So-net無料ブログ作成
検索選択

マジ凄いわ!世界最小のポータブルハイレゾスピーカー「SRS-HG1」開梱レビュー!! [SRS-HG1]


image

マジ凄いわ!
世界最小のワイヤレスポータブルハイレゾスピーカー「SRS-HG1」の開梱レビューです!!
ついにやってきました!
僕も商品が届くまでどんな音質か楽しみにしてたんですが、凄いです!
もうこれで良いんじゃないかなって思います。←そんなに?
バッテリーで動くハイレゾスピーカーですよ!
もういつでも楽しめるようにずっと携帯しておきたいって思ってしまいます。


imageimage image
▼ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go」
SRS-HG1:27,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
世界最小ハイレゾワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-HG1」スペックレビュー!
h.ear go 「SRS-HG1」用 吉田カバン製オリジナルスピーカーケースを限定発売

それでは開梱レビュー行ってみましょう!


image

これがパッケージ。


image

同梱物です。
・スピーカー本体
・USB ACアダプター
・microUSBケーブル
・その他紙面関連


image

付属の「USB ACアダプター」と「microUSBケーブル」です。


image

USB ACアダプターは 5V、1.5Aで、よくソニー製品に付属されるものです。


image

それでは外観を見て行きましょう!


image

真正面です。


image

スピーカーグリルの真ん中底面に「SONY」ロゴがついています。


image

スピーカーネットは取り外しができるようになっているんですが、
これを見る限りでは取り外せるの?って感じですよね。
スピーカーネット外しは後で紹介しますね。


image

真横です。
使ってる素材が今までと違ってしっかりとした感じでラバーではない。
今回はここにシールとか気軽に貼れそうですね。


image

う~ん、なんかいい感じなのでは...
ネオジオン派ではないけどやっぱこの色にはこのロゴですかね(笑)
ライムイエローならあのマークか?(謎)


image

上部右側にボタン類が配置されています。
左から
・電源ボタン(長押しペアリング)
・ボリューム(+、-)
・EXTRA BASSボタン
・受話ボタン


image

あと上面左手前に「Hi-Res AUDIO」のロゴシールが貼ってあります。
そうなんですよねぇ~本当にハイレゾ対応スピーカーなんです!


image

背面です。
背面にもいろいろとボタン類と、接続端子が備わっています。


image

背面のボタン類を見てみましょう!
「FUNCTION」ボタンを押せば、
NETWORK、BLUETOOTH、USB、AUDIO INに切り替えれます。
右下から、「UPDATE/WPS」「SET UP」「STEREO PAIR」ボタンがあります。

Wi-Fiを内蔵しているので、家の無線ルーターと接続するときに
簡単接続できる「WPS」ボタンを装備。

ステレオペアリングボタンがあるので2台の
「SRS-HG1」をそれぞれ左右のスピーカーにすることが可能です。
出力が2倍になるのと左右のセパレーションを感じることができるようになるので良いですよ!


image

端子類です。
充電用の「DC IN 5V」のmicroUSB端子は左側です。
充電端子が確認できたらこのシールは剥がしておけばOK!
右側のmicroUSB端子はデジタル入力用のUSB端子。
その横はAUDIO IN端子がついているので、アナログ入力すればどんな音でも鳴らすことができます。


image

やっぱシールは剥がさないとね!


image

底面部です。
4隅にゴム足のインシュレーターがついています。


image

スピーカーグリルはこのスライドレバーを使えば、押し出しで外すことができる。


image

グリルはマグネットで止まっているだけなので簡単・綺麗に取り外すことができる。
あと、底面部にクリップで付くくらいの「RESET」ボタンがあるので一応覚えておいてください。


image

スピーカーグリスを外した状態です。
金属のナットが8つ付いているのがお判りでしょうか?


image

スピーカーグリルの裏側にも同じように8つ、軽い磁力のマグネットが埋まっています。


image

ちなみに直接マグネットかと言うと、そうではなく、薄いフェルトが貼ってあって
スピーカー側のナットがキズ付かないようになっているようですね。


image

スピーカーグリルも結構しっかりしてて、簡単に曲がってしまうことはなさそうです。
ちょっとスピーカーグリルで遊んでみました。


image

ステレオペアリングすることができるので、
左右のスピーカーとして使う場合に、トールボーイ風に立てたときに、
底面部にスピーカーグリルをくっつけるといい感じでした(笑)
っていうか、マグネットで若干ですが、くっつくもんですね!
※立てることを推奨してるわけではないので、自己責任で!
 床と触れる部分が傷つかないようにご配慮ください。



image

もしスピーカーグリルを外して使う場合の、グリルの置き場所ですが、
背面にくっつけるのがおすすめ。 このまま背面にくっつけると...


image

このようにマグネットでしっかりとくっつくので、置き場所に困ったときにはお勧めです。


image

スピーカーグリルは見た目では付けていたいけど、
基本的にはスピーカーの保護のために用意されたものです。
出来れば無いにこしたことがありません。
ただし、小さなお子様がいるところではグリルを付けておくほうがいいかと思います。
以前へこまされた時の修復方法を掲載した時がありますが、気を付けるに越したことはない。


image 

展示機「CAS-1」のスピーカー(センターキャップ)のへこみを修復してみました!


image

CAS-1」はうまく修復できたけど、これがうまくいくかは別の話なので
またへこんだ時は試してみたいと思います。


image

なので、持ち運ぶ時はもちろんグリルを付けてくださいね。
ほんと取り外せるのにうまくデザインされていますね!


image

あと、スピーカースタンドなんですが、
僕はSRS-X3を持ってるので、その時に買ってたオーディオボードなんですが、
なんとかギリギリ乗ります。


image

ある意味専用設計じゃないの?って思えてしまうくらいにジャストフィット(笑)


image

奥行きはかなり余裕があります。

image

ただ、スピーカー購入時に同時購入できる
SRS-HG1」専用のオーディオボードも気になる。
僕は予算的に購入しなかったんですが、これに乗せたときの音質も聴いてみたいなぁ~。


image

インシュレーターというよりはスパイクを履かせた今までと違うタイプのオーディオボード。
今までよりさらにしっかり振動を抑えそうな感じで良さげですね。

imageimage
▼オーディオボード(オオアサ電子製)「RS-HG1」用
HWB-XH:9,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
↑ここは単品購入ページだけど、
 「SRS-HG1」の購入ページで同時購入することができて、
 同時購入だと通常より1,000円お得な8,000円+税で購入が可能です。


image

それでは音を聴いてみましょう。
まずはNFCでかざして簡単接続できるBluetooth接続から。
通常BluetoothはSBCなど、330kbpsのデーター転送で大したことがないんですが、
SONYのBluetoothスピーカーなら独自コーデックの「LDAC」により
「SBC」の3倍のデータ転送量990kbpsによりハイレゾ相当で聴くことができる。


image

うん、やっぱ「LDAC」はBluetooth接続でもハイレゾに近いいい音ですね!
っていうかのスピーカー、今までもコンパクトスピーカーで驚かされてきたけど、
もう次元が違うこのサイズ感から考えられない驚きの音が出ますね!


image

Bluetooth接続ついでに「SongPal」アプリを使って「設定」を見てみよう!


image

「サウンド」からイコライザーなどの設定が可能です。


image

「イコライザー」を選択。


image

「Preset EQ」を見てみよう。


image

▼Preset EQが以下から選べます。
・FLAT
・EXTRA BASS
・OUTDOOR
・BGM
・CUSTOM


image

「EXTRA BASS」は本体に一発で切り替えができるボタンが用意されています。
好みのイコライザーを設定して楽しんでください。


image

いかがでしたか?
まずはBluetoothの「LDAC」でハイレゾ相当の音質をワイヤレスで楽しみました。
次回はUSB接続でハイレゾ音質を体験するのと
ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しむことができるWi-Fi接続で
さらなる高音質で楽しんでみたいと思います!


imageimage image
▼ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go」
SRS-HG1:27,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
世界最小ハイレゾワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-HG1」スペックレビュー!
h.ear go 「SRS-HG1」用 吉田カバン製オリジナルスピーカーケースを限定発売


imageimageimage
▼「SRS-HG1」専用オリジナルケース(吉田カバン POTER)
CC-PORTER-HG1:9,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
→ h.ear goと同時購入で1,000円引き(8,000円+税)
image image


imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
→ 「1万円のキャッシュバックキャンペーン

▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが凄い!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!
VAIO Z × BEAMS コラボ第二弾 特別仕様モデルが登場!


image


imageimageプライスダウン!
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
「”1万円キャッシュバック”新生活応援キャンペーン

▼関連ブログ
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!
500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジステ2月号でゲット!
デジモノステーション神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。
VAIO S15/S11に「Disneyキャラクターデザインモデル」が登場!
VAIO 「S11」「S13」に【10,000円】のキャッシュバックキャンペーン!


imageimageimage
▼VAIO S11 「Disneyキャラクターデザインモデル」
VJS1111:128,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
デザイン刻印 「ミッキー&ミニー」 ホワイト、シルバー、ブラック
LTE搭載モデル、Core i7モデル、Core i5モデル、Core i3モデル
「”1万円キャッシュバック”新生活応援キャンペーン」


imageimage
▼VAIO S13(Pro13mk2の後継機種)
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Pro13mk2の後継で「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!
ビジネスストレスフリー「VAIO S13」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテストなど)

imageimage
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

あき坊

こんにちは。
お、ロゴマークいいですね!←ソコ?
ライムイエローならもちろんあのマークですね!
  ↑
 どうしてもソコ?

by あき坊 (2016-04-17 17:35) 

taku

あき坊さん、こんばんは。
もちろん、あれですよね!
ぜひ優勝してコラボモデルを!(笑)
by taku (2016-04-17 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。