBケーブルでも代用が可能です。


image

そして、謎だったのがこれ! 「専用ヘッドホンケーブル(約1m)」


image

なんと!microUSB端子からヘッドホン端子に変換する専用のケーブルでした。
それにしてもムリヤリ感は否めないが、やればできるもんですね!(笑)


image

ちなみにヘッドホンのここにmicroUSB端子があります。
もちろん充電もここから行います。


image

ここに専用のヘッドホンケーブルを挿します。


image

うん、ごちゃごちゃ感が増しました(笑)
でも首かけなのでワイヤードでも安心して楽しめるのがいいかな。
この辺は割り切る必要があります。
実際に聞いてみたけど、やっぱワイヤードはハイレゾ音質で本当にいいですね!
しっかりハイレゾを楽しむなら最悪ワイヤードで楽しむのもありです。
あと、Bluetoothで楽しんでて、バッテリーが切れた時でもワイヤードで楽しめるのが良いですね!

ちなみにワイヤード時は電源をOFFにするってなってたけど、
microUSB端子に挿し込んだ瞬間に電源がOFFになるのもグッドでした。


image

さて、でも本来楽しみたいスタイルはBluetooth接続のワイヤレススタイル。
うん、これならすっきり!

試聴する前に外観レビューです。


image

電源ボタンと曲送り・曲戻しなどの操作が可能です。
ちなみに電源ボタンを手動で行うときは
電源ボタンを2秒押し続けて、青いランプが点滅すればOK。

スマホとBluetooth接続時に電話がかかってきたら電源ボタンが受話ボタンになります。
電源ボタン横の小さな穴がマイクになっているので会話を楽しむことができる。
操作ボタンがあるほうが左耳側になります。


image

右耳側はシンプルに「Bluetooth」のロゴが刻印されています。


image

ヘッドホンケーブルの付け根です。


image

ヘッドホンケーブルはスジ入りで絡みにくいケーブルを採用しています。


image

操作ボタンがあるところと首に掛けるところでは素材が違ってきます。
操作ボタンがあるところは金属質で、
首に掛けるところはシリコンのような樹脂素材で柔らかすぎず硬すぎずな質感でした。
それでは外観レビューはこれくらいにして、Bluetoothで楽しんでみたいと思います。


image

NFC搭載端末なら、「N」マークをかざして簡単にBluetooth接続ができます。
NFCは右耳側にあります。


image

それではかざしてみます。ぴこり~ん。
NFCで接続すると、ヘッドホンの電源が自動で入りBluetooth接続してくれます。


image

初めてかざせば最初だけ機器登録でペアリングを聞いてきます。
もちろん「はい」で登録します。

※もちろん「NFC」が無くってもBluetooth接続できる機器なら何でも接続できます。
iPhoneやiPadでもBluetooth接続できる端末ならなんだってOK!
ペアリングモードはヘッドホンの電源ボタンを約7秒間押し続けます。
するとインジケーターランプが青・赤に交互に点滅するのでBluetooth検索して接続すればOK。
パスコードを要求されたら「0000」を入力します。


image

ペアリングが完了しました。
接続できたけど、WALKMAN側がLDAC(標準)※660kbpsになっていました。
この状態ならLDACの高音質の恩恵が受けられないので、設定を変えます。

WALKMAN A20なら「音質優先」に切り替える。
各種設定 > Bluetooth設定 > ワイヤレス再生品質 > 音質優先

これでビットレートが990kbpsでハイレゾ相当の音質に変わります。
ちなみにBluetoothコーデックは、SBC、AAC、apt-x、LDACに対応。


image

うん、良いですねぇ~、やっぱBluetoothコーデックは「LDAC」に限ります。
ハイレゾ相当って言うだけのことはありますよぉ~。


image

Bluetooth接続すれば、インジケーターランプが青色にゆっくり点滅します。
お次は充電について。


image

付属のmicroUSBケーブルに接続して、USB充電します。
充電中はインジケーターランプが赤く点灯します。

ちなみに購入後ほぼ満充電状態で送られてきてそうなので、
充電せずにいきなりじっくり楽しむことができます。

充電時間は約2.5時間で満充電。
連続音楽再生時間は最大7.5時間となります。


image

ちなみに、iPhoneやiPadで接続した場合は、
Bletoothマークの横にヘッドセットの電池残量が表示されます。
これって凄く便利なのにiPhoneやiPadだけなのはもったいない!
ぜひWALKMANでもこの表示は考えてほしいですね!


image

今日からなのか
”h.ear in Wireless & h.ear on Wireless NC”×flumpool
のスペシャルインタビューが公開されました!


image

ボーカルの「山村隆太」はシナバーレッドでした。やはり一番人気のカラーか?(笑)
他のメンバー全員の感想も聞けるので必見ですよ!

ちなみに、flumpoolは僕も大好きで、君たちはいつハイレゾを出すんだい?
っていうか君たちがこんなところに登場するってことはって「mora」で検索かけたら、
2016.03.01に「mora」で音楽配信が開始した模様。


image
mora / flumpool作品はこちら


2作品がハイレゾで登場しています。早速買って楽しんでみたいと思います。
flumpoolはメロディもボーカルも超好みなので
過去の作品も早くハイレゾに対応してほしいですね。
まずは「Fantasia of Life Stripe」のハイレゾ化をお願いします(笑)
じっくり聴くときは有線接続でハイレゾを堪能したいと思います。


image

いかがでしたか?
ほんと首かけで全く重さを感じないし、ヘッドホンが落ちる不安もないので超便利!
有線接続でハイレゾ音質、Bluetooth「LDAC」でもハイレゾ相当で楽しめるので
一押しのワイヤレスインナーイヤーヘッドホンです。

現在「LDAC」に対応したWALKMANがこの3機種「ZX2」「ZX100」「A20」、
アップデート対応も含めればA10シリーズも対応しているので計4機種となります。

ちなみに、僕のWALKMAN「ZX1」はLDACに対応していません。←はぁ?
えっ?
僕は音質よりも首かけで便利ってことで買っているので問題なし(泣笑)←強がり?
でもLDACに対応したWALKMANもしくはXperiaが欲しくなりました。
「Xperia X Performance」早く出ないかなぁ~。 ←それかぁ~


imageimage(3/12発売)image
▼h.ear in Wireless
MDR-EX750BT:20,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
ハイレゾ対応のBluetoothヘッドホン発表!「MDR-100ABN」「MDR-EX750BT」



imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
※Z ENGINE 基板アクセサリーは限定数量に達したため、プレゼントを終了しました。
image image image
▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが羨ましい!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!



imageimage
▼VAIO S13(Pro13mk2の後継機種)
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Pro13mk2の後継で「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!


imageimage
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!


imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!(開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど)
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!申込・開通・設定レビューだ!

「VAIO S11」などにおすすめな500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジモノステーション2月号でゲット!
デジモノステーション2016年2月号付録の神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

あき坊

おはようございます。
なるほど、赤い彗☆^^
よかったですね!
お約束のイエローとブラックは?

by あき坊 (2016-03-10 08:08) 

taku

あき坊さん、こんにちは。
はっ!!
イエローとブラックはあき坊さんにお願いしようかな(笑)
by taku (2016-03-10 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。