So-net無料ブログ作成
検索選択
新商品レビュー ブログトップ
前の10件 | -

迫力の重低音が楽しめるEXTRA BASS仕様の「MDR-XB950N1」の外観フォトレビュー! [新商品レビュー]


image

3月11日に発売したEXTRA BASSを採用した
ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-XB950N1」を
ソニーストア大阪で見てきました!

imageimage
▼ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
MDR-XB950N1:26,880円 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

外観フォトレビューをしてみたいと思います。

続きを読む


【レビュー】コンパクト化でも光量アップ!電波式ワイヤレスフラッシュにも対応した「HVL-F45RM」レビュー! [新商品レビュー]


image

「HVL-F43RM」に比べ、コンパクト化でも光量アップ!
電波式ワイヤレスフラッシュにも対応した「HVL-F45RM」が登場!
スペックレビューしたいと思います!

imageimage(4月発売予定)image image
▼フラッシュ(ガイドナンバー45)電波式ワイヤレス通信対応
HVL-F45RM:40,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image

個人的にはフラッシュを使わないので一緒に勉強したいと思います。
フラッシュが初めての方でもお勉強ができるようにも書いているので
チェックしてみてくださいね!
それでは行ってみよう!

続きを読む


h.ear on × 初音ミク「MIKU MODEL」がやってきたので開梱フォトレビュー! [新商品レビュー]


image

先日、お客様用に注文してた
h.ear on × 初音ミク 「MIKU MODEL」が入荷したので
お客様のご厚意で開梱撮影をさせていただいたのでご紹介したいと思います。
期間限定・数量限定商品で、あと1週間となりました。
気になってた方はお早めに!


imageimage image image image
▼h.ear on(MDR-100A)初音ミクモデル MIKU MODEL
MDR-100A/L/MIKU:23,900円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
(期間限定:2016年10月25日(火)11時まで)


imageimage image image image
▼h.ear on(MDR-100A)初音ミクモデル PRODUCER MODEL
MDR-100A/P/MIKU:23,900円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
(期間限定:2016年10月25日(火)11時まで)

それでは開梱フォトレビューをご紹介させていただきます。

続きを読む


100インチBRAVIAに感動!4K HDRの凄さを体験してきた! [新商品レビュー]


image

ついに先日先行予約販売が開始した
BRAVIAフラッグシップモデル「Z9Dシリーズ」。
100インチが展示されているのは現在ソニーショールーム銀座のみなんですが、
本当に今までのテレビと次元が違うくらい綺麗なテレビに感動しました。
今日はその辺の魅力をお伝えできればなと思っております。


続きを読む


複数のリモコンを一つに、「HUIS」 リモートコントローラーが届いたので開梱レビュー! [新商品レビュー]


image

複数のリモコンを一つに、
「HUIS」 リモートコントローラーが届いたので開梱レビューをしたいと思います!

この電子ペーパーを採用した学習リモコン
「HUIS(ハウス) REMOTE CONTROLLER」がついに一般販売。
ただし、販売はソニーストアで行われず、
同社のクラウドファンディングサイト「First Flight」から
「Yahoo!ショッピング」に飛ばされ購入することができる。
なので当店は直接の取引はないんですよね。

ソニーのようでソニーでない?
ソニーで無いようでソニーという摩訶不思議な商品です。
なぜかって商品に「SONY」のロゴは一つも入ってないんですよねぇ~。

※8/20追記
ついにソニーストアで取り扱いが開始しました!Bluetoothクレードルも新登場です!
imageimage(8/30発売)image image
▼HUIS 学習マルチリモコン
HUIS-100RC:25,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
学習マルチリモコン「HUIS-100RC」がソニーストアで取り扱い開始!Bluetoothクレードルも新登場!

imageimage(8/30発売)image image
▼HUIS Bluetoothクレードル
HUIS-200CR:6,880円 → 詳細・ご購入はこちら
image image
学習マルチリモコン「HUIS-100RC」がソニーストアで取り扱い開始!Bluetoothクレードルも新登場!




それでは開梱レビュー!行ってみましょう!

続きを読む


Olasonicのハイレゾに対応したUSBパワードスピーカー「TW-S9」がソニーストアで販売開始!スペックレビューだ! [新商品レビュー]


image

東和電子製 Olasonicのハイレゾに対応したUSBパワードスピーカー
TW-S9」がソニーストアで販売開始したのでご紹介したいと思います。

imageimage
▼Olasonic ハイレゾ対応USBパワードスピーカー(株式会社 東和電子製)
TW-S9:20,700円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
【同時購入特別価格】TW-S9がVAIO本体と同時購入で【1,000円】おトク!
VAIO本体の購入ページから選択いただく必要があります。(一部のVAIO除く)

付属品:USBケーブル(1m)×1、ステレオミニケーブル(1.5m)×1


それでは細かくスペックを見ていきましょう!

続きを読む


Amazonプライムビデオが楽しめる「fireTVstick」が届いたので開梱レビュー! [新商品レビュー]

image

Amazonプライムビデオが楽しめる「fireTVstick」が届いたので開梱レビュー!
この日は定休日だったのでまったり自宅レビューです。

僕はAmazonのプライム会員ということもあって
この「fireTVStick」が格安(4,980円→1,980円)で購入できました。
↓以前書いたブログがこれ。
自宅のブラビア「X8500B」がNetflixに続き「Amazonプライムビデオ」に対応!

image image image

とりあえず一番手頃な「FireTVStick」にしました。
結果的にはこれでかなり満足でした。
それではソニー製品以外ですが簡単にレビューしたいと思います。


image

開梱です。


image

それにしてもシンプルでパッケージデザインも良いですよね。
4,980円+税で買える商品にしては手抜き感がなく意外に良かった。


image

下にはきっちり付属品が収納されています。


image

付属品です。
・microUSBケーブル
・USB ACアダプター
・HDMI延長ケーブル
・リモコン
・単四電池×2本
・FireStickTV本体


image

これが付属のリモコン。
シンプルだけど必要十分なボタンとなっています。


image

これがスティック型の本体。すごく小っちゃいですよね。
HDMI端子が本体から出ていますね。これを直接テレビに接続します。


image

テレビ側のHDMI端子の関係で、短いHDMIの延長ケーブルが付属しています。


image

つなぐとこんな感じになります。


image

これがUSB ACアダプター。出力は5V、1.0A。


image

でも動かすのに電源が必要なんですが本体にmicroUSB端子が付いていて
付属のmicroUSBケーブルとUSB ACアダプターで電源を確保します。
それではテレビに差し込んで使ってみたいと思います。


image

特に電源ボタンはなく、microUSBで電源を確保すると電源が入ります。
まず最初にリモコン登録作業です。


image

リモコン登録が終了するといよいよです。
言語選択で「日本語」を選択。
次にネットワーク接続設定でWi-Fiに接続します。


image

驚いたのはfireTVstickを買うと
すでにAmazonアカウントが登録されているところ。
便利といえば便利ですよね。
でもくれぐれもプレゼントという形で直送だけはしないほうがよさそうですね。


image

ログインすると最初に使い方ムービーが流れました。


image

ムービーを見終わると機能制限の設定ができ、4桁の数字でPIN設定


image

リモコンでの入力方法はこんな感じで行います。


image

まぁ自宅のブラビアでも「Amazonプライムビデオ」見てるので目新しくはないんですが、
これからはこのスティックを持ち運べば、通信ができるところでテレビの大画面で楽しめます。
これなら実家にプレゼントしてもよさそうな感じです。

プライム会員向けの無料タイトルも増えたので結構楽しめます。


image

ちなみにブラビアとHDMI接続すると、ブラビアリンクが効くようになるので
テレビのリモコンでも操作出来ちゃいます。


image

あとスマホやタブレットに「Amazon Fire TVリモコンアプリ」をインストールすれば
音声検索もできるし便利ですよ。


image

あとHDMI入力できるモニターがあればFireTVstickが楽しめるので便利ですよ。
試しにクリップオンモニター「CLM-V55」と
三脚機能付きシューティンググリップ「GP-VPT1」で組み合わせてみました。
これがまた家のADSL回線の画質に合うんですよね(笑)
パソコンモニターでもなんでもすぐに楽しめるのでほんと便利です。
このブログを書きながら結局8話分のドラマを見てしまった...早よ寝ないと...

「Amazonプライムビデオ」アプリに対応してるテレビならこれは必要ないが、
スティックで持ち運べるという利点はよかった。
これでお店のテレビに僕のアマゾンアカウントを入力しなくっても、
挿し込んでどのテレビでも楽しめますね。
あっ、でも4K動画を楽しむ場合は4Kブラビアにアカウント登録する必要があるか...

ソニーの4Kテレビは「android tv」。
「android tv」にテレビがのっかちゃってるんで、
大型アップデートとがあるとアップデート中30分程テレビが使えない。
なんでこんな仕様に...
本当はソニーさんがこの「FireTV stick」のような商品を作って、
既存のBRAVIAで楽しめるようにしてほしかったかなぁ~って思います。
ある意味そういうメッセージも込めた他社製レビューでした。
Amazonプライムビデオアプリに対応していないテレビをお持ちの
Amazonプライム会員の方にはほんとおすすめですよぉ~。


image image image
image image


image



image
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!


image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
→VAIO Z Canvas(モンスタータブレットPC)

image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









最近話題のリモコン付き "お手元テレビスピーカー"「SRS-LSR100」 開梱レビュー! [新商品レビュー]

image

最近話題のお手元テレビスピーカー「SRS-LSR100」。
早速届いたので開梱・外観フォトレビューをしたいと思います!

imageimage(9/12発売)
▼お手元テレビスピーカー
SRS-LSR100:19,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
便利なテレビリモコン付きワイヤレススピーカー「SRS-LSR100」が登場!! スペックレビューだ!

以前スペックレビューもしているので性能面は↑こちらからどうぞ。

それでは行ってみましょう!


image

まずは付属品の確認。

・送信機(充電クレードル)
・(USB)ACアダプター
・マイクロUSBケーブル(1.5m)
・音声ケーブル(1.5m)
・光デジタルケーブル(1.5m)
・取扱説明書。


image

こちらが「テレビリモコン付きスピーカー本体」と「送信機兼充電クレードル」。
本体を載せるだけで充電できるという便利な仕組みになっています。


image

これがクレードル側の接点です。


image

スピーカー本体の底面には充電用の接点がこのように出ています。



image

これがドッキングした状態です。
パッと見では台に乗せてるイメージはありませんね。
凄く一体感があるように設計されていますね。


image

テレビとの接続は
ステレオミニプラグの「音声入力」か、「光デジタル音声入力」から選べます。
どちらもケーブルは1.5mのものが付属されているのですぐに使えます。



image

電源としては、クレードル側のmicroUSB端子に
付属のmicroUSBからUSB ACアダプターに接続して電源を確保します。

あとはテレビとの接続で一番手っ取り早いのが、
「音声入力」端子に音声ケーブルを接続して、テレビ側のヘッドホン出力に接続します。

image

これが接続例ですね。


image

本体のキャップを外せばmicroUSB端子とヘッドホン端子がありました。
本体に直接microUSBケーブルを挿してUSB充電することも可能です。

あと、ヘッドホン端子も本体に備えているので、手元までワイヤレスで
そこからワイヤードでヘッドホンが楽しめるのも良いですね!


image

ちなみにスピーカー本体の電源は、この丸い大きなボタン。
押し込んだら出てきて、また押し込めば沈んで電源が入ったり切れたりの操作です。

電源が入るとランプが付き、その大きなボタンが回せばボリュームの役割になります。
大きいつまみなので凄く操作しやすいですね。


image

取っ手が付いているのでこのように楽に持ち運べます。
それでは充電クレードルから離して
実際にテレビの音をスピーカーに飛ばして手元で聴いてみましょう。


image

少し離れたソファーに僕が腰かけて、手元に置いて聞いてみたんですが、
凄く声がはっきり聞こえてきて聴きやすいですね!これは良いかも!
特に音が聞こえづらくなった年配の方に最適です!

音声は妨害や干渉に強い2.4GHz帯の周波数を使った無線伝送方式を採用。
送信機から本体スピーカーへの音声遅延がなく、違和感なしで楽しめます。
試しに15mくらい離れたドア越し(隣の部屋)まで持っていって音声が聞こえるか試したら、問題なしで聞こえました。

実はこのテストをしてた時に補聴器を付けられた当店のお客様がご来店されて、
是非聴いてみたいと言われたので聴いてもらったら、すごく気に入ってもらえました!
そのまま注文もいただいていきなり店頭で売れちゃったので、百聞は一見に如かず、是非一度聴いてみてくださいね!


image

あと、ちょっとしたアドバイスですが、普通テレビのヘッドホン端子に接続すると
テレビのスピーカーからは音が聞こえなくなりますよね。
でもソニーのテレビなら、テレビ側の設定で、「ヘッドホン使用時設定」から
「ヘッドホンのみ使用」「スピーカー・ヘッドホン併用」と切り替えることができるので
家族みんなで楽しむときにテレビからも音を流しつつ、
手元のスピーカーで自分はハッキリ聞くというスタイルもとれるので便利ですよ!
他のメーカーのテレビはよくわかりませんが、ヘッドホン関係の設定があるのか確認してみてください。


image

使い終わればクレードルに乗せて充電。置き場所にも困らないので便利ですね。


image

そうそう、テレビリモコン付きなので
手元にスピーカーを置いたらリモコンとしても使えます。
ソニー製のテレビなら何の設定もいりません。そのまま使えます。


image

リモコンの信号は赤外線を使うんですが、
この黒い帯のようなところがリモコンの送信部になるのかな?
広範囲にわたって赤外線が届くので便利ですね。

さらにソニーのテレビで動作するだけでなく、
国内の主要テレビ、CATVボックスメーカーにもしっかりと対応している。
<対応テレビメーカー>
ソニー、パナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱、パイオニア、LG

<対応CATVボックスメーカー>
パナソニック、パイオニア、HUMAX、Nn-mux
※機器によって一部の機能が使えないことがあります。


image

ちなみにスピーカーはこれくらいのサイズ。かなりコンパクトです。


image

SRS-X33」と比べるとこれくらい。


image

他社の類似商品で
「audio-technica」製のスピーカーがあったので比較もしてみました。


image

こちらが充電台の比較。
「audio-technica製も同じように載せるだけ充電ですね。


image

これが充電台に乗せた状態。
audio-technica製の本体は結構大きいですね。


image

取っ手も比較してみました。
ソニー製は取っ手が邪魔にならないように収納できますが、
audio-technica製は収納は不可でした。


image

で、肝心の音比較なんですが、その差は明らか!
断然ソニー製のスピーカーの方がいい音出てました。
とくに声のハッキリ度合いが違ってくるのと、良いスピーカーで鳴ってる感が違ってましたね。
audio-technica製のスピーカーは見た目の感じのいかにもって音が出てました。

価格帯も若干ソニーの方が高いですが、あまりかわらない商品なので、
僕としてはソニー製の「SRS-LSR100」がおすすめですね!
とにかく見た目のデザインからしても断然良いですからね!


image

ほんとスピーカーだけなら高さもなく、転がる心配もないので安心です。


image

いかがでしたか?
ソニーにもいままでこんな感じの商品はありましたが、
リモコンがメインでスピーカーは「おまけ」といった
スピーカ付きテレビリモコンって商品はあったんですが、
見た目もいまいちで音質も適当な商品でしたが、
今回しっかりしたワイヤレステレビスピーカーがメインでリモコンが「おまけ」の良い商品が登場しました。

この手の商品の需要は耳が聞こえにくくなった年配の方のための商品だったのですが、
デザイン的にも機能的にも幅広い年齢層に使える商品だなと実際に使ってみて思いました。

2.4GHz帯を使って障害物をものともしないので、
テレビの音をキッチンでしっかり聴きたい!って主婦の方にもおすすめです。
来週はシルバーウィークで9/21の「敬老の日」のプレゼントにも最適な商品だと思います。
ちょっぴりお高いですが、プレゼントにもいかがですかな?


imageimage(9/12発売)
▼お手元テレビスピーカー
SRS-LSR100:19,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
便利なテレビリモコン付きワイヤレススピーカー「SRS-LSR100」が登場!! スペックレビューだ!



image



image
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!


image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
→VAIO Z Canvas(モンスタータブレットPC)

image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









【ハイレゾ×ノイキャン】WALKMAN A20シリーズ 徹底スペックレビュー! [新商品レビュー]


image

ついにハイレゾ対応したノイズキャンセリングヘッドホン<h.ear>シリーズを同梱した
新型WALKMAN A20シリーズが登場!
今日はこの新機種を徹底スペックレビューしたいと思います。


image
まずは容量により色の種類が変わりますが、
全6色で4機種が用意されています。
左から、ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク、シルバー
ヘッドホンが付属のモデルは、それぞれ同色のハイレゾ対応した
ノイズキャンセリングヘッドホン<h.ear>「MDR-NW750N」の同等品が付属。

少し付属のヘッドホンや別売りのヘッドホン事情が分かりづらいので
まずはその辺を説明したいと思います。以下に商品ラインナップ。

imageimage(10/10発売)image image
▼ウォークマンA20シリーズ(64GB、ヘッドホン付き)
NW-A27HN:42,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

imageimage(10/10発売)image
▼ウォークマンA20シリーズ(32GB、ヘッドホン付き)image
NW-A26HN:32,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

imageimage(10/10発売)image
▼ウォークマンA20シリーズ(16GB、ヘッドホン付き)image
NW-A25HN:27,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/10発売)image
▼ウォークマンA20シリーズ(16GB)image
NW-A25:22,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


A10シリーズとの容量・色の違いは、A20シリーズでは16GBモデルが用意されて
さらに16GBモデルでは「ライムイエロー」や「シナバーレッド」が追加され全6色構成となります。

人気が出そうな「ライムイエロー」や「シナバーレッド」は
「16GBモデル」しか選択肢がないのが少し残念ですが...


image

容量16GBモデルのみ「ノイズキャンセリングヘッドホンなし」の選択が可能だ。
ただし、ヘッドホンありモデルと、なしモデルとでは価格差がたったの5,000円+税なので
別売りで買うと11,880円+税することを考えるとセットを買うほうが断然お得!
しかもカラバリも別売りはブラックとホワイトのみなので、
A20シリーズとの同色カラーは後では買えないので注意です。

imageimage(10/10発売)image image
▼ノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用ヘッドホン
MDR-NW750N:11,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

ちなみに容量16GBモデルでヘッドホンなしを選ぶ方で、
ノイズキャンセリング機能なんていらない方はこちらのインナーイヤーヘッドホンがおすすめ。

imageimage(10/10発売)image image
▼密閉型インナーイヤーレシーバー 「h.ear in」(ハイレゾ対応)
MDR-EX750AP:10,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

MDR-EX750AP」はスマホ用のマイク・リモコン付きケーブルですが、
後から「やっぱり同色のヘッドホン同梱モデルを買っときゃよかった!」って方はこれを買えばいい。
正し、ノイズキャンセリング付きの同色ヘッドホンが「5,000円+税」で買えるんで
結局高くついて何をやってるんだかわからなくなるので付属モデルの購入がおすすめです。

なので、ヘッドホンなしで買われる方に本当におすすめは
オーバーヘッド型を買われる方になります。これなら損得ないですからね(笑)

imageimage(10/10発売)image image
▼ステレオヘッドホン 「h.ear on」
MDR-100A:21,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

16GBのA20シリーズの本体と変わらないお値段ですが、
同色のオーバーヘッド型のヘッドホンもお勧めですね!


image

今回登場したヘッドホンのデザイン<h.ear>のコンセプトは、
商品を構成する要素をシンプル化、単色での表現を徹底、中間的な色相を採用といったWALKMANとの同色でかつ単色で深みのある色合いから色鮮やかなものまで中間的な色相の全5色を採用しました。
一体感のあるシンプルなフォルムが印象的ですね。

image
ヘッドバンドタイプを「h.ear on」(ヒア・オン)、
インナーイヤータイプを「h.ear in」(ヒア・イン)と呼ぶんですが
ほんと同色のデザインコンセプトがかっこよすぎてどちらもそろえたくなりますよね。



YouTubeの動画をどうぞ!


image

とにかく、おしゃれにデザイン性を高めたこの「h.ear×WALKMAN」の世界に
参加してみたくなりますよねぇ~。さて、どの色にしようかな?
個人的には「ライムイエロー」か「シナバーレッド」なんだよなぁ~(笑) 結局16GBかよ!


まずはちょっとわかりづらかった付属のヘッドホン事情でしたが解決しましたか?

それではハードウェア的なスペックを見ていきたいと思います。


image
寸法と質量です。
とりあえずハイレゾオーディオ対応プレーヤーとして、世界最小・最軽量を実現。
寸法:43.6×109×8.7mm、質量はたったの66gです。
小さくて軽いので、ウォーキングや普段持ちにには便利ですよね。


image

最新モデルと現行モデルのサイズの差です。ご参考までに。



image

本体前面の外装にアルミのダイヤカットでスピン仕上げされています。
1枚のプレートから切り出したようなシンプルかつ高品位なデザインに仕上がっています。

画面は2.2型TFTカラー液晶で解像度はQVGA(320×240ドット)、
昔ながらの独自WALKMAN OSで電池の消費量も少なく長時間楽しむことが可能。


image
スリムなハイレゾWALKMAN A10シリーズ 開梱・外観フォトレビュー!

スピン仕上げは以前の「A10シリーズ」の開梱レビューで紹介しました。
このように「再生・一時停止」ボタンを中心にボディ全体に
ダイヤカット加工・スピン仕上げされています。
この加工ならボディに光が当たって高級感のある輝きを放つのが特徴ですね。


次に、高音質を追求した、高音質化設計をご紹介。


image

素材を見直し、さらに品質が向上した「高純度無鉛高音質はんだ」を採用。
NW-A10シリーズに採用されていたものと比べ、
素材を見直し金属結晶の品質をさらに高めたことにより、
低域、中域、高域の自然なバランスに加えて、臨場感がより豊かになりました。

電源部に通常より面積が1.5倍ある抵抗が低い低抵抗ケーブルを採用。
ハイエンドモデルのZXシリーズと同様の技術手法を採用し、力強く、重厚な低音を実現。


image

プリント基板に、ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2と同じ技術手法を採用。
電源基板に伝導率がよく、安定した電源供給が可能な、
従来より約2倍の厚さの厚膜銅箔プリント基板を使用しています。
ボーカルの定位の向上や、広々とした空間表現、濁りのない音色を再現します。


image

プリント基板にFilled VIA(フィルドビア)を採用
プリント基板のVIA部分を銅メッキで穴埋めすることで電源の安定、
配線インピーダンスの低減をはかり、より引き締まった低音と伸びやかな高音、
透明感のあるボーカルを再現します。


image

本体フレームにアルミダイキャストを使用し、安定した音質を実現
アルミダイキャストフレームを使用することで高い剛性を確保。
電気的なノイズなど不要な外乱に強い構造のため、ノイズが入りにくく、安定した音質を実現。



image


「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」搭載。対応ヘッドホンを付属。

常に周囲の騒音を分析し、その場に適したノイズキャンセルを自動選択する
「フルオートAIノイズキャンセリング機能」により周囲の騒音を低減。
またハイレゾ音源にも対応した「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」に進化し、
シチュエーションを選ばず、いつでもどこでもハイレゾの高音質を楽しめます。

image

ハイレゾ音源を忠実に再現するフルデジタルアンプ「S-Master HX」

高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。
小音量から大音量までディテールを維持した高音質を実現し、
迫力ある低音のエネルギー感やスピード感とともに、繊細な空気感までリアルに再現。
CDよりも豊富な情報量をもつハイレゾ音源を、心震える臨場感で体感できます。

image

圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする「DSEE HX」

CDやMP3などの圧縮音源を、
ハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源に自動でアップスケーリング。
ビットの拡張やサンプリング周波数を高め、最大192kHz/24bit相当まで拡張。
今まで貯めた音楽資産もハイレゾ相当の繊細な高音質で楽しめます。


image

Aシリーズのスタミナ(充電池持続時間)
ノイズキャンセリングOFF時ですが、FLAC:192kHz/24bit 約30時間

image

・自然で広がりのあるクリアなサウンドを再現「クリアフェーズ」
 演奏やボーカルを際立たせ、自然で広がりのあるクリアなサウンドを楽しめます。

・引き締まった力強い重低音「クリアベース」
 音量を上げても、ひずみのない引き締まった重低音を再生。
 ジャズのベース音などを力強く再生します。

・本来のステレオサウンドを実現「クリアステレオ」
 本来のステレオ感を損なう原因となっていた左右ヘッドホンへの音の混在を抑え、
 クリアなステレオ感を実現しました。

・ソニーのいい音を手軽に楽しめる「クリアオーディオプラス」
 細かい設定をすることなく、かんたんな操作でソニーおすすめの高音質を手軽に楽しめます。


image
microSDメモリーカードに対応
たとえば、64GBモデルの『NW-A27HN』に128GBのmicroSDXCメモリーカードを使用すれば、192GBまでメモリー拡張が可能に。
FLAC 96kHz/24bitモード時で1曲を4分の換算なら、
約1200曲以上のハイレゾ音源を持ち歩けます。


imageSR-64HXA
あと、microSDに音楽を入れて楽しむ場合にお勧めはこの高音質モデル。
お値段は高いが、誰が聴いても音の違いは分かるくらい、こだわりのWALKMANにはお勧めなんです。
一つ残念なのが最大容量が64GBしかないというところ。
ちなみに、このmicroSDで再生するとめちゃめちゃいい音になるというと、
実はそうでもなく、
他のmicroSDで音楽を再生したときがあまりにも内蔵メモリーとの音質の差が出て...
できるだけ内蔵メモリー並みのノイズのなさを実現しているこだわりのmicroSDがおすすめというわけです。
ってなことでご参考までに。


image

Bluetoothでは高音質コーデック「LDAC」に対応。

ソニーが新たに開発したBluetoothコーデック「LDACは」、
既存技術「SBC」に比べ最大約3倍の情報量を伝送します。
LDACに対応した機器間では、ハイレゾ音源をはじめ、
お持ちのさまざまな音源を高音質でワイヤレスリスニングできます。

Bluetooth対応コーデック(A10、A20):SBC、LDAC、aptX
LDAC対応機器(スピーカー・ヘッドホン)も増えているので楽しみが広がりますね。

WALKMAN 「A10シリーズ」と比べると、
Bluetoothの通信方式のバージョンが若干変更。
・A20シリーズ:通信方式 : Bluetooth標準規格 Ver 3.0
・A10シリーズ:Bluetooth標準規格 Ver 2.1+EDR

image
「NFC」も搭載しているので、かざしてワンタッチで簡単に接続できます。

ざっとテクノロジーと特徴はこんな感じかな?

結局2014年モデルのA10シリーズとの違いは、
ハイレゾ対応ノイズキャンセリングの同時使用が可能になったのと、
基盤やはんだなどのパーツ変更などによる、より高音質設計に進化したところですかね。

impress AV Wach」さんの情報によると、
A10シリーズは後日ファームウェアのアップデートでハイレゾ+NC併用に対応予定とのこと。
前回の神アップデートでBluetoothコーデックに「LDAC」が対応したのに、
ハイレゾ+ノイキャンの同時使用にもアップデートで対応するって...
A10シリーズもなかなか設計自体は良かったんだね。
ただし、ハイレゾ対応のノイズキャンセリングヘッドホンが必要なのでお好みでどうぞ。

あと、細かなことですが、こんなことも記載されてました。
---------------------------------
また、イコライザのほか、VPT、クリアステレオ、ClearAudio+などの
ソニー独自の音響効果がハイレゾ再生時でも利用可能になった。
これはA20シリーズのみの追加機能になる。
---------------------------------
へぇ~そうなんだぁ~。知らなかった(汗)
僕はあまり弄らない派なのでそんな事情だったことにも気づいてなかったよ!
でもハイレゾ+NC併用がアップデートでできるんだったら、
これくらいアップデートでできそうにも思えるが...さぁどうなるでしょうね?!


image

あと、おしゃれなケースなど、オリジナルアクセサリーセット販売もあるので要チェックです!
いろいろなケース・ヘッドホンを選択することができるので一度チェックしてみてください!

imageimage(10/10発売)image image
▼NW-A27HN オリジナルアクセサリーセット【64GB】ヘッドホン付、全2色
NW-A27HN/h.ear/SET:42,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/10発売)image image
▼NW-A26HN オリジナルアクセサリーセット【32GB】ヘッドホン付、全4色
NW-A26HN/h.ear/SET:32,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/10発売)image image
▼NW-A25HN オリジナルアクセサリーセット【16GB】ヘッドホン付、全6色
NW-A25HN/h.ear/SET:27,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(10/10発売)image image
▼NW-A25 オリジナルアクセサリーセット【16GB】全6色
NW-A25/h.ear/SET:27,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image

いかがでしたか?
ウォークマンA10シリーズをお持ちの方はアップデートが楽しみで、
これからご購入を検討されてる方はA20シリーズで
<h.ear>デザインのハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホンの組み合わせで購入できるので色のコーディネートが楽しみですよね。
ZX1持ってるけど、これはこれで物欲が沸くなぁ~。

image
こんな感じで、同色のインナーイヤー&オーバーヘッド型のヘッドホンが「MDR-100A」欲しくなってくるなぁ~。
皆さんも悩んじゃってください!


image



image
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!


image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
→VAIO Z Canvas(モンスタータブレットPC)

image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









みんな!ダンスステーション「DPJ-DS1」って知ってる?ってことで商品レビューだ! [新商品レビュー]


image

ダンスステーションって商品をご存知ですか?

液晶画面付きのCD/DVDプレーヤーなんですが、
これがまた便利な機能を搭載したプレーヤーなんです!
今日はその辺の説明も含め、開梱・外観フォトレビューをしたいと思います。

image
▼液晶画面付きCD/DVDプレーヤー「ダンスステーション」
DPJ-DS1:29,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image
ストア限定特典!(期間限定:2015年8月31日(月)まで)
ダンスステーション「DPJ-DS1」ご購入者全員に旅行英会話BOOKをプレゼント!
↑今月中ならお得な特典付きですよぉ~。


image

この商品、なんとソニー製では無いのですが、
「ソニーエンジニアリング株式会社」って言う一応他社製になるようで
AV10%OFFクーポンとかが使えない商品となっています。


image

こちらはカタログ。店頭でお渡しできるので興味のある方はどうぞ。


image

まずこちらがパッケージです。
段ボールにイラストがプリントされて可愛いパッケージでした。


image

それでは開梱していきましょう!


image

オープン!
取っ手が付いているので引っ張り出しやすいですね。


image

出ました!この取っ手すんごい頑丈でした。


image

ほんとブン回しても大丈夫なくらいしっかりつくれられています。
この日のためにキッズに来てもらいました!ってのは冗談で、
たまたまウチの息子が遊びに来てたので写真撮影に協力してもらいました(笑)


image

それでは外観レビューをしていきましょう!
寸法はW381×H254×D210mmで、重さ約2.8kg。
大きなスピーカーが4つ搭載されていますね。

image

スピーカー径は65mmでパッシブラジエーター型。
実用最大出力5W+5W。


image

操作ボタンはここに集約されています。


image



image

側面です。最初からこのように斜めに傾いています。


image

背面です。


image

接続端子類はここに集約。

・AUDIO IN
・HDMI出力
・ヘッドホン出力(ステレオミニ)
・電源 DC IN:13V

HDMI出力があるのでテレビなどに接続して大画面に映し出すことも可能です。


image

電源はACアダプターが付属しています。


image

ACアダプターの出力は 13V:2A。
取っ手がついているので、できればバッテリーも内蔵してくれればよかったのですが...
コンセントに接続しての使用となります。


image

それではACにつないで電源ON!
出ました!画面には「DANCE STATIOAN」と表示されています。


image

ちなみに電源ボタンはここでした。
その横にDVD・CD取り出しボタンがあるので押します。


image

ちなみにこの「DANCE STATION」と書いてるところがドライブのベゼルです。


image

ディスクトレイが出てきました。
12cm、8cmとどちらもセットできそうですね。


image

このプレーヤーならではの使い方をためすべく、
子供たちに人気の「妖怪ウォッチ ダンスDVDブック」を流してみたいと思います。


image

それではディスクをセットしてインサート!


image

読み込みは比較的に速いですね。
液晶画面は 9インチで解像度は800×480と、
DVDを再生するのにはベストな解像度でした。


image

「ようかい体操第一」を再生してみました。
画質・音質共にいい感じですね。

image

音量は0~34(MAX)と35段階で鳴らせます。
最大ボリュームにしてもやかましいけど音が割れる感はありませんでした。
とにかくボーカルがくっきり聞こえます。


image

とにかくこのプレーヤーの最大の特長はこの2つ。

・スピードコントロール
・A-Bリピート


image

スピードコントロール、A-Bリピートの操作ボタンは隣り合わせ。
ダンスステーションと言う商品なだけあってダンスの練習などにぴったりの商品です。

しかもスピードコントロールがどうやってるのかわかりませんが、
「”音程そのまま” お好みの速さに調整」という速度を変えても
声のトーンが変わらないので違和感が全くなしで速くしたり遅くしたりが可能なんです。


image

スピードは遅くするのは0.6倍までの6段階。
早くは1.4倍の4段階。

ふつう再生速度を速くすると声のトーンが上がって聴き取りにくいんですが
トーンは変わらず速く再生するのが実際に聴くとほんとに凄い!
あとゆっくりスローで再生するとホラーのような怖い低音ボイスになるのが全くなりません。
凄いですねぇ~。

そう言えば以前地元の保育所の先生が、
ある歌を少しだけスローにしてCDにしてほしいとの以来を受けたことがあって、
流行の曲をダンスに使うんですが、少しテンポが速いので
園児にはちょっと厳しいからということで少しテンポを遅くしてCDにしてあげたことがありました。
でも声のトーンが変わってしまうのでそこは妥協してもらってたんですが、
これを買っていただければ解決じゃないですか!って話ですね(笑)


image

よく見ると、DVDメニューに「スローでれんしゅう」ってあるではありませんか!
別にダンスステーション無くっても良いじゃん!って思って再生してみたら
ぜんぜんダメなスロー映像でした。
確かに映像はスローで入ってて、音声は無くしてピッコンピッコンとリズムだけが入ってました。
なので「ようかい体操第一」を曲なしで練習する感じだったので
「ダンスステーション」の凄さを感じちゃいましたね!
どんな曲でもその場でトーンを変えずスピードコントロール!良いじゃないですか!


image

あとA-Bリピート設定も簡単で、繰り返し苦手なところがリピートできるので
ダンスの練習にはもってこいの商品でした。


image

あとリモコンも付いていて、
「スピードコントロール」や「A-Bリピート」もリモコン操作で行えます。
ボタンの色を変えるなどして見やすいですね。


image

リモコンの電池はボタン電池「CR2025」でした。


image

本体の方にもしっかり必要なボタンが用意されています。


image

あと、HDMI出力が付いているので、このように大画面に出力しても楽しめます。


image

もし、屋外の電源の無い所で、ポータブル的な使い方をしたいって方は
モバイルバッテリーを使えば可能です。


image54[2]
 
スマホやタブレットなど、5V製品のUSB充電機器が充電できるのはもちろん、
20V、19V、16V、12V、9V製品の充電にも対応している大容量のポータブルバッテリー。


image63[2]
サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh ノートパソコン
iPad スマホ 対応 DC出力・USB2.1A出力 700-BTL017BK



image

ほんとデカいのが難点ですが...


image

13Vですが、12V用のプラグアダプターを使えば接続できます。


image

バッテリーの出力も12Vに設定しておけば問題なく使えました。


image

ダンスステーションを電源の無い屋外で使用した方は参考にしてください。
これでアクティブな使い方も出来そうです。
バッテリーは背面にマジックテープで付けてた方が良さそうですね(笑)


image

いかがでしたか?
ほんとダンスも良いし、英会話などのヒヤリングの練習にも使えてかなり便利そうですよ!
百聞は一見に如かず!
ワンズで展示中なので、気になった方は是非体験してみてくださいね!


image
▼液晶画面付きCD/DVDプレーヤー「ダンスステーション」
DPJ-DS1:29,500円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image
ストア限定特典!(期間限定:2015年8月31日(月)まで)
ダンスステーション「DPJ-DS1」ご購入者全員に旅行英会話BOOKをプレゼント!
↑今月中ならお得な特典付きですよぉ~。



image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
→VAIO Z Canvas(モンスタータブレットPC)

image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


▼可愛らしいダンボーグッズを揃えよう!

imageimage

cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh モバイルバッテリー
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Versionモバイルバッテリー
DANBOARD USB Cable with Micro USB connector (25cm)
REVOLTECH DANBOARD mini cheero ver. リボルテック ダンボー




imageimageimage 







前の10件 | - 新商品レビュー ブログトップ