So-net無料ブログ作成

ヤバい!感動できるウォークマン「NW-WM1Z」を体験してきた!【WALKMANストアレビュー】 [NW-WM1Z・WM1A]


image

みなさんもう聴かれましたか?WALKMANフラッグシップモデル
NW-WM1Z」「NW-WM1A」が国内で発表されてから早2週間。
10月29日発売でまだまだ先ですが、実に楽しみなウォークマンですね!

imageimage

同じ筐体で30万円と10万円台とでどれだけの音質の差があるのか?
その答えが聴いてみたらわかりました。
今日は僕がソニーストア大阪で体験してきた感動がお伝えできればなと思います。




image

まずは「WM1A」から視聴しました。
試聴するにあたって同じ環境で合わせるためにヘッドホン・楽曲を統一しました。
もちろんイコライザー設定もなしにして、ダイレクト再生で聴き比べをしています。


image image

インナーイヤーヘッドホンで試聴。
耳型職人の松尾氏が携わるインナーイヤーの最高峰「Just ear」。
本来は一人一人に合わせて耳型を採ってプロフェッショナルと作るテイラーメイド。
ここでは誰もが良い音で聴ける音質調整モデルで試聴。
接続はアンバランスケーブルです。


image

う~ん、良いですね!
僕は普段「NW-ZX1」で楽しんでますが、
こんなに良いインナーイヤーヘッドホンで聴かないので、
明らかに良い音で楽しめるってのがよ~く分かりました。
凄いね!このウォークマンが凄いのか、Just Earが凄いのか正直よくわからないくらい。

でもこのあと少し不安に思ってしまったのが、
金額が2.5倍以上する「WM1Z」って、さらにどんな音が鳴るんだろう?ってこと。
僕の耳で聴き分けできるのか?
っていう不安を感じながら「WM1Z」で試聴してみました。


image

そんな心配は全く不要でしたね!(笑)
「NW-WM1Z」の圧勝ですね!もうね、楽器の響き方が根本的に違う。
正直ほんと、ここまで違うか!って思っちゃいました。
同じ筐体デザインだが、中身が全く違うプレーヤーに感じた。
いつも言ってるように僕は人より耳が良いほうではないと自負している。←またか!
そんな僕の耳でも明らかに音の違いを感じることができた。

僕は音の違いをうまく言葉にして伝えることがへたくそなのですが、
実際に聴いてもらうとわかりやすいのが生の楽器の音色。
SHANTIのLovin’ Youであればアコースティックギターの生っぽい響き。

綾香の三日月という楽曲なら前奏のピアノなんですが、
「WM1A」でまず聴いた後に「WM1Z」で聴いたら凄くまろやかな音で、
実際にピアノを引いたときに弦の響き、耳に伝わるのがこんな感じなんだろうなぁ~って
思えるくらい凄く聴き心地がいい。勝手にそんな風に感じてしまうほど上質の音でした。
その後また「WM1A」を聴くと、
別に悪くはないはずなのに、少し硬い音に感じてしまう。
あれっ?さっきの感動が伝わってこないみないな印象です。


image

ただし、聴き比べなければ「WM1A」の音は間違いなく良い音です。
でもね、1度「WM1Z」と聴き比べてしまうと音好きの方は戻れないかもね。
値段もあれだけ違うけど思い切っちゃおうかなって...。貧乏な僕は無理ですが(笑)
それにしてもウォークマンの音を聴いてまさか感動を覚えるとは思っていませんでした。


image

ほんとなかなかの重量感です。
マジで重いです。でもこの重さは良い音のためだと思えば全く苦にならない
逆に満足感すら感じてしまう重さ。金色なだけに金の延べ棒を持ってる感覚(笑)


image

背面はシボ加工された革が張りつけられていて、若干盛り上がっているため
本体を置いたときに傷つかないようになっています。
NFCマーク、WALKMANロゴです。

image

ようく見るとWALKMANの文字も刻まれています。


image

続いて、バランス接続で聴いてみたいと思います。
このように使わないときにはゴムのキャップが刺さっていました。


image

インナーイヤーヘッドホンは先ほどと同じ「Just Ear」で、
ケーブルを「Just Ear」の松尾さんが作った試作品のバランスケーブルも楽しんでみました。
今後JustEarでも販売を予定しているようですよ。
これが4.4mm5極の端子です。


image

バランス接続は写真左の大きな4.4mmのヘッドホンジャックに接続します。
右が一般的な3.5mmヘッドホンジャックです。

image

今回バランス接続には、JEITA統一規格を採用した、プラグ1本でバランス接続でき、
接続安定性の高い4.4mm5極のバランス接続を採用。
統一規格なのでこれからそろえる接続機器は安心して揃えられますね!


image

バランス接続するだけでもまた音の違いというか広がりというか、
セパレーションがよりはっきりして、うまく表現できませんが良い感じなのはわかりました。
でもそれ以上に僕は「WM1Z」と「WM1A」の違いのほうが衝撃だったなぁ~(汗)
できればバランス接続はキンバーケーブルで聴いてみたいもんです。

imageimage

ちなみに、国内ではまだ発表されてはいませんが、
ソニーもリケーブル用のバランスケーブル「MUC-M12SB1」を用意しているようです。
XBA-Z5XBA-A3XBA-A2など、最近ではJustEarなどにもおすすめです
キンバーケーブルが透明のチューブで保護されていますね。
「NW-WM1Z」の発売日までには合わせてほしいですよね!


imageimage(10/29発売) image
▼ヘッドホンケーブル 4.4mm5極
MUC-B20SB1:25,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
現在発売日にバランス接続で楽しむためのケーブルはこれ。
MDR-Z7」「MDR-Z1R」との接続におすすめです。



image

そうそう、取材中にJust Earオーナーさんが「WM1Z」の試聴にやってきて、
ご厚意で「良かったら撮影に使ってもらっていいですよ!」って言ってくださったので
撮影させていただきました。

そうそう、耳型で自分用に作ればこんな感じでできるんですよね。
イヤーキャップなんてなくって音が出る先端は人肌の温度で柔らかくなってぴったりフィットするようです。

これが自分仕様の最強インナーイヤーヘッドホン。
誰が何と言おうと自分に特化しているので間違いのないヘッドホンですね!
いつか自分も作ってみたいなぁ~。
オーナーズレビュー(たくさんの著名人が感想を述べています)


image

次は最高のヘッドホンとヘッドホンケーブルで視聴しました。
ヘッドホンは「MDR-Z1R」、ケーブルは別売りの「MUC-B20SB1」で
パランス接続でかつ現時点で最高のヘッドホンで聴かせていただきました。

インナーイヤーヘッドホンとは違う次元のヘッドホンです。
体で感じるというか耳全体で感じるというか伝わってくるものがありますね!
これが20万円のヘッドホンか!って印象です。

いや~ほんと感動しました!
もういろいろと物欲がわきすぎて、でもぶっちゃけ個人的には買えなくて、
ほんと庶民はこの物欲をどう抑えればいいの?状態ですよ!(泣)

えっ?何っ?分割金利手数料24回払いまで「0%」があるじゃんだって?
すでに2年前に5年のローンで高級オーディオを支払ってますよ(笑)

2016年12月28日(水)11時までの期間限定ですが金利0%もうまく利用して
最高のヘッドホンやウォークマンを手に入れてほしいと思います!


imageimage(10/29発売) image
▼プレミアム ステレオヘッドホン image
MDR-Z1R:199,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典
求めたのはその場で感じる空気感、妥協しない最高のヘッドホン「MDR-Z1R」スペックレビュー!


imageimageimage
▼WALKMAN WM1シリーズ (10/29発売) image image
NW-WM1Z:299,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
NW-WM1A:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典
ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!徹底スペックレビュー!



image

次はUIなどをチェックしてみたいと思います。
液晶周りが黒いので大型の液晶かと思っちゃうんですが、
4.0型(854×480ドット)でZX2やZX1と同じで、タッチパネルを採用している。
OSはタッチパネルなのでAndroid OSを採用しているのかなと思えば、
ソニー独自OSだ。


image

液晶を拡大撮影してもドット感を感じさせない綺麗な液晶です。
片手で持ったままタッチパネルによる操作がしやすいように
ボタンも大きく作られているので従来のUIよりすごく操作がしやすくなりました。
「HR」表示されているのがハイレゾ音源のマーク。


image

操作系はハードウェアボタンも右側面に用意されていて非常に大きく、
ボタンは出っ張らずに本体とフラットに作られているので誤操作は起こりにくくなっています。
あとボタン2か所にポッチのような突起がついているので
ポケットの中に入れた状態での操作が覚えやすくなるように配慮されている。


image

すみません、ちょっと横道にそれますが、ボタンの拡大です。


image

左側面にはハードウェアボタンを動作させない「HOLD」スイッチがついていました。
ボタンに凹凸のついた加工がなされているので力が入れやすくよく考えられてます。


image

液晶画面上部に表示されているバーのようなものが音量レベル。
「087」と表示されているのも音量レベルで、レベルの数字は最大120だ。
再生している音源のファイルフォーマット情報も
「FLAC 96kHz / 24bit」と上部に表示されている。

image
ソニー独自UIは、液晶のタッチパネルでフリックすることで簡単に、
再生画面ホームを中心に、「再生リスト」「ブックマークリスト」「ライブラリートップ」
「各種音質設定」にアクセスできる。

そのUI操作を動画で撮影したのでご覧ください。


WALKMAN WM1Z SONY独自OSの「UI操作」

WALKMAN WM1Z SONY独自OSの「UI操作」を撮影してみました。
動作速度・反応はまだ最終段階のファームではないのでご了承ください。

左手での操作ということで僕の操作もぎこちなかったんですが、
現時点ではスマホのように快適なタッチ操作ではなかったが、特に問題でもないレベルでした。
ここから発売日までに最終調整してより快適になることを期待したいですね。


image

ちょっと気になったのが、
「再生画面表示切り替え」で再生中のビジュアルが変えられること。


image

基本がアルバムのジャケットが表示してる画面。
それに加えて「スペクトラムアナライザー」「アナログレベルメーター」が選べる。


image

これが「スペクトラムアナライザー」イコライザーな感じで見てても心地がいい。
僕たち40代くらいの人なら懐かしさもあって良いんですよねぇ~。


image

そしてこれが「アナログレベルメーター」。
この辺のターゲットは若者ではなく年配の方向けなんでしょうね。
もう懐かしさでターゲットを絞ってそう(笑)


image

こんな「高音質ガイド」も表示できました。

【高音質ガイド】
---------------------------------
■本機で使用しているコンデンサーについて

本機はアンプの電源回路に、新開発高分子コンデンサー、
およびOS-CON、POSCAPというコンデンサーを使用することで高音質を実現しています。
このコンデンサーは、エージング動作をさせることで特性が安定していき、
エージングが200時間を超えたあたりから
本機が本来持っている高音質性能を最大級に発揮できるようになります。
エージングの方法は、ヘッドホンを本機に接続して音楽を再生するだけです。
再生するコンテンツや音量設定はエージングの質に影響しません。
---------------------------------

なるほど!エージングは大切だってことですね。
単純に聴くだけなので、この辺は聴きながら育っていくのを感じながら楽しめますね!


image

エイジングがどれくらいまで進んでるかを確認するために
「設定 > 本体設定」 から、現在の再生時間が確認することができる。
え~っと、現在(62時間42分)って、まだまだじゃないですか!
まだこれ以上に音質が上がるっていうのか?
200時間を超えたらトランス状態になって
「UI」が緑の光で輝くっていうギミックとか搭載されてるとかないのかな?(笑)


image

ここで「WM1Z」「WM1A」の高音質について、
それぞれの素材や内部構造の違いを少し見ていきましょう!
ソニーストア大阪ではそれぞれの製造過程と分解された状態で見ることができます。
まずは大きな違いをまとめた表をご覧ください。

 WM1ZWM1A
筐体素材無酸素銅+金メッキアルミニウム
コンデンサー高分子コンデンサー×13基
OS-CON×1基
高分子コンデンサー×8基
OS-CON×6基
抵抗大型高音質抵抗(銅メッキ)メルフ抵抗
寸法72.9×124.2×19.9
質量約455g約267g




筐体デザインは同じでも使ってる素材が根本的に違う!
「WM1Z」は素材が「無酸素銅」を使用して、比重がかなり重い素材なので
ウォークマンの重量が最終「WM1A」の倍近く違ってくるのが分かる。


image image
(左)WM1Z、(右)WM1A

「WM1Z」は純度の高い無酸素銅の切削筐体
「WM1A」はアルミ切削筐体。それぞれ高剛性と低インピーダンス化を両立させている。


image

ちなみに「WM1Z」無酸素銅ブロックは約1.8kgの重量があります。
特にこの切削前のブロック状態でアルミ素材は約500gなので、
「WM1A」と同時に持つと、ほんとに4倍近い重さを感じた。

それそれのブロック状態での形やサイズが違うので、
一概に約4倍近い比重ってわけではなさそうですが、
無酸素銅の比重はアルミに比べると3倍以上は重そうですね。

加工にはアルミの約1.5倍の時間をかけて純度99.96%の無酸素銅を切削。
さらに、接触抵抗の低減と酸化防止のために
純度約99.7%の金メッキを施した筐体を採用しました。
圧倒的な低インピーダンス化により、
伸びのある澄んだ高音やクリアで力強い低域を再現します。
たぶんここが一番お金のかかってる所じゃないかなって思います。


image
(左)WM1Z、(右)WM1A

「WM1Z」はアンプからヘッドホンジャックまで、
KIMBER KABLE社との協力によって開発された4芯Braid(編み)構造のケーブルで接続。
表現力豊かで上品なサウンドを再現します。


image

基板にはたくさんのチップやコンデンサーがついています。
コンデンサーで水色のプリントがされてるのが、新開発の「高分子コンデンサー」です。
紫のプリントがされてるのが「OS-CON」。
これを「ZX2」よりたくさん、贅沢に使っているのが「WM1Z」「WM1A」だ。

 WM1ZWM1AZX2
コンデンサー高分子コンデンサー×13基
OS-CON×1基
高分子コンデンサー×8基
OS-CON×6基
OS-CON×7基
抵抗image
大型高音質抵抗
(銅メッキ)
image
高品質メルフ抵抗
image
高品質メルフ抵抗




「WM1Z」「WM1A」でもこれだけのこだわりに差が出ています。


image

3機種の基盤の比較です。

これ以外に高音質にかかわる部分の違いは判りませんが
また開発者たちにお会いする機会があれば尋ねてみたいと思います。


image

あと、違いと言えば内蔵メモリーの容量の差ですかね。
「WM1Z」は、ついに内蔵256GBです。
5年後には1TBとか言ってるんですかね(笑)


image

たしかに外部メモリーを使えば、たくさんの音楽をストックできて
コンプリート好きの方にはいいのかもしれない。
かといってどんなmicroSDでも良い音で楽しめるかというとそうでもない。

何かっていうと、
外部メモリーで再生する音と、内蔵メモリーで再生する音が明らかに違うからだ。
さらに言えば、使用するmicroSDでも音が明らかに違ってくるんです。
僕個人的にはこのクラスのWALKMANに
外部メモリースロットを用意する必要性があったのか?って問いかけたい。
もし、外部メモリーを利用したいのであれば、
ソニーから出ているmisroSD高音質モデル「SR-64HXA」を使っていただきたい。

image
▼microSDXCメモリーカード高音質モデル
SR-64HXA:18,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image

このメモリーはデータ読み込み時に発生するノイズが発生しにくいように
転送速度をチューニングして良い音で楽しむために作られたメモリーなんです。
と言っても最大64GBしかないんですけどね(泣)あと高すぎて...
※少しでも安く買いたい方はこちらから >SR-64HXA

数年前に聴かせてもらったことがありますが、
通常のmicroSDと、高音質モデルでは明らかに音の違いが判りました。
この僕の耳でですよ!← これを強く言うところか?

あまりにも違うので、うちのスタッフ全員に聴いてもらったところ
普段から音楽を聴いていない素人の耳でも皆明らかに違うのがわかってくれました。
これだけ音にこだわってるウォークマンで
外部メモリーで聴くのは少しもったいないようにも感じます。

とは言っても、
この端末で聴き比べをしたわけでもないので偉そうなことも言えませんが、
やっぱ上位モデルの「WM1Z」を256GBにしたのは、
外部メモリーに頼らない容量にもしたかったからではないでしょうか?

でもね、音質は置いておいて、
やっぱたくさんの音楽をストックしていつでも聴けるようにってのもわかりますよぉ~。
本当にこだわるならこういった事情があるっていうのを参考にしていただければなって思います。

大容量microSDはこちらから


image
いかがでしたか?
まだまだウォークマン「WM1シリーズ」に関する記事は書き足りないので
続きは後日。

アクセサリーや「WM1A」などのフォトレビューも含めてご紹介したいと思います。
お楽しみに!


imageimageimage
▼WALKMAN WM1シリーズ (10/29発売) image image
NW-WM1Z:299,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
NW-WM1A:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典
ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!徹底スペックレビュー!

imageimage(10/29発売)
▼リモートコマンダー
RMT-NWS20:4,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売)
▼NW-WM1シリーズ専用レザーケース
CKL-NWWM1:9,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売)
▼NW-WM1シリーズ専用保護シート
PRF-NWH40A:1,250円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage
▼ハイレゾ対応WM専用クレードル
BCR-NWH10:14,750円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売) image
▼プレミアム ステレオヘッドホン image
MDR-Z1R:199,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!


imageimage(10/29発売) image
▼DAC内臓ヘッドホンアンプ
TA-ZH1ES:250,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/29発売) image
▼ヘッドホンケーブル 4.4mm5極
MUC-B20SB1:25,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

image
ソニーストアだけの購入特典




imageimageimage
▼VAIO C15
VJC1511:66,800円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
※「イエロ/ブラック」のみ現在発売日未定
image
VAIO C15購入者特典!先着でVAIOオリジナルマグカッププレゼント!


imageimage
▼VAIO Z
VJZ13B1(フリップ):199,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VJZ1311(クラムシェル):156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z キャンペーン
--------------------------------
>「第二世代ハイスピードSSD 512GB」が通常より【20,000円】お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
VAIO買い替えキャンペーン!最大10,000円おトク!(8/1(月)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------


↓VAIO Z の新コンテンツも要チェックです!
image image
VAIO Zの価格が高い7つの理由
魅せる仕事術を実現するVAIO Z(フリップモデル)



imageimage
▼VAIO ZCanvas
VJZ12A1:319,800円+税~ → 
詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z Canvas キャンペーン
--------------------------------
>英字配列キーボードが通常より5,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
EIZO ColorEdge CG248-4K同時購入10,000円おトク!
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
▼当店ブログ記事
image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!




imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:109,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S11 キャンペーン
--------------------------------
>第二世代ハイスピードSSD512GBが通常より20,000円お得!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!




imageimage
▼VAIO S13
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S13 キャンペーン
--------------------------------
>タッチパネル搭載が通常より13,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------

▼当店ブログ記事
「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!
ビジネスストレスフリー「VAIO S13」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテスト)



imageimage
▼VAIO S15
VJS1511:89,800円+税 → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S15 キャンペーン
--------------------------------
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
>ストアオリジナルキーボードウェアが同時購入でおトク!
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
恐ろしく高性能ノートPCに進化した「VAIO S15」開梱レビュー!(ベンチマークテスト)
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!交換パーツや内部構造など見てみよう!




image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

あき坊

こんばんは。
私も人より耳が良いほうではないと自負しています。
違いが分かりますかね~。

by あき坊 (2016-09-21 21:54) 

taku

あき坊さん、こんばんは。
絶対に分かりますよ!
この僕が分かるんですから!←自慢げ?(笑)
by taku (2016-09-21 23:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0