So-net無料ブログ作成
検索選択

【レポート】PS4ゲーム「Horizon Zero Dawn」 × BRAVIA Z9Dのトークイベントに参加してきました! [PS4]


image

昨日ソニーストア大阪で行われたトークイベント
PS4ゲーム「Horizon Zero Dawn × BRAVIA Z9D」に参加してきました!
4K HDRが生み出すこれからのリアル映像表現を体験したので
レポートでお届けしたいと思います。

トークイベントにはブラビア企画担当の武上有里さんと
SIEのローカライズプロディーサーの浦野圭氏が4K HDRの凄さを語っていただきました。

ちなみにゲームで4K HDRを体験するにはPS4 Proが必要となるのと
テレビも4K HDRに対応したテレビが必要となります。

BRAVIA Z9DシリーズBRAVIA X9350DシリーズBRAVIA X9300DシリーズBRAVIA X8500DシリーズBRAVIA X8300DシリーズBRAVIA X7000Dシリーズ

今発売している現行モデルは全て4K HDRに対応しています。

KJ-75Z9DPS4 Proimage

今回トークショーで使ったBRAVIAはフラッグシップモデルで
唯一「バックライトマスタードライブ」を搭載した「Z9Dシリーズ」の75V型を使用。
現時点で最もHDRのクオリティの高いテレビとなります。
PlayStation 4 Proを使って、ゲーム「Horizon Zero Dawn」の4K HDRでの体験です。



そもそもHDRとは何かっていうと
ハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)の略で
これまでのSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に対して
輝度のダイナミックレンジ(表現可能範囲・明暗差)を拡張することにより
映像を実態の見た目に近づけることができる技術。
一般的に「きれいな色」の多くは輝度が高く、
例えば青い空や花火などはHDRにより再現可能となる典型例であり、
肉眼で見ているかのような奥行感や立体感のある映像を創出します。


image

続いて、ブラビアの商品企画担当の武上さんが
まずはHDRについて説明してくださいました。

HDRはコンテンツが輝度の情報(明暗差)を多く持った規格で、
現在のテレビやブルーレイなどの通常SDRでは
明暗を100nitという輝度幅まで圧縮して用いられて、
HDRになると、その100倍の10,000nitの情報が扱えるという。

ちなみに10,000nitって言われても正直ピンとこないと思うんですが、
我々が日常で感じる太陽の光や金属感は20,000~30,000nitになるようです。

なるほど、かなり日常感じることのできる輝度情報まで
HDRは情報量を持っているということですね!

なのでこの情報量をいかにハードウェア側でで忠実に再現するかが
テレビの性能にかかわってくるんですよね。


image

ということで、
現時点では直下型LED部分駆動のバックライトマスタードライブを搭載し、
完全独立駆動型LEDバックライト一つ一つを精緻なコントロールを実現する
「X1 Extreme」を搭載しているブラビア「Z9Dシリーズ」が
4K HDR対応ゲームをプレイするうえで最も優れているということになります。


image

ほんとこのテレビはほかのテレビと比べて、
同じ映像を映し出し比較すると、立体感・奥行き感がまるで違ってきます。
ましてや4K HDRという膨大な情報量をもとに比較すると明らかに違いが判ります。
これは実際に目で見ていただいて比較していただければなと思います。


image

浦野氏は今回「Horizon Zero Dawn」の制作会社「ゲリラゲームズ」のソフトを
日本でも楽しめるように日本語化や国内販売できるように橋渡しなどを
行っているようで、このゲームのやり込み感は半端なく、
この斜め横の近接の視点からでも超絶操作で
ゲームの説明をしてくださいました。
普通あんな態勢から75V型の大画面を近接距離で見ながら
フィールド内ぐるぐる動きまわると
気持ち悪くなると思うんですが...マジ鉄人ですよね(笑)


image

ゲリラゲームズはリアルなゲーム作りにとことんこだわってる会社で、
この「Horizon Zero Dawn」はゲームを無理に楽しまなくっても
この美しい世界観を楽しむというだけでも感動できるゲームとなっています。

上写真のも背景の草花がゆらゆらと動いていて
ほんとリアル感がハンパないですよね。

それが4K HDRで明暗差が人間の目でみてるような雰囲気の映像処理で
よりリアル感が表現できています。


image

ゲームを少し説明すると、
-------------------------------
1000年前、世界は大災厄に襲われ、闇に包まれた。
やがて大地は変化し、地球は動物の姿を模した機械たちに支配される。
かつて存在した文明に一体何が起きたのか?
なぜ地球上に機械の生物たちが存在するのか?
熟練ハンター「アーロイ」となり
古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し
忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かそう。
-------------------------------
という内容のゲームです。

ゲーム制作側のPV映像も用意されているので
このゲームのこだわり作りこみを是非チェックしていただきたい。


『Horizon Zero Dawn』「新たな高みを目指して」映像


image

話をトークショーに戻して、
ほんとゲームでの4K HDRの凄さをこのイベントで初めて体験できました。
PS4持ってるけど、PS4 Proがやっぱり必要ですね。
この違いを見てしまうと戻れなくなるって話を聞いたけど納得できました。


image
↑(HDRオフ)

こちらはゲーム画面をポーズした状態で
ゲーム内の設定でHDRオフにした状態。
とくにこれだけを見れば単純に奇麗な映像だなぁ~って思える。


image
↑(HDRオン)

そしてこちらがHDRオンにした状態。
先ほどのHDRオフの写真と比べると
白飛びしている部分が増えているように見えますが、
これは僕が撮影しているカメラの関係で、
それだけ白とびで移ってしまうくらい輝度が高く、明暗差がよりはっきりして
立体感が半端なく違ってきます。
HDRオフの写真が、のぺぇ~って見えるほどに(笑)
これはやばいですねぇ~。


image

この炎のシーンでも武上さんが説明してくれましたが、
やはり炎のシーンは一番輝度が高い部分が出てくるので
しっかりと階調表現ができているのがHDRの特徴だと。
ソニーの場合は信号処理できっちりとコントロールすることに長けていて、
他社と比べても一番明るい部分の階調表現なんかは
ソニーならではの技術のすばらしさだといわれていました。

あと、ゲーム自体HDRに対応しているので
開発側のからすれば実際に見てほしいのはこのHDRでの表現なので
開発会社のゲリラゲームズさんが
ゲームの告知などでイベントを行う際には
ぜひZ9Dシリーズを使ってほしいとまで言われているようで
今回このようなイベントが実現しています。


image

浦野さん自身も自宅ではZ9Dの次に綺麗な
BRAVIA「X9350Dシリーズ」を使われていて、
こちらはエッジ型LEDバックライト部分駆動でとても綺麗なテレビです。

BRAVIA X9350DシリーズPS4 Proimageサウンドバー「HT-ST9」

でも正直「Z9Dシリーズ」と画質で比べてしまうと雲泥の差なんですよね。
たぶん浦野さんは「Z9Dシリーズ」が発表される前に買われたんでしょうね。
まぁお値段がお値段なだけに気軽に手が出せないのも現実ですが、
この「X9350Dシリーズ」はやはりテレビ単体での音のクオリティが高く
迫力のあるサウンドで楽しめるのも捨てがたい機種ですよね!
浦野さんはさらにサウンドバーの「HT-ST9」と組み合わせて
バーチャル7.1chサラウンドで楽しめれているとのことでした。
とにかく3Dサラウンドにも対応しているので
敵がどの方向にいるのかなどは音でも把握ができるとのこと。
ヘッドホンででも楽しめるなど、映像だけでなく音にもこだわったゲーム作品となっている。

このトークショーのコーナーでは
BRAVIA「Z9D」とサラウンドはアンプに「STR-DN1070」を使用し、
フロント2本リア2本の4.1chで楽しんでいただけてますって言ってたけど、
5.1chではないんかい!って突っ込んでしまいそうでしたが、
フロントスピーカーをテレビのスピーカーで賄っているような気がしたので
5.1chでつかえているのかな(笑)

いやぁ~ほんとゲーム×ブラビアという
初のトークショーに参加してみたけど楽しかったですね。
やっぱり、その商品に携わっている方々に説明を聞くとすごく納得できます。
僕はテレビまでは衝動買いしませんが、(いちおう4Kテレビ持ってるんで)
PS4 Proにやっぱ買い替えたいって思っちゃいました。
またどこかのタイミングでコラボ刻印モデルとか出てこないかな(笑)
PS4 Proは4K HDRだけでなく、処理落ちしてたシチュエーションでも
問題なく快適に動作することや、ゲームの起動速度、
やっぱりPlayStationVRでの解像感の向上など恩恵はたくさんあります。
これから購入を検討の方は確実にPS4 Proをお勧めします!
だってね、いつか4Kテレビに買い替える方は
間違いなく4K HDRで楽しめますからね!(笑)


image

ソニーストア大阪では「Z9Dシリーズ」以外のテレビとでも
PS4 Proを使った「Horizon Zero Dawn」の
4K HDR画質を見ていただける展示を行っています。


image

僕もイベントが終わってからここで少しプレイしてみて、
このゲームはぜひ楽しんでみたいと思い速攻でポチってしまいました(笑)
いやぁ~それにしても同じ4K HDRでも、
Z9Dシリーズの部分制御による恩恵なのか、立体感がやっぱ違いますね。

そういえば、今回のイベントでソニーストア銀座でのトークショーの際に
Z9Dをお買い上げいただいたとか。世の中には凄い人もいるもんですね!
あと100インチも思ってたより注文をもらっているようで好調のようです。
でもさすがに注文もらったら本当か確認しちゃうようですが...(笑)
当店も去年の年末の売り出しで65V型のZ9Dを買っていただいてて、
PS4 Proを薦めてみようかなと思いました。
こんないいテレビ持ってたら通常のPS4ならもったいないですよね!
あと当店店頭でも65V型のZ9Dを展示しているので、
最高峰のテレビの画質をご覧いただけます。


image

「Horizon Zero Dawn」は
ゲームソフトとしては最高峰のクオリティなので、
ぜひPS4 Proで4K HDRで楽しんでいただければなぁと思います。
またこんなゲーム関連とのコラボトークショーがあればぜひ参加してみたいですね。
いい体験をありがとうございました!


▼おまけ
image

とにかくこのゲームの制作者達のこだわりか、
OPTIONボタンを押すとメニューが出てくるんだけど、
ここに「フォトモード」っていうのがあって、
これがまたカメラ好きにはたまらない機能でした。


image

「フォトモード」を選択すると、画面は一時停止状態で、
360度ぐるぐると画角が変えられます。
さらに「写界」は焦点距離的なものでカメラロールは画面の回転。
ピントの深度や絞り値を変えて背景をボカしてみたり
ホワイトバランス的なものも変えられるのと、フレーム加工や
タイトルインサートも可能。instagramようにスクエアにすることもできます。
とにかく、感動できるシーンをカメラ操作で絵作りして
それをSNSで投稿できるっていう凄いモードを搭載しています。

百聞は一見に如かず
僕のプレイ動画でフォトモードを動画でシェアしてみたのでチェックしてみてください。



Horizon Zero Dawn?_フォトモード

ねっ!凄いでしょ!
またもっと感動できる場面があればいろいろ残してみたいと思います(笑)

これってもしかしたら、カメラセミナーに使えるじゃないか!って思いました。
これなら絞りやら焦点距離のイメージなど分かってもらえそうですね!
またいつかカメラセミナーで活用してみたいと思います(笑)

それにしても「EASY」モードで楽しんでるがそれでもムズイ...
いつのまにかゲームプレイがどんくさくなってるな...(泣)


最後に今回紹介した商品です。
もしご購入を検討されているのであれば
以下のリンクよりご購入いただければ幸いです。
よろしくおい願いいたします。

image
▼BRAVIA 4K 「Z9Dシリーズ」imageimage(基本設置サービス無料)
KJ-100Z9D(100V型):7,000,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
※本商品は大型商品のため、
ご購入前に設置場所・納品経路などの事前確認(下見)が必要です。
上記「?選択する」より「大型テレビ配送前お問い合わせページ」で
事前確認(下見)の申し込みをお願いします。
なお、ご注文にあたり事前確認(下見)がお済みでないお客様からの
本製品のご注文はお受けできません。

KJ-75Z9D(75V型):1,000,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

KJ-65Z9D(65V型):699,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage
▼PlayStation4 Pro
CUH-7000BB01:44,980円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image




image image
大人気コラボ商品WALKMAN Aシリーズ「ソードアート・オンライン アスナ Edition」WALKMAN Aシリーズ「ソードアート・オンライン キリト Edition」h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)「ソードアート・オンライン キリト Edition」h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)「ソードアート・オンライン アスナ Edition」


image image
【コラボ商品】劇場版ソードアートオンラインの刻印サンプル展示中!


▼コラボ商品
カゲロウデイズ 刻印モデルウォークマンSシリーズ NW-S14 SNOOPY’S FRIENDS COLLECTIONウォークマンSシリーズ NW-S14K SNOOPY’S FRIENDS COLLECTIONPS4 ProPS4 Pro

image image


▼1月~3月に発表された新商品

WALKMAN Aシリーズ「ソードアート・オンライン キリト Edition」WALKMAN Aシリーズ「ソードアート・オンライン アスナ Edition」h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)「ソードアート・オンライン キリト Edition」h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)「ソードアート・オンライン アスナ Edition」ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「MDR-XB950N1」ワイヤレスステレオヘッドセット「MDR-XB650BT」
ステレオヘッドホン「MDR-XB550AP」ステレオヘッドホン「MDR-XB510AS」ステレオヘッドホン「MDR-XB510AS」ステレオヘッドホン「MDR-AS210」UHS-II対応SDカード「Gシリーズ」UHS-II対応SDカードリーダー「Gシリーズ」対応
カゲロウデイズ 刻印モデルFE 100mm F2.8 STF GM OSSE 85mm F1.8「SEL85F18」E 85mm F1.8「SELP18110G」ガイドナンバー45「FVL-F45RM」KOOV アドバンスキット
KOOV スターターキットKOOV 拡張パーツセットサウンドバー「HT-MT500」サウンドバー「HT-MT300」


▼おすすめ製品





▼VAIOラインナップ
VAIO ZVAIO S13VAIO S11VAIO S15VAIO C15
VAIO Z フリップ 勝色VAIO Z クラムシェル 勝色VAIO S13 勝色

▼VAIO店頭限定特典!
image[8] image[14]


▼ソニーストア購入特典
image image

image image

VAIO購入特典の「VAIOロゴ入り」オリジナルPCケースとオリジナルマウスをご紹介




ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

-------------


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

あき坊

こんばんは。
痛PS4 Proがいいですな^^
しかし、すごい時代になったものですね~。

by あき坊 (2017-03-20 23:51) 

taku

あき坊さん、こんばんは。
痛PS4 Proがありましたか!
それなら纏龍子で(笑)
それにしても4K HDRすごい時代がやってきましたね!
by taku (2017-03-21 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0