So-net無料ブログ作成

ストア大阪で「SEL2470GM」を見てきました!作例ありのストアレビュー! [SEL2470GM]


image
(写真) SEL2470GM + α7RII

先日ソニーストア大阪で4/28発売のGマスターレンズを見てきました!
まずは「SEL2470GM」を紹介したいと思います。
実際に撮ってみた作例も用意しているので要チェックですよ!

それで行ってみましょう!



image

これが「SEL2470GM」です。
そういえばレンズフードが付いた状態で撮影するのはこれが初めてでした。


image

レンズフードは左端にボタンのようなものがついています。


image

このボタンです。これはレンズフードを外すときのロック解除ボタン。


image

外すときは忘れずにロックボタンを押しながら回して取り外してくださいね。


image

こんな構造で、バネが入っていてロックされるようですね。
なので、取り外すときは必ずボタンを押しながら回して外してくださいね。


image

真横です。今からズームした時の出っ張り具合を確認します。
これが広角端24mmの状態です。


image

そしてこれが望遠端70mmのレンズの出っ張り具合です。
ま、予想してたくらいの出っ張り具合ですね。


image

続いてレンズフードを付けたときをご紹介。
これが広角端24mmの状態です。


image

そしてこれが望遠端70mmのレンズの出っ張り具合です。
レンズフードを付けるとさらに威圧感は増しますが、
見た目のカッコよさもそうですが、余計な光を防ぐことができるのでおすすめです。
とくにこの高級レンズからレンズフードがうっかり外れない機構になっているので
安心して使えますよ。


image

それにしても良いですよねぇ~。大口径F2.8の明るい標準レンズ。
僕は「SEL2470Z」のツァイスレンズを持ってますが、
このレンズもお気に入りで普段着で便利です。
なんといってもコンパクトなのでミラーレスフルサイズでコンパクトさが魅力的です。

image

同種レンズといろいろ比較!Gマスターレンズ「SEL2470GM」徹底スペックレビュー!

以前ブログで同種レンズと比較しましたよねぇ~。


image


カバンに入れたりと携帯性は抜群なので、
SEL2470Z」は、これはこれで置いておきたいかな。
でも実際「SEL2470GM」買っちゃうと使わなくなるかもね。
そんな場合はうまく下取りか、欲しい方に手ごろな値段で譲って買い替えを考えてもいいかな。


image

実際持ってみるとこんな感じです。


image

真横から。レンズは適度に大きいけど、ボディが小さいからトータル的に大きすぎる感はないです。
フォーカスホールドボタンはAFでピントを合わせた後にボタンを押すと
ピントがホールドされるのですごく便利なボタンです。
レンズにAF/MF切り替えボタンがついているのも便利ですよね!


image

うちのスタッフもかなりお気に入りのレンズ。
ただ、「買えんわ!」ってボヤいてたけど(笑)

それでは「α7RII」+「SEL2470GM」で撮影させていただいたので
作例をご紹介したいと思います。


DSC06379
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:70mm、ISO200、F2.8、1/80、0EV

レンズには手ブレ補正はありませんが、手ブレは気になることはありませんでした。
まずはF2.8の解放値のボケ味を見ていただけたらなと思います。


DSC06382
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:70mm、ISO200、F2.8、1/80、0EV

最高のボケ味が出てますね!超いい感じです!
でもね、ソニーストア大阪様には失礼かもしれないですが、
撮影できるのがこの造花のチューリップだけなんですよねぇ~(泣)


DSC06385
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:70mm、ISO200、F2.8、1/160、0EV

続いて被写体はミッキーに移して、今度は光の玉ボケをF値を変えて見ていただきます。
これも最大望遠の70mmで、まずはF2.8をご覧ください。
綺麗な玉ボケができましたね。丸ボケの中に


DSC06388
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:70mm、ISO200、F4.0、1/80、0EV

続いて、F4.0に絞りました。


DSC06392-1
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:24mm、ISO200、F2.8、1/60、0EV

続いて広角端24mmのテスト。
広角なので手ブレしにくいと思うので、シャッター速度にも注目していただけたらなと思います。
まずはF2.8です。写真を大きく見て周辺の解像感も見ていただけたらなと思います。


DSC06393-1
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:24mm、ISO200、F4.0、1/30、0EV

続いてF4.0に絞りました。
単純に絞っただけなのでシャッター速度が1/30秒になりましたが、
これくらいでは手ブレしませんでした。
ほんと隅の解像感は凄いですね!


DSC06394-1
手持ち撮影(本体手ブレ補正)↑オリジナルサイズで見る(7952×5304)
α7RIISEL2470GM:24mm、ISO200、F8.0、1/6、0EV

最後にF8.0まで絞ってシャッター速度1/6で撮ってみたけど、ブレずに撮れてると思います。
っていうか広角時のF2.8~F4.0が優秀すぎて、あえてF8.0に絞る必要もなかったかなって結果でした。
ブレるリスクがありそうなら広角時は絞らなくっても大丈夫そうですね。


image
α7RIISEL2470GM:70mm、ISO800、F4.0、1/160、-2.0EV

ほんとお見せできないのが残念ですが、F2.8の解放値もいいかもしれないが、
僕はこのレンズでF4に絞った時が凄く気に入りました!

ん?!
F4に絞るならこのレンズじゃなくってもって思われるかもしれませんが、
そうではないです!このレンズだからこそF4のボケ味と言い、
ピントが合った時のカリカリ感が最高の画質に感じましたね。
そう!撮れた感が「SEL85F14GM」の最高な気分になれました。
もしソニーストアで触る機会があればF4で一度ポートレート写真をお試しあれ!

それにしてもCP+2016で注目されたのが「SEL85F14GM」で
SEL2470GM」が今一つ人気が出なかったのかと思いきや、
凄い売れ行きで供給不足に。でもCP+2016ではポートレート撮影できなかったけど、
実際にいろいろ撮ってみたらやっぱり良いレンズでした!
ブログでは全てご紹介できませんが、
撮った写真を当店で見てみたい方はいつでもご来店くださいね!
お値段はちょっぴりお高いかもしれませんが、
良いレンズは一生ものって考えると、たくさん良い写真を撮って残せれば
そんなに高くはないのかもしれません。
みなさんが待ちに待ってた高級標準ズームレンズ!
ただいま人気で納期を待っていただく形となりますが、
これ以上に待たされないよう早めにご注文いただけたらなと思います。


imageimage(4/28発売)image image
▼ズームレンズ(F2.8通し) FE 24-70mm F2.8 GM
SEL2470GM:252,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
大口径GマスターFEレンズ「SEL2470GM」徹底スペックレビュー!
遅くなりましたがCP+2016ソニーブースレポート!


imageimage(4/28発売)image image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
開放F1.4単焦点Gマスターレンズ「SEL85F14GM」徹底スペックレビュー!
過去最高の大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!【CP+2016】



imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
→ 「1万円のキャッシュバックキャンペーン

▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが凄い!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!
VAIO Z × BEAMS コラボ第二弾 特別仕様モデルが登場!


image


imageimageプライスダウン!
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
「”1万円キャッシュバック”新生活応援キャンペーン

▼関連ブログ
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!
500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジステ2月号でゲット!
デジモノステーション神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。
VAIO S15/S11に「Disneyキャラクターデザインモデル」が登場!
VAIO 「S11」「S13」に【10,000円】のキャッシュバックキャンペーン!


imageimageimage
▼VAIO S11 「Disneyキャラクターデザインモデル」
VJS1111:128,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
デザイン刻印 「ミッキー&ミニー」 ホワイト、シルバー、ブラック
LTE搭載モデル、Core i7モデル、Core i5モデル、Core i3モデル
「”1万円キャッシュバック”新生活応援キャンペーン」


imageimage
▼VAIO S13(Pro13mk2の後継機種)
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Pro13mk2の後継で「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!
ビジネスストレスフリー「VAIO S13」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテストなど)

imageimage
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]


ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0