So-net無料ブログ作成
検索選択

【開梱レビュー】空間光学手ブレ補正搭載4Kアクションカム「FDR-X3000R」を開梱レビュー! [FDR-X3000R]


image

空間光学手ブレ補正搭載4Kアクションカム
FDR-X3000R」を個人的に購入したので開梱レビューしたいと思います!
発売してから1年経っている商品ですが
凄く完成度の高いアクションカムなのでついに手に入れちゃいました!

imageimageimage
▼デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム
FDR-X3000R(キット):64,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
FDR-X3000(本体のみ):49,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
アクションカム「FDR-X3000R」におすすめのアクセサリーのご紹介。
「FDR-X3000R」防水性能・水中撮影。子供たちと過ごした夏休みのプール。


今更?って突っ込みは無しで温かい目で見守ってください(*^▽^*)
それでは行ってみましょう!



image

購入したのは、本体+ライブビューリモコンキットだけでなく、

・シューティンググリップ「VCT-STG1
・MCプロテクター「AKA-MCP1
・フィンガーグリップ「AKA-FGP1

も合わせて購入しました。


image

まずはアクションカム本体から開梱。



image

箱がディスプレイになる梱包がされていますね。


image

付属品はすべてここに収納。


image

箱からそのまま取り出した状態。それぞれビニールでくるまれている。


image

これがすべての付属品です。


image

まずはアクションカム本体から。
梱包時はこのように60mまで対応した防水ハウジングにセットされています。


image

個人的には60mまで潜ることがないので
ほぼ本体のIPX4相当の防滴ボディで十分かなと思います。

でも水に潜る際は防水ではないので
必ずこの防水ハウジングが必要になるので注意です。


image

ロックはここから外します。


image

こんな感じで開いて、あとは本体を取り出すだけ。



image

この防水ハウジングは全ての操作ボタンが操作可能なので
コンパクトで便利そうですね。


image

アクションカム本体は、本当に小さいですね!
これで4K動画が撮れるのと、空間光学手ブレ補正で
かなりブレを抑えた動画が撮れるのは凄いですよね!


image

それでは外観レビューです。真正面から。
カメラの下にはステレオのマイクがあります。


image

正面向かって右サイド。
ここは蓋を開ければバッテリーが収納できるようになっている。


image

正面向かって左サイド。
液晶画面や操作ボタンなどがある。


image

背面です。
左側がバッテリーボックスのLOCK機構や、
右側がHDMI端子、microUSB(MULTI)端子、マイク入力端子などが
隠されている端子カバー。
下部にはストラップホールドが備える


image

上部は録画ボタンや電源ボタンがある。
録画ボタンの上には状態インジケーターランプが用意されていて、
録画中なのかどうかの状況判断ができる。


image

下部です。
microSDカードなど、メモリーカードスロットの端子カバーと
三脚が直接取り付けられる三脚穴がよういされています。


image

それではバッテリーの取り付け。
バッテリーはインフォリチウムXバッテリー「NP-BX1」を使用。
僕は初代アクションカムも持っているのと、
RX100M2とで3本分は確保できているので安心です。


image

防滴なのでしっかりとパッキンされたカバーとなる。


image

バッテリーを入れる方向はこの方向。
うっかり間違って無理やり入れようとすると壊れそうな気がするので
しっかりと覚えておこう。

image

それでは電源ON。


image

最初の初期設定で、時計などを設定します。


image

設定が終わると液晶画面に、現在の状況などがしっかりと表示される。


image

続いて、メモリーカードスロットにメモリーを挿入。
microSDやメモリースティックマイクロに対応。
僕は容量64GBのmicroSDを使用。

4Kでも最高画質&最高ビットレートの
XAVC S(100Mbps)で撮りたかったのでUHS-I U3以上のカードが必要となる。
差し込む向きも覚えておこう!
この向きで挿さないとメモリーカードが認識しないので、
認識しない際は向きを確認しよう。

これでアクションカム本体の撮影準備は完了だ。


image

続いてライブビューリモコンです。コンパクトで防水仕様。


image

こちらが付属のライブビューリモコン用の充電器。


image

ここにスライドさせながらセットしてロックします。


image

付属のmicroUSBケーブルでUSB充電が可能です。
充電してる間はインジケーターランプがオレンジに点灯して、
充電が完了すると消灯する。


image

続いてライブビューリモコンを腕時計型のベルトで使用できる
付属のベルトの紹介。


image

まずは腕につける前にライブビューリモコンをセットします。
写真のスライドスイッチをスライドしながらリモコンをセットすると
カチッって装着できます。


image

ベルトも防水仕様なので、
これを付けたままプールや海で使用が可能です。


image

このように時計感覚で装着できる。
僕は手首が超細いのであまりに合わないのが悲しい(*^▽^*)


image

ライブビューリモコンも独自で時計合わせが必要。


image

セットアップが完了すれば、アクションカムの電源も入れて接続してみる。
ライブビューリモコンセットを購入しているのですんなりと映像が表示される。


image

映像表示に加えて、電池残量や撮影モードなど、
情報がしっかりと表示してくれる。
アクションカム本体の電池残量と、ライブビューリモコンの電池残量が
同時に表示されるのですごく便利ですね!


image

アクションカムの設定も、
このライブビューリモコンで楽々行えるのが便利でした。
まずは「MENU」ボタンを押します。


image

正直タッチパネルだと便利なのに!って思ったが、
防水性能もあって、誤操作しないようにしっかりとボタン操作で設定が行えます。
慣れれば簡単なのでこれはありでした。


image

動画・写真・タイムラプスなどの設定や切り替え、
やっぱスマホよりは専用のライブビューリモコンの方が安心して操作できますね!


image

こちらが付属のマウントアダプター。
ライブビューリモコンが装着できるようになっているのですが、


image

裏には三脚穴が用意されていて、いろいろな用途で使えそうですね。


image

こちらは専用のバックル。
他のアクセサリーとの組み合わせに使います。
これ単体ではなにも楽しめないので注意です(*^▽^*)
以上で、付属品の紹介も終了です。


image

これはアクションカムで撮影した写真です。
室内で凄く広角に撮影できます。これで17mmのワイド画角。
レンズが小さいので歪曲していますが、
前モデルのFDR-X1000に比べると歪がかなり抑えられています。
4K動画時も室内撮りがさらに良くなって僕も物欲が沸いていました。
また近いうちに、作例が紹介できればなと思います。


image

いかがでしたか?
次回は僕が揃えたかったおすすめのアクセサリーを紹介したいと思います!


imageimageimage
▼デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム
FDR-X3000R(キット):64,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
FDR-X3000(本体のみ):49,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
アクションカム「FDR-X3000R」におすすめのアクセサリーのご紹介。
「FDR-X3000R」防水性能・水中撮影。子供たちと過ごした夏休みのプール。

・シューティンググリップ「VCT-STG1
・MCプロテクター「AKA-MCP1
・フィンガーグリップ「AKA-FGP1



image image
α9をソニーストア大阪で触ってきたのでストアレビューだ!
付けると超快適!グリップエクステンション「GP-X1EM」レビュー!

imageimage(5/26発売)image 好評発売中!
▼デジタル一眼カメラ「α9」(Eマウントフルサイズ機)
ILCE-9:498,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
※24回分割払手数料0%キャンペーン:2017.7.31(月)11時まで
※残価設定クレジット分割払手数料0%キャンペーン:2017.7.31(月)11時まで


▼話題の新商品&関連製品




▼コラボ商品 image image





▼1月~5月に発表された新商品

 



HDハンディカム 「HDR-CX470」ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「MDR-XB950N1」
ワイヤレスステレオヘッドセット「MDR-XB650BT」ステレオヘッドホン「MDR-XB550AP」ステレオヘッドホン「MDR-XB510AS」ステレオヘッドホン「MDR-XB510AS」ステレオヘッドホン「MDR-AS210」UHS-II対応SDカード「Gシリーズ」
UHS-II対応SDカードリーダー「Gシリーズ」対応FE 100mm F2.8 STF GM OSSE 85mm F1.8「SEL85F18」E 85mm F1.8「SELP18110G」ガイドナンバー45「FVL-F45RM」KOOV アドバンスキット
KOOV スターターキットKOOV 拡張パーツセットサウンドバー「HT-MT500」サウンドバー「HT-MT300」


▼おすすめ製品





▼VAIOラインナップ
VAIO ZVAIO S13VAIO S11VAIO S15VAIO C15

 



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

-------------


nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

あき坊

こんばんは。
今更?って、ウソぴょ~ん^^
いいものですね!

by あき坊 (2017-08-11 21:48) 

taku

あき坊さん、こんばんは。
グサッ!!やっぱ今更?(笑)
ほんとこれがあると気軽に撮ってしまうので良いですね!
最近撮らなくなってた子供たちを動画で残すようになりました!
by taku (2017-08-11 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。