So-net無料ブログ作成

蛍が出てきたので新レンズ「SEL85F14GM」で少しだけ撮影してみました。(1日目) [SEL85F14GM]


DSC03570-1
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、32秒、ISO100 ↑画像クリックで拡大

昨日蛍が出てきたので撮影してみました。
去年は「SAL50F14Z」+「α7S」で撮影しました。
ソニーα<アルファ>&コンデジで撮る!蛍撮影テクニックをご紹介。


image

今年は新型レンズ85mmF1.4「SEL85F14GM」+「α7S」で挑戦です!

no titleimage
▼デジタル一眼カメラ α7S ボディ
ILCE-7S:230,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
デジタル一眼カメラの常識が変わる!「α7S」開梱・外観レビュー!
「α7S」で撮る!イタリアレストラン&子供 作例フォトレビュー!
「α7・α7S」+「SAL70300G」を使って皆既月食を撮ってみました!
α7(2400万画素)、α7S(1200万画素)でスーパームーンを撮影。画質勝負の勝者は!?
「α7S」+「SEL70200G」の最強コンビで地元の獅子舞を撮影しました!
紅葉ライトアップ撮影 「α7S」「SEL1635Z」「SEL70200G」作例レビュー!
ソニーα<アルファ>&コンデジで撮る!蛍撮影テクニックをご紹介。
「α7S」はやっぱ凄かった!東光寺伝統行事「田遊び」「鬼会」を撮影してきました!


imageimage image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
αフォトライフサポート加入で5%OFFのページから購入いただけます。
image image image
同種レンズと比較!Gマスターレンズ「SEL85F14GM」徹底スペックレビュー!
過去最高のレンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!実写作例多数【CP+2016】
大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」プチレビュー!【ストア大阪レポート】
ついに来た!Gマスターレンズ85mmF1.4 「SEL85F14GM」開梱レビューだ!
【GW】 今日は強風の中、地元の大運動会に参加してきました。
α<アルファ>Eマウント 85mmF1.4単焦点レンズ 『SEL85F14GM』 作例集(1)
朝光寺「鬼まつり」を「α7RII+SEL85F14GM」で撮影してきました!作例集(2)
GWに「熱気球」を撮影してきました! 「SEL85F14GM」作例集(3)
闘龍灘で行われた一足早い花火大会を撮影。SEL85F14GM作例集(4)
ソニーストア福岡・天神に写真遠足(取材)に行ってきました!

それで行ってみましょう!

image

まず蛍を撮影するための準備として、
・一眼カメラ(α7Sなど、好感度に強いカメラがおすすめ)
・比較的明るいレンズ
・三脚(しっかりした三脚にこしたことはありません)
・リモコン(レリーズ、バルブ撮影に対応したもの)

まず、長時間露光なので一眼カメラなら基本的に何でもいいんですが、
僕が「α7S」をチョイスした理由としては、
撮影前にライブビュー液晶で画角を確認して撮影ができるところが便利。


DSC03616
>α7S+SEL85F14GM:F2.0、ISO3200、11秒 ↑画像クリックで拡大

普通のカメラなら暗闇でフォーカスを合わそうとしても
液晶が真っ暗で蛍の光が映るだけで画角が決められないのと
ピント拡大でシビアにフォーカスを合わせるってことができないんですよね。
ただし!「α7S」なら撮影前にISO409800まで上げて、ノイジーでちらつきますが、
なんとなくマニュアルフォーカスでピントを合わせることができます。
撮ってから画角を何回も修正するより手っ取り早いので、ついこのカメラに頼っちゃいます。
あと、少しISOを上げてもノイズ感が少ないのもこのカメラの魅力ですね。

カメラの設定として、
・長秒時NR (ノイズリダクション):「入」
・AF補助光:「切」
・カメラモード:「Mモード」
・シャッター速度:「BULB」

image image
(左)RX10の熱ノイズ、(右)α7の熱ノイズ

去年のおさらいですが、長秒時ノイズリダクションが「切」になってると、
長時間露光した時に熱ノイズなるものが出てしまって写真が台無しに。
ただし、長秒時ノイズリダクションを「入」にすると、30秒間撮影するとその後に
30秒かけてノイズリダクション処理をするため、次の撮影ができなくなるところ。
1分も開いてしまうとノイズリダクション処理に1分かかるのでこの間がつらい。
今いい感じなのに!って思って撮影できません(泣)
でも後でパソコンで熱ノイズをスタンプツールを使って消すことを思うと我慢ができる。
ちなみに上の写真(左)は「RX10」の例で、
写真(右)の一眼カメラではここまで熱ノイズが出ることがありません。
一度テストして試してください。


image

バルブ(BULB)設定は、Mモードにして、
シャッター速度をダイヤルを回して遅くしていき、30秒を超えた次がバルブになります。
あとは、蛍が飛んでる間リモコンもボタンを押し続ければ、撮り続けることができます。
リモコンにロック機能がある場合は押し続けなくても撮り続けられるので便利ですよ。

それでは実際に撮ってみた蛍の写真をご覧ください。


DSC03579-1
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO200、30秒 ↑画像クリックで拡大

これは30秒かけて撮影した写真。
蛍の軌跡が30秒間飛んでる分が撮っています。
背景が暗いなって思えば、もっと長時間かけて撮影してもいいですが、
例えば1分かけて撮影すると蛍の軌跡がもっとごちゃごちゃで絵にならないこともあるかもしれません。
そんな時は手っ取り早く、ISO感度を上げて短い時間で背景を露出すればOK。
短い時間だと、長秒時ノイズリダクションも短く済むのでおすすめです。
でも極力ノイズ感を出したくないって方は
「α7S」のISOを上げても低ノイズなのでお勧めです。
「α7S」をセレクトしたのはこういうことです。仕事が速いんです(笑)


DSC03571-1
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO100、40秒 ↑画像クリックで拡大

この写真で確認していただきたいのは、85mmF1.4の解放値の玉ボケ。


image

トリミングしてみましたが、綺麗な玉ボケですね。
蛍の光がこんなにきれいな丸いボケが出るとは今回初めてですね。
ちなみに白い光の丸は、飛んでる蛍でなく、止まって光ってる蛍の光です。
40秒かけて何度も点滅するので真っ白になるということです。


image

続いて、蛍の光の軌跡ではなく、一匹の蛍の撮影にチャレンジ。
うまく2匹いたんですが奥の蛍にフォーカスを合わせてみました。
ただし、撮れた写真が暗くて???な写真になってしまいました。
ここですこしRAW現像のお話し。


DSC03582-1
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO100、40秒 ↑画像クリックで拡大

この写真は先ほどのデータをRAWデータから明るくして現像しJPEG出力したもの。
僕は普段RAWでは全く撮らない人間。
本当はRAWで撮りたいけど、
容量がデカすぎて管理できないという理由で使わないんです。←たったそれだけ?
でも先日RAW現像されてる方に聞くと、特に暗い写真で明るく補正した時に
効果が絶大ということなので試しにRAW+JPEGで撮ってました。
そして、ここぞとばかりRAWで明るさ補正すると以下の写真比較に。


image

同じくらい明るくしているのにRAW現像ならノイズ感がめちゃめちゃ抑えられていました。
既にRAW現像されてる方には「今頃か?」って反応だと思いますが、
「はい今頃です(笑)」←開き直り

そうだったのかぁ~、
道理で僕の撮った写真で明るさ補正した写真がショボかったのがこういう理由ね!
う~ん、これからRAW撮影を真剣に考えないといけないかぁ~。←まだ悩んでるのか?

ってことで、
蛍は長時間露光であまり数撮れないので、蛍や工場夜景はRAWで決まり(笑)

それにしても蛍に草がかぶってしっかり撮れなかったなぁ。
でもこんな感じでピント拡大してフォーカスがマニュアルで合わせることができるので
ソニーのカメラは凄いなぁ~ってつくづく思い知らされる。


DSC03591
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO800、12秒 ↑画像クリックで拡大

ISOを上げて時間を短くするように撮ってみました。
蛍は光だけで写っていません。蛍ってなかなかじっとしてないんですよね。


DSC03594-1
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO50、28秒 ↑画像クリックで拡大

空が入るように撮ってみました。
RAW現像で明るく補正しています。夜でもいいボケ味がでますね。


DSC03604
>α7S+SEL85F14GM:F1.4、ISO6400、5秒 ↑画像クリックで拡大

一匹の蛍を撮影してみました。
85mmF1.4のレンズではこれが一番近づけた状態ですね。
これ以上近づけばピントが合いません。
F2.8になるけど、90mmマクロ「SEL90M28G」でもっと接写して撮りたいなぁ。
いや、F2.8で撮れるのか?

image

トリミングするとこんな感じ。蛍の鮮明さはありませんでした。
やっぱ1秒くらいの露出時間で撮らないと蛍が動いて厳しいなぁ~。
あとタイミングですが、蛍の光が弱かったのでいい感じに撮れませんでした。


DSC09757-3
>α7S+SAL50F14Z:F1.4、ISO3200、1.3秒 ↑画像クリックで拡大

去年の作品を超えたい!って思ってもなかなか撮れないね。
結局写真のほとんどが偶然やら奇跡ってのが大半を占めるので、
この奇跡を撮るために撮影に足を運ぶって感じですもんね!


DSC03609
>α7S+SAL50F14Z:F1.4、ISO12800、1秒 ↑画像クリックで拡大

これくらいの明るさで1秒で撮影してみたけど、
ISO12800まで上げないといけなかったので流石に低照度なのでノイジーですね。
蛍の光も強くって良い感じの光でした。


DSC03614-1
>α7S+SAL50F14Z:F2.0、ISO3200、3秒 ↑画像クリックで拡大

これはRAW現像で少しだけ明るくしました。
蛍が止まった状態からの飛んでいくのを3秒の露出時間で捉えました。


DSC03624-1
>α7S+SAL50F14Z:F1.4、ISO1600、8秒 ↑画像クリックで拡大

蛍もこれからなので撮影に行けるときは通いたいと思います。
「数撮って当たれ!」で、今年も良い写真が撮れたらなぁ~って思います。
みなさんも蛍の撮影チャレンジしてくださいね!
どっかのタイミングで「α7RII」での撮影にも挑戦したいなぁ~。



no titleimage
▼デジタル一眼カメラ α7S ボディ
ILCE-7S:230,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
デジタル一眼カメラの常識が変わる!「α7S」開梱・外観レビュー!
「α7S」で撮る!イタリアレストラン&子供 作例フォトレビュー!
「α7・α7S」+「SAL70300G」を使って皆既月食を撮ってみました!
α7(2400万画素)、α7S(1200万画素)でスーパームーンを撮影。画質勝負の勝者は!?
「α7S」+「SEL70200G」の最強コンビで地元の獅子舞を撮影しました!
紅葉ライトアップ撮影 「α7S」「SEL1635Z」「SEL70200G」作例レビュー!
ソニーα<アルファ>&コンデジで撮る!蛍撮影テクニックをご紹介。
「α7S」はやっぱ凄かった!東光寺伝統行事「田遊び」「鬼会」を撮影してきました!

imageimage image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
αフォトライフサポート加入で5%OFFのページから購入いただけます。
image image image
同種レンズと比較!Gマスターレンズ「SEL85F14GM」徹底スペックレビュー!
過去最高のレンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!実写作例多数【CP+2016】
大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」プチレビュー!【ストア大阪レポート】
ついに来た!Gマスターレンズ85mmF1.4 「SEL85F14GM」開梱レビューだ!
【GW】 今日は強風の中、地元の大運動会に参加してきました。
α<アルファ>Eマウント 85mmF1.4単焦点レンズ 『SEL85F14GM』 作例集(1)
朝光寺「鬼まつり」を「α7RII+SEL85F14GM」で撮影してきました!作例集(2)
GWに「熱気球」を撮影してきました! 「SEL85F14GM」作例集(3)
闘龍灘で行われた一足早い花火大会を撮影。SEL85F14GM作例集(4)
ソニーストア福岡・天神に写真遠足(取材)に行ってきました!


imageimageimage
▼デジタル一眼カメラ「α7RII」ボディ
ILCE-7RM2:438,880円+税 → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
最強フルサイズコンパクト「α7RII」 徹底スペックレビュー!マル秘情報&お得な買い方をチェック!
ソニーストア大阪で「α7RII」の実機を触ってきました!ストアレポートだ!
「α7RII」が少しだけ店頭にやってきたので外観フォトレビュー&作例もご紹介!



image
VAIO×BEAMSモデル「VAIO Z<Monotone Crazy>」「Icon Design PCケース」実機フォトレビュー!

imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
→ 「1万円のキャッシュバックキャンペーン

▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが凄い!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!
VAIO Z × BEAMS コラボ第二弾 特別仕様モデルが登場!


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 2

あき坊

こんばんは。
RAW撮影はいいですね~。
撮影も、後処理も楽しそうで。。

by あき坊 (2016-05-29 22:59) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
RAW現像ナメてました(笑)
可能な限り意識してRAW撮影を心がけたいと思います。
by taku (2016-05-30 10:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0