So-net無料ブログ作成
検索選択

運動会に超便利なカメラ、サイバーショット「RX10III」の作例をご紹介。 [RX10III]

 
image

運動会に超便利なカメラ、
サイバーショット「RX10III」の作例をご紹介したいと思います。
もうね、このカメラ使い出したらダメになりますよ(笑)
何がって?テントの中から動かなくっても600mmの望遠で楽々撮影できちゃう
モンスターレンズを搭載したカメラです。

imageimageimage
▼「RX10III」 デジタルスチルカメラ サイバーショット
DSC-RX10M3:166,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
Canon G3Xを凌駕する ソニーの「RX10III」が海外で発表!スペックレビューだ!
24-600mm F2.4-4.0のモンスターレンズを搭載した「RX10III」スペックレビュー!
【ストア大阪レポート】「RX10III」を触ってきました!ズームアシスト機能を試す!


焦点距離24mm~600mmのF2.4~F4.0、
ろっ、600mmF4のレンズですよ!ロクヨンですよ!
このカメラの凄いところはこんなもんじゃなくって、
テレ端600mm時に約72cmの距離でピントが合うテレマクロにも対応!
さらに、シャッター速度が1/32000まで対応しているので、
炎天下でも絞りが解放値でも白飛びしないんですよね!
さらに4K動画撮影もできるので1台でレンズ交換なく、なんでもできちゃう。

このカメラの紹介は、以前書いた開梱レビューをご参考に。

image
24-600mmF2.4-F4.0モンスターレンズを搭載した「RX10III」開梱レビュー!

それでは行ってみよう!

-----------------


DSC00028-2
DSC-RX10M3:24mm、ISO100、F2.4、1/8000 ↑クリックで画像拡大

まずは開会式24mmの広角で撮影しました。
娘は一番後ろに並んでたのを発見!僕は自分の町のテントの中からの撮影です。
そしてここから最大望遠の600mmまでズームすると...


DSC00025-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO100、F4.0、1/400 ↑クリックで画像拡大

ここまでズームできます。
他の子にはフィルターかけてます。


image

そしてブログサイズにトリミングするとこんなクオリティで撮影できるんですよね。
さすがはコンデジでも1インチセンサーを使った高級コンデジなのでクオリティはデジイチ並み。
っていうか娘さん、600mmでカメラ目線ですか? ←たまたまだと思いますが...


image
DSC-RX10M3:24mm、ISO200、F2.4、1/8000、+0.7EV

まずはどれくらいズームができるのかを各焦点距離でご紹介。


image

今からズームする娘の位置と撮影場所の位置関係を図にしました。
丁度いい場所だったのでズームするだけですね(笑)
それでは各焦点距離でのズーム具合をご確認ください。


image
DSC-RX10M3:100mm、ISO200、F4.0、1/2500、+0.7EV


image
DSC-RX10M3:200mm、ISO200、F4.0、1/2000、+0.7EV

200mmくらいのバランスだと、外のグランドに露出が合って、
テント中が暗い状態です。


image
DSC-RX10M3:300mm、ISO200、F4.0、1/1250、+0.7EV

300mmくらいでグランドとテント内の露出がいいバランスに。


image
DSC-RX10M3:400mm、ISO200、F4.0、1/800、+0.7EV

400mmだとテント内の暗い部分の面積が増えたため、テント内が明るく
グラウンドの明るさが飛び始めます。


image
DSC-RX10M3:500mm、ISO200、F4.0、1/640、+0.7EV


DSC00677-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/640 ↑クリックで画像拡大

そしてこれが最大望遠の600mm。やっぱ凄いです!


image

ブログサイズにトリミング。
正直このシーンを動画でも撮影してますが、グランドが熱気で空気層が揺らめいてるけど
この解像感で撮れています。これは十分に使えますね!


image
DSC-RX10M3:24mm、ISO100、F2.4、1/6400

これはテントの後ろから撮影した写真。
この状態で、グランドで徒競走してる子供たちをズームすると...


image
DSC-RX10M3:600mm、ISO100、F4.0、1/800

600mmならここまでズームできます。
超望遠なので背景もいい感じでボケてくれます。


image
DSC-RX10M3:600mm、ISO100、F4.0、1/1000

目線を少し下げて真横からならこんな感じで撮影できます。


DSC00079-2
DSC-RX10M3:526mm、ISO100、F4.0、1/2500 ↑クリックで画像拡大

場所を移動して、正面から撮れる位置に。
526mmという中途半端な焦点距離で撮ってしまってましたが
望遠で撮ると被写界深度が深くなって、ピントが合いやすかった印象です。


DSC00094
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/1600 ↑クリックで画像拡大

続いて、娘の出番だったので撮影。
走ってるところをアップで追いかけますが、
600mmの望遠でも手ブレ補正がしっかり働いているおかげでブレずに撮影。
あと600mm時でもF4の明るさなのでシャッター速度が下がり過ぎないのが
ブレずに撮れる要因かなと思います。


DSC00156
DSC-RX10M3:600mm、ISO100、F4.0、1/800 ↑クリックで画像拡大

ちょっと離れても大きく撮れるのが良いですよね。


DSC00169-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO100、F4.0、1/640 ↑クリックで画像拡大

演技が終わって退散のひとコマ。
600mm時の、前ボケ後ろボケをご確認ください。


DSC00314-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/3200 ↑クリックで画像拡大

娘も参加しているリレー。
1週200mトラックをひとり半周の100mを走ります。
これは僕の町のテントの中から撮影した写真で走り始め。


DSC00316-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/1600 ↑クリックで画像拡大

そして、半周走り終わってバトンを渡してるところ。
こんなに離れててもこれだけ大きく撮影できます。
たしかに今まで300mmや400mmの望遠レンズでは物足りなかったけど、
これなら十分満足のいく被写体の大きさですね。


DSC00327-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/2500 ↑クリックで画像拡大

娘はスタートが遠い場所から半周なので、バトンを渡すときにこのようにアップで撮れました。
ピントが若干娘に合わずにバトンを渡す子に合ってしまったので少し残念な写真でした。


DSC00336-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/3200 ↑クリックで画像拡大
明るさ補正

逆光で暗かったので明るく補正してみました。
走り終えてほっとしてる表情なのかな。


DSC00455-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/2500 ↑クリックで画像拡大

騎馬戦の大将戦を撮影しました。
そうそう、説明不足でしたが、僕の地域では去年から「小中合同運動会」なので、
中学生と小学生が一緒に運動会を行います。なんたって人数が少ないからね。
さすがに大将にもなると体つきがたくましいですね!


image

二人の戦いを普通に連射で撮影していました。


DSC00472-1
DSC-RX10M3:600mm、ISO200、F4.0、1/2500 ↑クリックで画像拡大

そして白組の大将が見事勝利!
こういった騎馬戦も迫力のズームで撮れますよ!


DSC00706
DSC-RX10M3:380mm、ISO200、F4.0、1/1250 ↑クリックで画像拡大

お昼になったので娘がご飯を食べに戻ってきました。


image

ほんと、「RX10III」ならレンズ交換なく、広角から望遠まで撮影できるので便利ですね。
一眼カメラのようにレンズ交換時にホコリの心配がなさそうですね。


DSC00749-1
DSC-RX10M3:100mm、ISO200、F4.0、1/800 ↑クリックで画像拡大

これで100mmの焦点距離。


image
DSC-RX10M3:390mm、ISO200、F4.0、1/1000

約400mmの焦点距離で近づいてもピントが合うのが凄いですね!
さすがはテレマクロが優れているカメラです。
最大撮影倍率は仕様には載ってませんが、どれくらいの倍率になるんでしょうか?


DSC00769
DSC-RX10M3:48mm、ISO200、F3.2、1/1250 ↑クリックで画像拡大

これは48mmの広角で撮影。これを107mm程に少しズームすると...


DSC00760
DSC-RX10M3:107mm、ISO200、F4.0、1/400 ↑クリックで画像拡大

ごちゃごちゃした背景が消え、木をバックにしたシンプルな背景になります。
ボケもいい感じですね。
露出は空が入っていない関係でテント内の日陰だけど
いい感じの明るさに自動で合わせてくれます。


DSC01042-1
DSC-RX10M3:24mm、ISO200、F2.4、1/12800 ↑クリックで画像拡大

炎天下で何の意識もなく絞りを解放値のF2.4で撮影しても
シャッター速度が最大1/32000まであげられるので白トビは一切なさそうですね。

ちなみに玉入れ競技なんですが、それを600mmの最大ズームをすると...



DSC01047-1
DSC-RX10M3:24mm、ISO200、F2.4、1/12800 ↑クリックで画像拡大

ここまでズームできます。


DSC01068-1
DSC-RX10M3:24mm、ISO200、F2.4、1/12800 ↑クリックで画像拡大

玉入れの片付けもテントにいながら楽々望遠で撮影できちゃいます。

いかがでしたか?
600mmの望遠がどれほど凄いのか分かっていただけましたか?
今まで運動会を撮影した写真を見ていただいて、
このカメラとの比較していただき魅力を感じていただけたらなと思います。

ほんと冒頭で言ったダメになるってのは、
本当はカメラを持ってうろうろすればいいんですが、テント内から望遠で届いてしまうので
楽してしまうってところ。
ある意味いいことではあるんですが...(笑)
ぜひ作例を見ていただいてご検討いただけたらなと思います。


imageimageimage
▼「RX10III」 デジタルスチルカメラ サイバーショット
DSC-RX10M3:166,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
Canon G3Xを凌駕する ソニーの「RX10III」が海外で発表!スペックレビューだ!
24-600mm F2.4-4.0のモンスターレンズを搭載した「RX10III」スペックレビュー!
【ストア大阪レポート】「RX10III」を触ってきました!ズームアシスト機能を試す!



image 
VAIO株式会社創立2周年記念「10,000キャッシュバックキャンペーン

imageimage
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13B1/VJZ1311:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
→ 「1万円のキャッシュバックキャンペーン

▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが凄い!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!
VAIO Z × BEAMS コラボ第二弾 特別仕様モデルが登場!


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

-----------------


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 2

あき坊

こんにちは。
レンズ交換不要なのが利点になってますね。
娘さん、いいモデルになっていますね^^

by あき坊 (2016-06-09 11:46) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
そうですね!とにかくほこりが入らないとか、
このレンズにしておけばよかったって失敗がなくなります。
近くでも遠くでもこれ1本で済んでしまうのと、
600mmF4の明るさで撮れるので、このレンズ感覚で購入するのも良いかなって思いました。
また冬になって空気が熱気で歪まない時の写真も撮ってみたいですね。
by taku (2016-06-10 10:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0