So-net無料ブログ作成
検索選択

ついに「MDR-1000X」が国内発表!ハイレゾ対応ノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン最上位モデルをスペックレビューだ! [MDR-1000X]


image

いやぁ~WALKMAN A30と同時にやっと発表されましたね!
今日は近未来的な使い方で楽しめるワイヤレスヘッドホンの
最上位モデル「MDR-1000X」をスペックレビューしてみたいと思います。
10/29発売でソニーストアでは昨日から先行予約販売が開始しております。

imageimage(10/29発売) image
▼ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
MDR-1000X:39,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

超高級ヘッドホンやらアンプやらが登場した中、
現実的に人気のあるh.earシリーズの最上位モデルの位置づけとして登場。
というより、見た目や形は似ているが、
このモデルはh.ear onシリーズではなさそうですね。


image
すでに発売している、h.ear on Wireless NC 「MDR-100ABN」が
ソニーストアでの販売価格が34,880円+税で
「MDR-1000X」は、同じハイレゾ対応ノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホンに
機能質感がアップされた上位モデルとなる。
実際に日本で登場したときに値段差が5,000円しか変わらないのには驚いた。
これからブレイクするヘッドホンに間違いないと思います。

image
アーティスト 山村隆太(flimpool) × MDR-1000X

ワイヤレスヘッドホンのヘビーユーザーであるflumpoolの山村隆太さんが感動した
「MDR-1000X」の体験エピソードも是非チェックしてください!


image

業界最高クラスのノイズキャンセル機能を誇り、進化点をざっくり言えば、
リスナーの頭部形状やサイズなどに合わせてノイズキャンセル効果を最適化する
「Personal NC Optimiser」機能を搭載しています。
リスナーが眼鏡をかけている時、外している時、ヘアースタイルを変えたときなど、
そのときの状況に応じて最も効果的なノイズキャンセルを設定してくれます。
さらにヘッドホンをつけたまま周囲の音を取り込む「アンビエンスサラウンド」機能や、
会話の声を一時的に聴き取る「クイックアテンション」機能などが使えて、
より便利なヘッドホンとして楽しめるようになりました。

それではもっと細かく見ていきましょう。

image
色は「ブラック」と「グレーベージュ」の2色から選べる。
落ち着いた色で大人向けのオシャレなヘッドホンですね。
ソニーロゴの刻印場所も違って、派手さも控えめです。


image

ワイヤレス接続にはBluetoothを使用します。
対応コーデックは、「SBC、AAC、aptX、LDAC」と幅広く対応。
NFCも搭載しているので対応機器とワンタッチで簡単に接続できる。
伝送帯域はそれぞれ
20Hz-20,000Hz(SBC、AAC、aptX、44.1kHzサンプリング時)
20Hz-40,000Hz (LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)
LDACでの接続時はハイレゾ相当でワイヤレスで楽しめます。

有線で接続することも可能で、このときはハイレゾ音質で楽しめる。
有線時の周波数特性は(4Hz - 40,000Hz)で、
しっかりとハイレゾが楽しめるようになって、
MDR-100ABN」と比べると音質面でも進化が感じられます。

「ワイヤレス」「ワイヤード」、それぞれをノイズキャンセリングでも楽しめるので
「4つのリスニングスタイル」で楽しめるヘッドホンだと言える。

1.ワイヤレス(Bluetooth)+デジタルノイズキャンセリング
2.ワイヤレス(Bluetooth)
3.付属ヘッドホンケーブル(約1.5m)を使ったデジタルノイズキャンセリング
4.付属ヘッドホンケーブル(約1.5m)を使った通常ヘッドホン
の4通りのスタイルで音楽を楽しめます。


image

(訂正)
有線接続でハイレゾ音質で楽しむ場合、「MDR-100ABN」では
microUSB→3.5mmの専用の付属ケーブルでしか対応しなかったが、

※MDR-100ABNでも普通の3.5mmヘッドホンケーブルでも対応します。<(_ _)>

MDR-1000X」では有線接続に通常の3.5mmのヘッドホンケーブルで接続する。
付属のヘッドホンケーブルのステレオミニプラグには金メッキが施されています。
接続の汎用性は高くはなったが、バランス接続には非対応。
上写真は付属品で、航空機用のオーディオジャック変換プラグも付属するのが分かる。
付属のケースに収納する際も変形してコンパクトに納められる。


image

3.5mmステレオミニプラグにヘッドホンを接続したイメージ。


image

グレーベージュのケースと収納イメージです。


image

microUSBケーブルで充電でき、
端子はカバーなく、むき出しで充電の際の手間が少なく便利ですね。


image image
HKW マグネット式充電ケーブルセット マイクロUSB用

余談だが、以前も説明したことがあるんですが、最近僕は
microUSB端子に接続しっぱなしのマグネットUSBケーブルにハマっていて、
XperiaやWi-Fiルーターなどに常時取り付けてて、
ケーブルを近づけるだけでマグネットで勝手にくっつくので超便利に使っています。


image

これを「MDR-1000X」に差し込めんでおけば、少しだけ出っ張りますが、
端子を痛めることなくマグネット充電ができるので、充電が超便利なんですよねぇ~。
すみません、余談でした(汗)


image
ハイレゾ音源のディテールを忠実に再現する「S-Master HX」
ハイレゾ音源に対応した「S-Master HX」を搭載。


image

ハイレゾ音源の再生帯域におけるノイズ除去性能の改善により音質を向上させました。
小音量から大音量までディテールを維持した高音質を実現し、
迫力ある低音のエネルギー感やスピード感とともに、繊細な空気感までリアルに再現。
CDよりも豊富な情報量をもつハイレゾ音源を、心震える臨場感で体感できます。


image

CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に。「DSEE HX」も搭載。
CD音源(44.1kHz/16bit)やMP3などの圧縮音源の高音域を補完するとともに、
サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、
ハイレゾ相当の音質(最大96kHz/24bit)に変換。
ハイレゾ音源に対応していないスマートフォンや音楽プレーヤーでも
ハイレゾ相当のクリアで躍動感のあるサウンドを楽しめます。



それでは次に、
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を見ていきましょう!

image

ユーザーの装着状態に合わせてノイズキャンセリング機能を最適化する
「パーソナルNCオプティマイザー」


ヘッドホン装着後にNCボタンを長押しすると試験信号音を再生し、
装着時の個人差(髪型、メガネの有無、装着ズレなど)を数秒で検出。
ユーザー一人ひとりに合わせてノイズキャンセリング特性を最適化します。
これにより、装着状態の差分によって
ノイズキャンセリング性能を存分に発揮しきれないという事をなくし、
ベストなノイズキャンセリング効果を実現します。


image
より静かな環境で音楽を楽しめる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」

ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、
プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化、
DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、
フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、
騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。
より静かな環境で、よりクリアな音楽再生が可能となりました。


image

周囲の騒音に適したモードを自動で選択する
「フルオートAIノイズキャンセリング機能」

キャンセル量をコントロールするフィルター回路をデジタル化してソフトウェアで制御し、
フィルター特性の切り替えを可能にしました。ヘッドホンが常に周囲の騒音を分析し、
3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択。
環境が変わって騒音が変化しても自動でモード変更してくれるので、
常に最適な環境でクリアなリスニングを楽しめます。

image

遮音性を高めたイヤーパッド
イヤーパッドの表面には柔らかく伸びがよい合皮を、
内部には人の頭の形に追従しやすい低反撥ウレタンを使用することにより、
頭部の凹凸にイヤーパッドがフィット。
高い気密性を実現することで、遮音性を向上させます。
また、吸放湿性を有する合皮を採用することで、
装着時に蒸れにくく快適な付け心地を維持します。
イヤーパッドのデザインもかなり変えてきてて、縫い目が見えないデザインになっていますね。

image

NW-100ABN」では
ヘッドホンはこのように回転させてフラットにすることができなかったので
「NW-1000X」ではうれしい機構ですね。外した時の置き方がこれで安心です。
NFCは右側のイヤーカップ(左耳側)に搭載。


image

あとハンガーヒンジの可動域が広く、自由な形状に用途に合わせて変えられる。







image

こうやって大きく見ると質感がよくわかりますね。
ポップなh.earシリーズから抜け出した、上質なプレミアムなヘッドホンですね。


image

ドライバーユニットサイズは40mmで、専用設計のHDドライバーを採用。

image
ハイコンプライアンス化により低域再現性を高めつつ、
可聴帯域を超える40kHzまでの高域再生が可能な
40mmHDドライバーユニットをMDR-1000X専用に開発。
軽量CCAWボイスコイルを用いることで高域でのリニアリティの高いレスポンスを実現します。

アルミニウムコートLCP振動板
振動板材料として理想的な特性を持つLCP(液晶ポリマー)にアルミニウム薄膜をコーティング。LCPとアルミニウムの相互作用により全帯域で高くフラットな内部損失特性を実現し、色付けのないクリアな中高音を再生します

h.ear on Wireless(MDR-100ABN)と比べた仕様比較です。

 MDR-1000XMDR-100ABN
Bluetooth
(コーデック)
Ver4.1(SBC、AAC、aptX、LDAC)Ver4.0(SBC、AAC、aptX、LDAC)
ドライバーユニット40mm ドーム型
CCAWボイスコイル採用
感度・対応インピーダンス
(有線接続、電源ON時 1kHzにて)
103dB/mW
46Ω
103db/mW
32Ω
感度・対応インピーダンス(有線接続、電源OFF時 1kHzにて98dB/mW
16Ω
97dB/mW
16Ω
マグネットネオジウム
周波数特性(有線接続)4Hz-40,000Hz5Hz-40,000Hz
コード長1.5m1.2m
電池持続時間約20時間(NCオン)
約22時間(NCオフ)
約20時間(NCオン)
約22時間(NCオフ)
充電時間約4時間約6時間
質量約275g約290g



バッテリー性能は同じだが、充電時間がかなり短縮されている。
ヘッドホン自体の重さも軽量化されている。


image

イヤーカップ右側(左耳用)には、
電源ボタンや、ノイズキャンセル(NC)、AMBIENT SOUNDのボタンが用意されていて
オン・オフが簡単に行えるようになっています。
ボタンに出っ張りを長さで判断ができるようになっていて、すぐに慣れることができそう。

音楽を楽しみながら周囲の音も聞くことができる
「外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)」

ヘッドホンの外側に配置しているマイクで、周囲の音を取り込むことができる機能です。
シーン別に使い分けができる2つのモードを搭載。

image

ノーマルモードでは、音楽を聴きながらも環境音をまんべんなく取り込むことができるので、
周囲の音に注意しながら音楽を楽しむことができます。
ボイスモードでは、不要な騒音は低減しつつも、
特に人の声をピックアップして取り込むことができるので、
駅や空港などのにぎやかな場所でも、音楽に浸りつつもアナウンスに気付くことができます。


image

電車内のアナウンスなどをすぐに聞きたい時に便利な
「クイックアテンションモード」

右側のハウジングに搭載された
タッチセンサーコントロールパネルの全面を手で触れている間のみ、
一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする機能。
たとえば、緊急のアナウンス時などに周りの状況をすぐ把握したい場合や、
コンビニでの会計などでとっさに会話をする際に効果的です。

それでは進化した外音を取り込んだりしている
「アンビエンスモード」を利用した動画をご覧ください。



Sony MDR-1000X headphones: Noise cancelling beyond compare

そうそう、これですよ!
外音取り込み機能の「アンビエンスサラウンド」機能や
「クイックアテンションモード」なんて近未来的な機能ですよね!
この2つの機能があれば田舎者の僕でも電車や飛行機なんかでの利用で
ヘッドホンを付けたままの行動することができるのか?
でもかっこよくやってみたいなぁ~(笑)


image
新開発テクノロジー”SENSE ENGINE”

“SENSE ENGINE”とは、
音楽や周囲音といった「すべての音」の聴き方を、
ユーザーの好みに合わせてデザインできる、
ソニー独自の音声信号処理技術や解析技術を統合したテクノロジーです。
パーソナルNCオプティマイザー、外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)、
クイックアテンションは、“SENSE ENGINE”により実現されています。

ハンズフリー通話にも対応している。



Sony MDR-1000X noise-cancelling headphones

ソニーヨーロッパの公式でアップされている動画にはもう一つあって
ここでは具体的なジェスチャー操作が動画で見ることができました。


image

耳元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作

ハウジング部のタッチセンサーコントロールパネルを使って
スマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、
さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作も可能です。
また、「Siri」 や 「Google Now」 といった
スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応。
スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、
電話をかけたり音楽を再生したり、
天気予報などのちょっとした調べ物をすることも可能です。


image

この女性がジェスチャー操作しているように
イヤーパッド左側(左耳用)にはタッチセンサーが搭載されていて、
左右で曲送り・戻りや上下でボリューム調整ができるようになっていてすごく便利そうです。


image
いかがでしたか?
いや~ハイレゾに対応したノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホンが欲しくって
でも欲しいものだらけで なかなか買えないんですが、
h.ear on Wireless 「MDR-100ABN」の+5,000円で
このヘッドホンが買えるんだったら、ウォークマンA30の次に狙ってみたいなあ~。
30万円の高級ウォークマンが買えない分、ワイヤードでのリスニングとして、
HAP-Z1ES」+「TA-A1ES」の組み合わせに、
フラッグシップヘッドホン「MDR-Z1R」で楽しむってのもしてみたいし、
これじゃいくらお金がいくらあっても足りませんね。

なので手ごろに買えるところから手を出してしまいますが、
このヘッドホンも一般大衆向けに超おすすめなヘッドホンですよ!
ぜひおひとついかがですかな?



imageimage(10/29発売) image
▼ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
MDR-1000X:39,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN A30シリーズ ハイレゾ対応ヘッドホン付き
NW-A35HN(16GB):28,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
NW-A36HN(32GB):33,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
NW-A37HN(64GB):43,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN A30シリーズ ヘッドホンなし
NW-A35HN(16GB):21,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage image
▼ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go」
SRS-HG1:27,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
世界最小ハイレゾワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-HG1」スペックレビュー!
h.ear go 「SRS-HG1」用 吉田カバン製オリジナルスピーカーケースを限定発売
マジ凄いわ!世界最小のポータブルハイレゾスピーカー「SRS-HG1」開梱レビュー!!
世界最小ハイレゾスピーカー「SRS-HG1」を使って「ハイレゾ音質」での楽しみ方を...


imageimageimage
▼h.ear in Wireless
MDR-EX750BT:20,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
ハイレゾ対応のBluetoothヘッドホン発表!「MDR-100ABN」「MDR-EX750BT」
やっぱいい感じ!h.ear in Wireless「MDR-EX750BT」 開梱・外観フォトレビュー!

imageimage image
▼ステレオヘッドホン 「h.ear on」
MDR-100A:21,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
【ソニーストアレポート】 新型WALKMAN 「A20シリーズ」&「h.ear」同色カラーヘッドホン
WALKMAN A20シリーズと合わせたいデザイン性に優れた「h.ear on」ヘッドホン「MDR-100A」開梱・外観フォトレビュー!




imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1Z:299,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典
ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!徹底スペックレビュー!

imageimage(10/29発売) image
▼WALKMAN WM1シリーズ image
NW-WM1A:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!
ソニーストアだけの購入特典
ウォークマン史上最高傑作!「WM1Z」「WM1A」が国内発表!徹底スペックレビュー!

imageimage(10/29発売)
▼リモートコマンダー
RMT-NWS20:4,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image


imageimage(10/29発売) image
▼プレミアム ステレオヘッドホン image
MDR-Z1R:199,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※期間限定:24回まで分割金利手数料0%、買い換え応援キャンペーン!


imageimage(10/29発売) image
▼DAC内臓ヘッドホンアンプ
TA-ZH1ES:250,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/29発売) image
▼ヘッドホンケーブル 4.4mm5極
MUC-B20SB1:25,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

image
ソニーストアだけの購入特典







imageimageimage
▼VAIO C15
VJC1511:66,800円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
※「イエロ/ブラック」のみ現在発売日未定
image
VAIO C15購入者特典!先着でVAIOオリジナルマグカッププレゼント!

▼関連ブログ
個性的なデザインカラーを採用した「VAIO C15」が発表!徹底スペックレビューだ!
VAIO C15「イエロー/ブラック」がピカチュウカラーに見える!天板サンプルをチェック!
VAIO C15 購入者限定 先着特典のオリジナルペアマグカップをご紹介!
VAIO C15 徹底レビュー!開梱・外観フォト・設定・ベンチマークテストなど...
VAIO C15徹底解説!SSD換装や回復ドライブの裏技をご紹介!


imageimage
▼VAIO Z
VJZ13B1(フリップ):199,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VJZ1311(クラムシェル):156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z キャンペーン
--------------------------------
>「第二世代ハイスピードSSD 512GB」が通常より【20,000円】お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
VAIO買い替えキャンペーン!最大10,000円おトク!(8/1(月)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
▼当店ブログ記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
新VAIO Z 「フリップモデル・クラムシェルモデル」店頭展示開始!開梱レビュー!
恐るべしグラフィック能力!Skylake搭載「VAIO Z」各種ベンチマークテスト!

↓VAIO Z の新コンテンツも要チェックです!
image image
VAIO Zの価格が高い7つの理由
魅せる仕事術を実現するVAIO Z(フリップモデル)



imageimage
▼VAIO ZCanvas
VJZ12A1:319,800円+税~ → 
詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO Z Canvas キャンペーン
--------------------------------
>英字配列キーボードが通常より5,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
EIZO ColorEdge CG248-4K同時購入10,000円おトク!
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
▼当店ブログ記事
image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
良く考えられているよ!「VAIO Z Canvas」のキーボードが地味に凄い!
「VAIO Z Canvas」実機レポート!完全スペックレビューだ!
お待たせ!「VAIO Z Canvas」開梱・外観フォトレビュー!



imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:109,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S11 キャンペーン
--------------------------------
>第二世代ハイスピードSSD512GBが通常より20,000円お得!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!
VAIO S11におすすめな HDMI出力搭載 USB Type-Cハブをご紹介。



imageimage
▼VAIO S13
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S13 キャンペーン
--------------------------------
>タッチパネル搭載が通常より13,000円お得なキャンペーン!(9/30(金)9時まで)
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
--------------------------------

▼当店ブログ記事
「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!
ビジネスストレスフリー「VAIO S13」開梱レビュー!(外観フォト・ベンチマークテスト)



imageimage
▼VAIO S15
VJS1511:89,800円+税 → 詳細・ご購入はこちらから
image image image

VAIO S15 キャンペーン
--------------------------------
ウイルスバスター3年版が3か月延長+1,000円OFF!(9/1(木)9時まで)
>ストアオリジナルキーボードウェアが同時購入でおトク!
--------------------------------
image

▼当店ブログ記事
恐ろしく高性能ノートPCに進化した「VAIO S15」開梱レビュー!(ベンチマークテスト)
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!交換パーツや内部構造など見てみよう!




image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。