So-net無料ブログ作成
検索選択

ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!徹底スペックレビュー! [NW-WM1Z・WM1A]


image

ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!
国内発表でわかったこの2機種の細かな違いを徹底レビュー!
さらにウォークマン初の別売りリモコン「RMT-NWS20」でワイヤレス操作もできるぞ!


imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1Z:299,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典


imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1A:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典

驚きはこのこだわりようで、「WM1A」が「ZX2」と変わらぬ価格帯だったってこと!
それでは行ってみましょう!


image
まずは外観。以前のブログでも紹介しているが、
全方向から見た展開図的なイメージでまずはどうぞ。

「NW-WM1Z」はゴールドで、「NW-WM1A」はブラックを採用。

image

基本的にのこの「WM1シリーズ」は外観は全く同じで見た目は色だけの違い。
ただし、重さは2倍近く違ってくるのでその辺は注意が必要。
もちろん重さの代償に最高の音で楽しめる。

液晶は4.0型(854×480ドット)でタッチパネルを採用している。
今回UIにAndroid OSは非採用でSony独自OSを使用している。

前フラッグシップモデル「ZX2」も含めた比較表。

 NW-WM1ZNW-WM1ANW-ZX2
価格292,880円+税119,880円+税110,880円+税
カラーゴールドブラックブラック
筐体素材無酸素銅アルミニウムアルミニウム
DSDネイティブ再生PCM変換にて対応
バランス出力非対応
OSSony独自OSAndroid
液晶(タッチ)4型(854×480)
容量256GB128GB
microSD
BluetoothBluetooth4.1
SBC、LDAC
Bluetooth3.0
SBC、LDAC
Wi-Fi非搭載搭載
再生時間DSD11.2MHz(11時間)
FLAC(26時間)
MP3(33時間)


DSD5.6(16時間)
※PCM変換にて対応
FLAC(33時間)
MP3(60時間)
充電時間7時間4.5時間
寸法(mm)72.9×124.2×19.965.1×131.2×18.5
質量約455g約267g約235g


「NW-WM1Z」「NW-WM1A」この2つの違いとして、
大きくは筐体素材がかかわってくる。


image
「NW-WM1Z」は金メッキを施した無酸素銅切削筐体を採用。
約1.8kgの無酸素銅ブロック1本を贅沢に使用して切削。
-------------------------------
アルミの約1.5倍の加工時間をかけて、純度99.96%以上の無酸素銅を切削。
さらに、接触抵抗の低減と酸化防止のために
純度約99.7%の金メッキを施した筐体を採用しました。
圧倒的な低インピーダンス化により、
伸びのある澄んだ高音やクリアで力強い低域を再現します。
-------------------------------

image

「NW-WM1A」は約500gのアルミブロック1本を使用して切削。
「NW-WM1Z」は筐体素材の比重だけでも3倍以上ありそうですね。
-------------------------------
剛性に優れたアルミ切削筐体と無酸素銅プレートの組み合わせにより、
大幅な低インピーダンス化を実現。クリアで力強い低域を再現します。
-------------------------------

image

あとアルミ筐体を採用した「WM1A」は色だけでなく、
アルミのヘアライン加工が施されている分若干見栄えが変わってきます。


image

筐体素材以外の高音質のための内部素材は、ほぼ同じものを使っている。
まずは共通のこだわりパーツをみてみよう

【高音質を追求したこだわりの厳選パーツ】
-------------------------------
情報量とパワー感の向上、さらに温かみのある音質の再現を目指して、
アルミ切削筐体をはじめ、さまざまな高音質パーツを吟味して搭載。
据え置き型のアンプで使われるような大型のものを含め、
各パーツを絶妙なバランスで組み合わせることで、
さらなる低インピーダンス化と高剛性を実現しました。
-------------------------------
「リアパネルにコルソン系銅合金を使用」
十分な強度の確保と低インピーダンス化に貢献。
透明感のある高域や力強い低域を実現します。
また、金メッキにより筐体や基板との間の接触抵抗を最小化します。

「WM1シリーズ専用の電池パックを開発」
ケーブルを+/-各2本にすることで低インピーダンス化を図りました。
ボーカルや楽器の透明感の向上、音の立ち上がりの良化とスピード感の強化、
そして締まりのある力強い低域を実現します。

image

基盤に使われたこだわりのパーツを紹介。

「新開発高分子コンデンサー」を多数搭載
フルデジタルアンプ「S-Master HX」のL/R正負独立4電源をはじめ、
さまざまな箇所に「新開発高分子コンデンサー」を採用。
ボーカルや楽器の伸びや透明感が向上し、引き締まった力強い低音域を再現します。

バランス出力のLCフィルターに「大型コイル」を搭載
ヘッドホンバランス出力のLCフィルターに8mm角の「大型コイル」を搭載。
平型導線の採用により低歪みと低抵抗化を実現し、
全周波数帯域に渡って音の解像度感を向上します。

バランス出力のミュート回路に大型の「機械式リレー」を採用
ヘッドホンバランス出力のミュート回路に、
PHA-3に搭載しているものと同等のサイズの「機械式リレー」を採用。
半導体デバイス固有のノイズを排除し、
高域の歪み感が少なく抜けの良いニュートラルなサウンドを再生します。


image

電力供給能力がさらに高まった「電気二重層キャパシタ」
バッテリーからアンプ部に電力を供給するラインに、
瞬間的に大電力を供給できる「電気二重層キャパシタ」を搭載。
容量がNW-ZX2の約1.4倍(500mF)に増え、抵抗値も約半分に低減しました。
これによりS/N感が全体的に向上するともに、クリアで力強い低音域を実現します。

新開発の「低位相ノイズ水晶発振器」を2個搭載
新開発の100MHz対応「低位相ノイズ水晶発振器」を2個搭載(48kHz系/44.1kHz系)。
3225(3.2mm×2.5mm)から5032(5.0mm×3.2mm)へのサイズ拡大により、
ノイズの影響を受けにくいレイアウトが可能になり、
S/N感のある情報量豊かな音質を実現します。

image

基盤レイアウトを最適化し、S/N感が向上
オーディオブロックとデジタルブロックを上下に分離。
さらに、外部への出力はデジタル出力のみの仕様に変更しました。
ノイズの影響を受けないよう、
音質のための最善の配置にしたことでS/N感が向上しました


「WM1Z」と「WM1A」の高音質パーツでの違いはここだ!

image

「WM1Z」は、アンプの根元からヘッドホンギリギリのところまで
キンバーケーブルで繋いでとことんまでこだわっている。

ヘッドホン出力のフィルターに、大型高音質抵抗を採用
非磁性体の銅メッキを施すことで磁気ひずみを排除し、
伸びやかで透明感のある艶やかな音質を実現します。

「WM1A」は、アンプからヘッドホンジャックまで、低抵抗の無酸素銅ケーブルで接続。
アンプからヘッドホンジャックへの線材に、
低抵抗の無酸素銅ケーブル(OFCケーブル)を採用しました。

ノイズを低減する高品質メルフ抵抗を採用
ヘッドホン出力のフィルターに、
熱雑音を抑えノイズレベルを低減する高品質メルフ抵抗を採用。
すべての周波数帯域に渡って、音の解像度感が向上します。

なるほど、内部的にやっぱり違いがあったんですね。
まぁ~これだけといえば、これだけなんですが...

それでは次にバランス接続の構造を見てみよう。


【バランス接続】

image

左右の音を完全に分離するバランス出力に対応
バランス出力では左右の音を完全に分離し、グラウンドを介さずに音の信号を出力可能。
ステレオ感に悪影響を与えるクロストーク(左右の信号の混信)を限りなく低減し、
ノイズの少ない低歪で繊細なサウンドを再現します。

image

今回バランス接続には、JEITA統一規格を採用した、プラグ1本でバランス接続でき、
接続安定性の高い4.4mm5極のバランス接続を採用。

日本ディックス製の高性能ヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用し、
1端子あたり2接点を持つ構造により、
通常のφ3.5mmよりも各チャンネルの抵抗値が近く、接触抵抗も低いので、
音の解像度・広がり・奥行きを余すところなく表現できます。

image

4.4mm5極のバランスケーブルを使った商品群は
現時点ではこの「シグネイチャーシリーズ」だけですが、これから出るバランス接続を
採用した商品は間違いなく、JEITA統一規格を採用した端子を使ってくると思うので
安心してそろえていただければなって思いいます。


続いて、高音質化設計を簡単にご説明。
こちらは「WM1Z」「WM1A」共に共通の仕様となります。

▼極みを目指した高音質化設

image

呼び名は同じだが、
大幅に進化したフルデジタルアンプ「S-Master HX」を採用
WM1シリーズ用に新たに設計し、
DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)および
リニアPCM再生(最大384kHz/32bit)性能が大幅に向上しました。

また、アンバランス接続時は従来比約4倍の60mW+60mW(16Ω)、
バランス接続時には250mW+250mW(16Ω)の実用最大出力を実現。
ポータブルヘッドホンアンプを介さずに、
インピーダンスの高いヘッドホンも単独でドライブできます。

image

PDM出力のままのDSDネイティブ再生を実現
従来はPWM出力に変換していましたが、
今回の「S-Master HX」ではDSD信号を可能な限り加工せずに、
PDM出力のままのDSDネイティブ再生を実現しました。
また、DSDネイティブ再生はバランス接続時のみに対応となります。



image

MP3やCD(44.1kHz/16bit)などの圧縮音源も
CD以上の(192kHz/32bit-48kHz/32bit)に変換し
高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を採用。
さらに、曲のタイプに合わせて5つのモードから選べるようになりました。

▼タイプ選択はこの5つ。
スタンダード/女性ボーカル/男性ボーカル/パーカッション/ストリングス


image

豊かな低域を実現する「DCフェーズリニアライザー」
アナログアンプの位相特性をDSP演算によって再現

これにより、
デジタルアンプでありながらアナログアンプに近い、十分な低音感が得られます。
当機能による効果は、カーブの異なる6つのモードから好みに合わせて選択できます(OFFも選択可能)。

image

高品位な10バンドイコライザー(31Hz-16000Hz)
高品質な信号処理により音質の微調整が可能。調整した設定値を複数保存できます。
より自分好みにカスタムでき便利ですよね。
イコライザー設定だけでなく、「トーンコントロール」設定も可能だ。


オーディオゲインの設定が可能
DSDをリニアPCMに変換して再生する場合に、オーディオゲインの設定が可能。
お持ちのDSD音源の音量レベルに合わせて0dB/-3dBで調整できます。

USB Audio対応 USB DACアンプ等と接続
USB DACアンプ等とデジタル接続が可能。非同期方式(Asynchronous)により、
USB転送時に発生するジッターを極小化することで高音質を実現します。
また、PCM出力だけでなく、DSD RAWの出力にも対応しました
(PCM:最大384kHz/32bit、DSD RAW:最大11.2MHz/1bit)。

続いて操作性を説明。

image

大きなハードウェアボタンが用意されているので
パケットに入れた状態でも見ずに操作できます。

image
液晶のタッチパネルでフリックすることで簡単に、
再生画面ホームを中心に、「再生リスト」「ブックマークリスト」
「ライブラリートップ」「各種音質設定」にアクセスできる。

image
選べる3種類の再生画面
今回 “音の見える化” をテーマにした「基本再生画面」に加え、
高レスポンス・高解像度な「スペクトラムアナライザー画面」
懐かしい針の動きで躍動感を演出する「アナログレベルメーター画面」を用意。
好みや気分に合わせて3種類の再生画面から選べます。


image

基本操作が可能な別売リモコンに対応
バッグの中にウォークマンを入れたまま、スムーズにワイヤレス操作できます。
ヘッドホンケーブルに装着できるアタッチメント(2サイズ)と、
ポケットなどに留めるためのクリップを付属しています。

imageimage(10/29発売)
▼リモートコマンダー
RMT-NWS20:4,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image

ご一緒にいかがですかな?


続いて、Bluetooth接続について。

image

Bluetoothコーデックはあえて、SBC、LDACの2種類のみ。
AACやaptXには非対応。なんだろう?ハイエンド機ならではの割り切り?
ま、確かに、この2つ以外はぶっちゃけ必要ないけどね。
今更ながらaptXがSBCより音が良いって確かに言われてたけど、
この違いが判る方がLDACを聴くと、そりゃハイレゾだわ(笑)
本当はLDACはハイレゾ相当で、やっぱ有線接続のハイレゾにはとてもかないません。
でも、通常SBCコーデックの約3倍ものデータ転送量でハイレゾ相当までもっていってるので、
Bluetoothの音に満足されてた方はぜひ体験してみてください!

NFCも搭載されているので、対応機器とワンタッチで接続が可能です。


image

外部メモリーmicroSDXCにも対応していて、microSDカードを併用すれば
+200GBも可能でしょうが、
せっかくこのクラスのWALKMANなので、
良い音で楽しめるfor PremiumSoundがお勧めなんですが、
64GBまでしかなくって薦めるのも微妙です。

image
ソニー microSDXCメモリーカード 64GB Class10 高音質モデル SR-64HXA

でも実際に聴くと、僕でもよ~く分かったので少しでもこだわるならお勧めです!




image
いかがでしたか?物欲が沸きましたか?
なんてたって30万円のWALKMANですよ!
こだわりたくってもなかなかこのクラスを買うのに勇気がいりますよね。
そんなあなたに背中を押してくれる支払方法が
ソニーストアでの期間限定の決済方法「24回払いまで分割金利手数料0%」です。

AV10%OFFを使って-29,988円=269,892円+税
最終:291,483円(税込)
月々12,145円×24回程で買えちゃいます。
もちろん分割金利手数料0円です。
うまく計画して夢のウォークマンを手に入れよう!

image
NW-WM1A」(119,880円+税)も計算してみますね。
AV10%OFFを使って-11,988円=107,892円+税
最終:116,523円(税込)
月々4,855円×24回程で買えちゃいます。
おぉ!かっ、買っちゃおうかな?(笑)←買うんかい!



imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1Z:299,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典


imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1A:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典



最後に関連のアクセサリーを載せておくのでご一緒にいかがですかな?

imageimage(10/29発売)
▼NW-WM1シリーズ専用レザーケース
CKL-NWWM1:9,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売)
▼NW-WM1シリーズ専用保護シート
PRF-NWH40A:1,250円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage
▼ハイレゾ対応WM専用クレードル
BCR-NWH10:14,750円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売) image
▼プレミアム ステレオヘッドホン image
MDR-Z1R:199,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!


imageimage(10/29発売) image
▼DAC内臓ヘッドホンアンプ
TA-ZH1ES:希望小売価格:278,000円 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/29発売) image
▼ヘッドホンケーブル 4.4mm5極
MUC-B20SB1:25,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

image
ソニーストアだけの購入特典


image



imageimageimage
▼VAIO C15
VJC1511:66,800円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
※「イエロ/ブラック」のみ現在発売日未定
image
VAIO C15購入者特典!先着でVAIOオリジナルマグカッププレゼント!

▼関連ブログ
個性的なデザインカラーを採用した「VAIO C15」が発表!徹底スペックレビューだ!
VAIO C15「イエロー/ブラック」がピカチュウカラーに見える!天板サンプルをチェック!
VAIO C15 購入者限定 先着特典のオリジナルペアマグカップをご紹介!
VAIO C15 徹底レビュー!開梱・外観フォト・設定・ベンチマークテストなど...
VAIO C15徹底解説!SSD換装や回復ドライブの裏技をご紹介!


imageimage
▼VAIO Z
VJZ13B1(フリップ):199,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VJZ1311(クラムシェル):156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z キャンペーン
--------------------------------
>「第二世代ハイスピードSSD 512GB」が通常より【20,000円】お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
VAIO買い替えキャンペーン!最大10,000円おトク!(8/1(月)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
▼当店ブログ記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!

↓VAIO Z の新コンテンツも要チェックです!
image image
VAIO Zの価格が高い7つの理由
魅せる仕事術を実現するVAIO Z(フリップモデル)



imageimage
▼VAIO ZCanvas
VJZ12A1:319,800円+税~ → 
詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z Canvas キャンペーン
--------------------------------
>英字配列キーボードが通常より5,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
EIZO ColorEdge CG248-4K同時購入10,000円おトク!
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
▼当店ブログ記事
image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
良く考えられているよ!「VAIO Z Canvas」のキーボードが地味に凄い!
「VAIO Z Canvas」実機レポート!完全スペックレビューだ!
お待たせ!「VAIO Z Canvas」開梱・外観フォトレビュー!



imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:109,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S11 キャンペーン
--------------------------------
>第二世代ハイスピードSSD512GBが通常より20,000円お得!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!
VAIO S11におすすめな HDMI出力搭載 USB Type-Cハブをご紹介。



imageimage
▼VAIO S13
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S13 キャンペーン
--------------------------------
>タッチパネル搭載が通常より13,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------

▼当店ブログ記事
「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!
ビジネスストレスフリー「VAIO S13」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテスト)



imageimage
▼VAIO S15
VJS1511:89,800円+税 → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S15 キャンペーン
--------------------------------
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
>ストアオリジナルキーボードウェアが同時購入でおトク!
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
恐ろしく高性能ノートPCに進化した「VAIO S15」開梱レビュー!(ベンチマークテスト)
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!交換パーツや内部構造など見てみよう!




image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

あき坊

おはようございます。
買っちゃうんですか?^^

by あき坊 (2016-09-09 04:23) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
WAKLMAN A30を買うつもりだったんですが、
分割使えば「WM1A」がなんだか買えそうな予感がして(笑)
発売日が先でまだ悩んでいますが、
買えたらいいなぁ~。
by taku (2016-09-09 07:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。