So-net無料ブログ作成
検索選択

明日6/5、デジタル一眼カメラセミナー「蛍の撮影」を急きょ開催! [お店情報]


image

急なお話ですが、デジタル一眼カメラセミナー「蛍の撮影」を行います。
現在旬の被写体なので撮り方セミナーを行いたいと思います。

▼デジタル一眼カメラセミナー「蛍の撮影」
開催日:2016年6月5日(日)
・1回目:13:00~14:00
・2回目:15:00~16:00
・3回目:17:00~18:00
場所:ワンズ店頭
参加費:無料

皆さんのご都合もあると思うので、細かく時間を設定しています。
来れる時間帯にご参加ください。もちろん希望があれば午前中でも対応しますよ。
作例をもとに語る”ゆる~い”セミナーなのでお気軽にどうぞ!

来れない方は少しだけブログでも撮り方を説明しているのでこちらもご参考に。
蛍が出てきたので新レンズ「SEL85F14GM」で少しだけ撮影してみました。


DSC03974
α7S+SEL85F14GM:F2.0、62秒、ISO400、↑画像クリックで写真を大きく見る

暗闇でどうやってピントを合わすのか?
その辺のテクニックもご紹介したいと思います。
上の写真は蛍の撮影としては微妙ですが、
しっかり蛍の光の軌跡が撮れてもピンぼけでしたらさらに使えない写真となります。

まずは「蛍+風景」で絵作りが楽しめればなと思います。


DSC03930-2
α7S+SEL85F14GM:F1.4、2秒、ISO3200、↑画像クリックで写真を大きく見る

僕は先日お客様と一緒に撮影に行って
「蛍+風景+人物」の撮影にハマってしまった(笑)


DSC03957-1
α7S+SEL85F14GM:F1.4、3秒、ISO3200、↑画像クリックで写真を大きく見る

α7Sクラスのカメラになると、
蛍の撮影もこの次元で楽しめるのですごく楽しいですよ!
それにしても3秒間も撮影しているのに、
集中して微動たりしないカメラマンも凄いですね!


DSC03946-3
↑画像クリックで写真を大きく見る

この写真だけは雰囲気を出すために2枚の写真を合成。
セミナー用のポスターに使えるかなと思って何枚か撮影してたので作ってみました。
以下に2枚の写真を用意。

image
(写真1) α7S+SEL85F14GM:F1.4、1秒、ISO3200

人物がブレないようにISO感度を上げて1秒の短い時間で撮影。
もちろんたったの1秒だけなので蛍の軌跡はほとんど撮れません。


image
(写真2) α7S+SEL85F14GM:F1.4、36秒、ISO100


もう一枚はまったく同じ場所・角度で
ISO感度を下げて36秒かけて蛍の光の軌跡を撮影。

最初の人物がブレないように撮った(写真1)をもとに、
フォトショップで(写真2)を上のレイヤーに持ってきて、
ブレてる人物を消しゴムツールで消してあげるだけです。
特に今回明暗合成的なものは使っていません。
2枚の写真の明るさなどを合わせておくのもポイントの一つです。

まぁこういう合成写真は作品として提出するのはどうかとは思いますが、
撮影会やセミナーのポスターにしたりするのには良いかなって思うので
いろいろ工夫して楽しんでくださいね!


DSC03977-1
α7S+SEL85F14GM:F1.4、4秒、ISO3200、↑画像クリックで写真を大きく見る

あと僕は1匹のホタルを被写体に撮ることにもハマっています。
1匹の蛍にピントを合わせるのは至難の業。ここはα7Sの専売特許ですね!


image

拡大するとこんな感じで一匹の蛍が撮影できています。
手前に歩いてるもう一匹の蛍は玉ボケになって尾を引いていますね。
ただ、レンズによって85mmF1.4だと、
あまり近づけないので蛍が小っちゃくしか撮れないんですよね。
明るいレンズの「最短撮影倍率」と「最短撮影距離」をまとめてみました。


▼最短撮影倍率(最短撮影距離)
【Eマウント フルサイズ】
SEL35F14Z(35mmF1.4):0.18倍(30cm)
SEL50F18F(50mmF1.8):0.14倍(45cm)
SEL55F18Z(55mmF1.8):0.14倍(50cm)
SEL85F14GM(85mmF1.4):0.12倍(AF時85cm, MF時80cm)
SEL90M28G(90mmF2.8):1倍(28cm)

【Aマウント フルサイズ】
SAL50F14(50mmF1.4):0.15倍(45cm)
SAL50F14Z(50mmF1.4):0.14倍(45cm)
SAL85F14Z(85mmF1.4):0.13倍(85cm)


最短撮影倍率とはそのレンズでピントの合う被写体をどれくらい大きく撮れるかの参考値。
この倍率が高いと、焦点距離に問わず蛍が少しでも大きく撮れるってことです。
ちなみに僕が撮影した85mmF1.4「SEL85F14GM」のレンズでは
約0.12倍と実はそんなに大きく撮れないんですよね。
このリストで意外だったのが、35mmF1.4「SEL35F14Z」が0.18倍と、
わずかですが大きく撮れそうですね。
もちろんマクロレンズは最短撮影倍率1倍とめちゃめちゃ接写が楽しめます。
ただし、F2.8なので、感度を上げないといけないというリスクがあるのと、
近づきすぎると被写界深度が浅くなってしまって蛍がハッキリ撮れなかったりと難しい部分も出てきます。
蛍はじっとしているようで小まめに動いています。
ブレずに止まったように撮影するには短い露出時間での撮影が必要です。
たまたま上の写真のように4秒間も撮影しているのに動かず撮影できるときもあるので
あとは運に任せるのみですね(笑)


DSC03981-2
α7S+SEL85F14GM:F2.0、3秒、ISO3200、↑画像クリックで写真を大きく見る

この写真はかなりトリミングをしています。
蛍の光で照らされる世界もなかなか良いですよ!

まぁいろいろ書きましたが、とにかくある程度明るいレンズが必要で、
あとはタイミングだけなので何回も撮影して奇跡の1枚が残せるように頑張ってくださいね!

最後に、蛍の撮影に興味がある方はぜひセミナーに参加してくださいね!


no titleimage
▼デジタル一眼カメラ α7S ボディ
ILCE-7S:230,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
デジタル一眼カメラの常識が変わる!「α7S」開梱・外観レビュー!
「α7S」で撮る!イタリアレストラン&子供 作例フォトレビュー!
「α7・α7S」+「SAL70300G」を使って皆既月食を撮ってみました!
α7(2400万画素)、α7S(1200万画素)でスーパームーンを撮影。画質勝負の勝者は!?
「α7S」+「SEL70200G」の最強コンビで地元の獅子舞を撮影しました!
紅葉ライトアップ撮影 「α7S」「SEL1635Z」「SEL70200G」作例レビュー!
ソニーα<アルファ>&コンデジで撮る!蛍撮影テクニックをご紹介。
「α7S」はやっぱ凄かった!東光寺伝統行事「田遊び」「鬼会」を撮影してきました!
蛍が出てきたので新レンズ「SEL85F14GM」で少しだけ撮影してみました。

imageimage image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
αフォトライフサポート加入で5%OFFのページから購入いただけます。
image image image
同種レンズと比較!Gマスターレンズ「SEL85F14GM」徹底スペックレビュー!
過去最高のレンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!実写作例多数【CP+2016】
大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」プチレビュー!【ストア大阪レポート】
ついに来た!Gマスターレンズ85mmF1.4 「SEL85F14GM」開梱レビューだ!
【GW】 今日は強風の中、地元の大運動会に参加してきました。
α<アルファ>Eマウント 85mmF1.4単焦点レンズ 『SEL85F14GM』 作例集(1)
朝光寺「鬼まつり」を「α7RII+SEL85F14GM」で撮影してきました!作例集(2)
GWに「熱気球」を撮影してきました! 「SEL85F14GM」作例集(3)
闘龍灘で行われた一足早い花火大会を撮影。SEL85F14GM作例集(4)
ソニーストア福岡・天神に写真遠足(取材)に行ってきました!


imageimageimage
▼デジタル一眼カメラ「α7RII」ボディ
ILCE-7RM2:438,880円+税 → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
最強フルサイズコンパクト「α7RII」 徹底スペックレビュー!マル秘情報&お得な買い方をチェック!
ソニーストア大阪で「α7RII」の実機を触ってきました!ストアレポートだ!
「α7RII」が少しだけ店頭にやってきたので外観フォトレビュー&作例もご紹介!



image 
VAIO株式会社創立2周年記念「10,000キャッシュバックキャンペーン

imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
→ 「1万円のキャッシュバックキャンペーン

▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが凄い!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!
VAIO Z × BEAMS コラボ第二弾 特別仕様モデルが登場!


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

yas

お邪魔します。
楽しそう!受けてみたい!そう思えるセミナーですね。
以前、拝見したあのホタルの写真、めっちゃ感動しました!
by yas (2016-06-05 20:49) 

taku

yasさん、こんばんは。
ありがとうございます!
いや~急きょなセミナーだったのに
予想以上に来られたので資料がほぼない状態ではじめました。
そのまま数名は撮影会にまでなって今晩も蛍撮影をしてきましたよ。喜んでいただけて良かったです。
田舎ならではのセミナー&撮影会ですね(笑)
by taku (2016-06-05 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。