So-net無料ブログ作成
検索選択
Sony*Photo*Life [◎] ブログトップ
前の10件 | -

α<アルファ>で撮る4K動画! SAKURA2017-おの桜づつみ回廊- [Sony*Photo*Life [◎]]


image

昨日紹介したSAKURA2017-おの桜づつみ回廊-の写真。
α<アルファ>で撮る!地元の桜 SAKURA2017-おの桜づつみ回廊-

この日は4K動画でも撮影しているのでご覧いただけたらなと思います。

撮影に使用したカメラとレンズはこちら
FE 85mm F1.4 GM 「SEL85F14GM」

α7RIIに様々なレンズを付けて撮影しました。
今年は桜吹雪もたくさん撮影できたのでラッキーでした(笑)

それではご覧ください。


α<アルファ>で撮る!4K動画 SAKURA2017 -おの桜づつみ回廊-


いかがでしたか?
写真を撮りながら4K動画もチョイ撮りすることで
風・音・空気感など、この時の状況をしっかりと残すことができます。
しっかりと三脚に固定して撮るだけで素人臭さがなくなり、
レンズのボケを活かせば少しプロっぽくなります(笑)
僕みたいな素人でも簡単に楽しめるチョイ撮り4K動画
みなさんも始めてみませんか?


▼4K動画が撮影できるα<アルファ>ボディ

ちなみに4K動画編集ソフトはこちらを使ってます。ご参考までに。
image
TMPGEnc Video Masterring Works 6

続きを読む


α<アルファ>で撮る!地元の桜 SAKURA2017-おの桜づつみ回廊- [Sony*Photo*Life [◎]]


image

今年も地元小野市で、桜の写真が撮れました。
やっぱり撮影場所の代表としては「おの桜づつみ回廊」だと思います。
今年は満開の時期が雨&曇りでピーク時に写真が撮れませんでしたが
いろいろな画角で撮影したので紹介したいと思います。


image

まず「おの桜づつみ回廊」は全長4km約650本の長~い桜並木が特長。
メインはソメイヨシノ、オオシマザクラ、エドヒガンで
少しだけヤエベニザクラやオモイガワがあります。
北側から咲き始めるので、南側(図右側)が最後となります。

撮影に使ったカメラとレンズです。

FE 85mm F1.4 GM 「SEL85F14GM」

それでは2017桜レポートをご紹介したいと思います。

続きを読む


次こそは地元で雲海を!小野アルプス「紅山」で雲海撮影にチャレンジ! [Sony*Photo*Life [◎]]


image

先週のお話。
朝に地元小野市で凄く霧が発生した日がありまして、
登山口から約30分で登れる紅山で雲海の撮影にチャレンジしてみました。
でも手元にレンズの準備もしていなかったので
望遠レンズと広角レンズを取りにお店に寄ってたら遅くなっちゃいました。

ちなみに、お店周りでは晴れて霧は全くなかったんですが、
雲も無くいい天気だったのでこれは綺麗な雲海になるなと思っちゃいました。

紅山周りは明らかに濃霧に包まれていたので、
時間も遅かったんですが1人決行しました。

以前の登山記事もご覧ください。
早朝のプチ登山で朝日&雲海撮影に挑戦!「MDR-1000X」で快適登山!

それでは行ってみましょう!

続きを読む


北条鉄道 網引駅のシンボルツリー「イチョウの木」を散り終えるまで撮影してみました。 [Sony*Photo*Life [◎]]


DSC03376-4

北条鉄道 網引駅のシンボルツリーのイチョウの木を
葉が散り終えるまで「α7」で撮影してみました。

北条鉄道は
手を振ってお見送りする法華口駅のボランティア駅長さんや
鉄道写真家の中井精也さんの「てつたび」で放送されるなどで今や人気のローカル線です。
その中でもこの網引駅は風景写真としてはベストな駅なんですよね。
幸い僕は自宅から車で5分という恵まれた環境なので頑張って撮影してみました。
ちなみに僕は「撮り鉄」ではないので、
たまたま近くの被写体がローカル線ってなだけで
電車も含めた風景写真をご紹介したいと思います。

それでは行ってみましょう!

続きを読む


α<アルファ>写真旅行 「Sony*Photo*Life」 in YOKOHAMA [Sony*Photo*Life [◎]]


DSC00419-1 
α7 + SEL70200G ↑画像をクリックすると拡大します。

先日、横浜に行ったときに撮った写真です。
備忘録ついでに作例としても紹介できたらなと思いました。

まず上の1枚目は電車の中から撮影したものをトリミング。
ちょっとアートチックに加工しています。

たまたま先頭車両に乗ったのでせっかくなのでパチリました。

ここではトリミングや色補正なんかも行っている写真もあるので
ギャラリー程度で見ていただければいいかと思います。

▼使用したカメラとレンズ
・「α7」「α6000
・「SEL2470Z」「SEL70200G」「SEL30M35」「SAL50F14Z

それでは行ってみましょう!


DSC00416 
α7 + SEL70200G:絞り優先、200mm、ISO400、F4.0、1/50秒、0EV
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

これは横浜に向かってるところですね。
羽田空港から京急線で横浜駅に向かってるところ。

そして、横浜に到着。



DSC00477 
α7 + SEL2470Z:ISO2000、F4.0、1/3200秒、0EV、DレンジLv5、トリミング
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

最初の横浜での写真。撮影時間帯は18時頃でした。
大さん橋に「ダイヤモンドプリンセス」が出港するとのことで撮影に来ました!

このときカメラ設定失敗してて、
なぜかISO設定を無駄に2000まで上げて撮っていました。
絞りもF4.0って微妙な何も考えず撮ってしまった。まぁこんなこともあります(笑)


DSC00457 
α7 + SEL70200G:絞り優先、200mm、ISO2000、F4.0、1/2500秒、0EV
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。


スタッフはほぼ外人さん?
さすがイギリスのクルーズ客船です。
でも、この船は日本で作られた最大の豪華客船なんですね。


image
α7 + SEL70200G

もちろん日本人もたくさん乗っていました。

DSC00525 
α7 + SEL2470Z:絞り優先、41mm、ISO1600、F4.0、1/1250秒、+1.0EV
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

そして出港。

DSC00545 
α7 + SEL2470Z ミニチュア撮影
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ミニチュア撮影機能で撮ってみました。


DSC00547 
α7 + SEL2470Z ミニチュア撮影
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

「にっぽん丸」も動き出しました!


DSC00575 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

バックからくるっと回って「にっぽん丸」出発!

DSC00577
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ツーショット! 尻とだけど...(笑)
もう見てたら橋に「横浜ベイブリッジ」にぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤ。


DSC00588 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ほんとギリギリなんですね。


DSC00607 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

大さん橋の国際客船ターミナルのデッキがすごく斬新な構造でデザインされた感じ。
野外イベントなどが行われる野外イベント広場としても使われているみたいです。


DSC00638 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

国際客船ターミナル内に潜入。

DSC00636 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

フロアの光の反射や影が良い感じだったのですかさずパチリ。
こういうデカールのようなペイントに凄く反応してしまう(笑)

DSC00643 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

中には「みなとみらい」など、この辺一帯のミニチュアが展示してありました。


DSC00648 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

早速ミニチュア撮影機能では無く、普通にミニチュアを真剣に撮影(笑)
やっぱこれが本物のミニチュア撮影でのボケですね。


DSC00649 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

特にボケの良い、望遠で明るいレンズを使えば良い感じに撮れますね。
これぞミニチュアの世界ですね。

DSC00654 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ミニチュア撮影止まんない!... でもこれくらいにしときます(笑)


DSC00656 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

とにかく小雨で外での撮影は厳しいです。
時間も18時30分頃でだんだん暗くなってきました。


DSC00685 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

とにかく暗くなってきた時は目に見える明るさに合わせようとすればマイナス露出が必要。
カメラが勝手に明るくしちゃうからね。
三脚は無いんで全て手持ち撮影で撮るしかありませんでした。


DSC00760 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

みなとみらい21地区あたりを
普通に撮っても面白くないんで、ホワイトバランスを弄って青く撮ってみました。


DSC00774 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

雨の日は雨のなりの撮る楽しみもあるんだなぁって思いました。


DSC00778 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

普段雨の日の道路の光の反射なんて考えたことが無かった。
まぁ~地元は田舎なのでイメージが湧かないだけかも。


DSC00792 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。
腹が減ったので「中華街」に。


DSC00814 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

どんな時でも写真は欠かさず撮る!ってのが僕の流儀なんで
とりあえず食べたものは全て撮ります(笑)


DSC00813 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ほんと美味しかったなぁ~。

DSC00823 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

そして第2ラウンド!
真っ暗になったとこでまたまた写真撮影を楽しんできました!


DSC00825 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

でも終始小雨が降ってて傘をさしたままで風もあるので撮影環境は厳しかったです。

DSC00834 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

赤レンガ倉庫のライトアップなどで、またさらに夜はいい感じでした。



image
α7 + SEL2470Z

横浜ベイブリッジです。
さすがに手持ちじゃISO感度上げないといけないのでイマイチでした(泣)
あ~三脚持ってくればよかった。

DSC00867 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。
横浜マリンタワーと日本郵船氷川丸です。


DSC00871 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

これはこの画角限定で、カメラを置いてタイマーで撮影しました。
ISO100、絞りF16で、約8秒かけて撮っています。
なので拡大しても超綺麗に撮れてます。



DSC00889 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

帰り道です。街はなにかと絵になる被写体が多いですね。


DSC00890 
α7 + SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

光が多いので撮ってて楽しいです。


DSC00892 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

翌朝、またもや雨降り。 傘をさして赤レンガ倉庫へ。


DSC00897 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

赤レンガ倉庫が見えてきました。

DSC00977 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

あぁ~レンズがビチョビチョ。ほんと水滴を拭くタオルでも持ってくりゃ良かった~(泣)


DSC00973 
α7 + SEL2470Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

濡れた建物も雨降りなりの色が出てるのでこれはこれで良しとするか。←プラス思考(笑)


image
ここからレンズを替えてAマウントアダプター+ 「SAL50F14Z」。
ちょっぴりお高めのツァイスレンズです。


DSC00951 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

開放値のF1.4のボケ感だけでいろいろ楽しめちゃいます。


DSC00916 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

さすがはツァイスのレンズですね。 ボケの質感・やわらかさが違いますね。
被写体にコレだけ近づくと歪みが出ちゃいますね。

DSC00920 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

もちろん離れればほぼ歪が分かりません。

DSC00922 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

朝も早かったので中に入れず外の撮影ばっかりです。


DSC00929 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

スローシャッターで撮ろうとするんですが
F1.4だと明るすぎてシャッター速度が速くなりすぎて拡張ISO50設定で1/100秒。
こういう時にNDフィルターがいるんですが、明るいレンズ用に一つ持っておきたいですね。
でもこんな雨降りの環境で付けたり外したりしたくないですけどね(笑)



DSC00933
 α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

開放値F1.4ばかりで撮るのではなく、
こういう極端な斜めからの撮影なんかは適度にF4.0まで絞ってもこのボケ感。。
このレンズは撮り方に合わせて、被写界深度の浅さ・深さを変えて楽しんでください。
それにしてもF4.0でいい感じにボケるなぁ~。


DSC00943 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

週末にベンツの展示会があるのかな?
たくさんのベンツがいろんなところで並んでました。
拡大すると分かりますが、F1.4ならこの距離でも被写体が浮いたように撮れます。

DSC00949 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

たまたまモデル撮影に遭遇。肖像権もあるのでドラえもんフィルターをかけてます(笑)
これだけのためにイラストレーターでドラえもんを描いてしまった...
これも開放値F1.4での撮影なんですが、人物の被写体がすごくいい感じで撮れます。
前ボケもうまく入れると被写体が浮いたように撮れますよ! 

DSC00955 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

これも開放F1.4。

DSC00959 
α7 + SAL50F14Z
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

外から窓越しに中を撮影したんだけど、
ガラスの映り込みの境界線のボケがほんといい感じで出てます。
このレンズハマりそうです。


DSC00972 
α6000SEL30M35
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

お次は場所を変えて室内で生花を撮影。
カメラ本体は「α6000」、それにマクロレンズ「SEL30M35」を付けて撮影を楽しみました。


DSC00979 
α6000SEL30M35
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

マクロレンズの楽しみは接写によるマクロレンズなりの世界観が楽しめるところ。


DSC00975 
α6000SEL30M35
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ちなみにマクロレンズだからと言って接写専用ってわけでは無く、
単純に30mm(35mm換算45mm相当) F3.5の単焦点レンズで
接写もできるってな風に考えたほうが良いですね。
なので風景や人物を撮ってもいいし、
この写真のように接写せずにボケを楽しむレンズとしても手軽で最高です。

DSC01001 
α6000SEL30M35
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

なんか結局マクロ撮影してなかったな(笑)


DSC01026 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

山下公園での撮影も楽しみました!
ちょっとひとこと言わせていただくと、ここでの野鳥の撮影は超簡単!
何と言ってもあまり逃げないし、自分が撮影している1m手前に降りてきたりするし
スズメは街で撮ると大きく撮れるんですね。


image
α6000SEL70200G

今までうれしそうに野鳥の撮影をブログで載せてきたが
こうもあっさり撮れるんだったらバカみたいに思えてきた(泣)
田舎では考えらられないですからね。
10m近づくとまず逃げます。警戒心がハンパ無い!


DSC01076 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

それが、逃げない!


DSC01088 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

逃げない!

DSC01108 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

逃げないんですよ!!!

ふぅ~。もうどんだけってくらい撮りました(笑)

DSC01121 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

ちょっと心を落ち着かせて...


DSC01148 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

次の標的発見!

DSC01134 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

お次は蝶です。

DSC01176 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

結局僕は花じゃなく鳥や昆虫を撮ってしまいます。

DSC01159 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

被写体の蝶が白いので、背景を暗めにもってくるほうがいい感じでした。
これはわざと彩度を上げています。そのほうが雰囲気出たので。


DSC01051-1 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(1920×1280ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。

数撮ってるとたまにこんな写真が撮れます。
拡大するとピントが甘いのですが、トリミングしてブログサイズなら悪くない感じでした。
シャープ処理もしています。


DSC01202 
α6000SEL70200G
↑画像をクリックすると拡大します。(3240×2160ドット)4Kテレビなら等倍で見れます。


いや~横浜でたくさんの写真が撮影できて幸せでした。
普段なかなか写真を撮る機会が少ないのでガッツリ楽しめましたよ!
趣味で写真撮影して、それが作例になってお伝えできればいいかなと思っています。

僕は店頭でカメラのセミナー講師を行っております。
αの魅力を伝えるために日々腕を磨いています。
店頭ではお客様が撮られた写真をかざったり・BRAVIAでスライドショーで流したりと
フォトギャラリーを充実させているので、
お近くの写真好きの方は是非ワンズにご来店ください!
僕もお客様と一緒に腕を磨いていってるので一緒に写真撮影を楽しみましょう!

あと、僕が店頭にいるときならいつでもカメラセミナーを行える体制にしているので
ご希望の方はいつでも気軽にお声をおかけくださいね。



image(Aマウント)
▼単焦点レンズ(Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM)
SAL50F14Z:141,714円+税 → 詳細・ご購入はこちら
-------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------
(14.06.16) 「α7」「RX100III」を持って、ホタルの撮影に行ってきました!


image(Eマウント)
▼マクロレンズ(E30mm F3.5 Macro)
SEL30M35:24,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
-------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------


image[24](Eマウント)
▼Vario-Tessar T* ズームレンズ(FE 24-70mm F4 ZA OSS)
SEL2470Z:114,095円+税 → 詳細・ご購入はこちら
-------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------
(14.01.24) ついに届きました!「α7」の大本命レンズ 「SEL2470Z」の開梱・外観レビューだ!


image(Eマウント)
▼ズームレンズ(FE 70-200mm F4 G OSS)
SEL70200G:142,667+税 → 詳細・ご購入はこちら
-------------------------
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------
(14.05.07) 地域の大運動会を「α7」+「SEL70200G」で撮影してみた。(作例集1)
(14.04.29) 待望のαEマウントレンズ「SEL70200G」店頭展示開始!開梱・外観レビュー!


image(Eマウント)APS-C ミラーレス
-------------------------
▼デジタル一眼カメラ α6000 ボディ
ILCE-6000:64,571円+税 → 詳細・ご購入はこちは
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------
(14.02.14) 「APS-C」 Eマウント機 最強ミラーレス「α6000」のスペックレビュー!


image_thumb39 (Eマウント)フルサイズ ミラーレス
-------------------------
▼デジタル一眼カメラ α7 ボディ
ILCE-7:142,667円+税 → 詳細・ご購入はこちら
AV10%OFFクーポンがご利用できます。詳しくはこちら
SonyCard決済で3%OFF詳しくはこちら
-------------------------

(14.01.20) もうすぐ届く!「SEL2470Z(24-70mm F4)」を他のレンズでイメージ撮影してみた。
(13.12.03) 「αフォトライフサポート」利用レポート! 「SEL2470Z」をお安く買えました!
▼関連ブログ
(13.12.28) 「α7」で「PlayMemories Camera Apps」の購入の仕方をご紹介します。
(13.12.22) α7Rミニチュアフィギュアが届きました!完全フォトレビューだ!(笑)
(13.12.05) フルサイズ「α7」の実力を知る!播州清水寺の紅葉ライトアップを撮ってきました!
(13.11.22) α7を使って紅葉を撮るためのコツ!失敗例も含めてご紹介します。
(13.11.21) 「α7」を満喫!伽耶院で紅葉を撮影してきました! Sony*Photo*Life[◎]
(13.11.16) ついに「α7」が届きました!早速開梱レビューだ!
(13.10.19) Eマウントを採用した 35mmフルサイズ「α7」「α7R」 スペックレビュー!



(追記)
ひっそりコーナー
「takuのパズドラ日記」(2014.06.24 火) Vol.28
--------------------------------
現在:ランク 369、スタミナ最大201、D組(ID:198,179,229)

image_thumb[2] image_thumb[5]
「サンダルフォン降臨 超地獄級」で
ボス手前の「ラファエル」が粘れずGAME OVER。 ノーコンパーティが見当たらない。
「闇の番人」欲しさに、「火曜ダンジョン 虹の番人」を4回ほどマラソンで終了。





imageimageimageimage




imageimageimage 




 

image112[2] 

ワンズのホームページへ



PlayMemories Camera Appsの「スムースリフレクション」を使ってみました。 [Sony*Photo*Life [◎]]


image

先日からPlayMemories Camera Appsの最新カメラアプリ
「スムースリフレクション」のダウンロード購入が始まってたので、早速購入し使ってみました。

image
スムースリフレクション:476円+税


image

どんなアプリかって言うと、
---------------------------------
川や海などの水の流れをなめらかに表現した幻想的な写真が撮れるアプリ。
従来はNDフィルターなどを使用して、長秒露光撮影しなければできなかった
スムースリフレクション表現が、このアプリでは連写した画像を1枚に重ね合わせることで
簡単に表現できます。ノウハウが必要な露出設定もテーマを選ぶだけで最適な設定が可能。
テーマは「トワイライトリフレクション」「サイレント」「ウォーターフロー」「スモークヘイズ」
「モノトーン」「カスタム」の6つから選択できます。
---------------------------------

今回撮影に使ったカメラとレンズはこちら。

image image
α7SEL2470Z (24-70mm)
α7SAL70300G(70-300mm)
70-300mmのAマウントレンズは、マウントアダプター「LA-EA4」を使用しています。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO400、焦点距離48mm、F20、25秒、-0.3EV、Dレンジ(切)、三脚

まずは通常撮影。

そして次にスムースリフレクションの効果で撮影してみたのがこちら。


image
α7SEL2470Z:夜景、絞り優先、WB(AUTO)
ISO100、焦点距離48mm、F8.0、30秒、-0.3EV、Dレンジ(切)、三脚
Camera Apps:スムースリフレクション(テーマ:トワイライトリフレクション)

夜のライトの映り込みの撮影なので、テーマは「トワイライトリフレクション」を使いました。
これで3枚ほど撮影して合成された写真。

ふ~ん、全体の明るさが明るくなる感じですね。
海や空が少し色づいています。


image

ただ単に露出を上げればいいのでは?っとも思いますが、
そうすると単純に明るい所が白潰れしてしまうけど、
これなら白潰れしづらく、暗くて見えないクレーンまでしっかり映ってくれます。
なるほど!これはこれで何かに役立てれそうな機能ですね。
水面の光の映り込みも滑らかになっています。

約500円程で買えると思えば十分な機能ですね。


image

滑らかさも「LO」「MID」「HI」と三段階でスムージング効果をつけられます。


image

ちなみにカメラのExif情報ではCameraAppsの名前は出てこないので
何で撮影したのか分かりにくいのですが、
今回僕の場合は、クリエイティブスタイルが「夜景」になっている写真が
・スムースリフレクション(テーマ:トワイライトリフレクション)で撮影したとの判断をしています。

もしできるのであればソニーさんにお願いしたいのが、
Camera Appsで撮影した撮影情報もExif記録してほしいですね。

この場合、
・Camera Apps:スムースリフレクション
・テーマ:トワイライトリフレクション
・滑らかさ:MID

できればこの情報も記録していただけるとほんとに助かるし、
次回撮影するときの参考になります。


image

あと「PlayMemories Home」の検索機能で、
使った「Cmera Apps」で絞り込めたり、
細かく言えば、クリエイティブモード:夜景で絞り込めたり、
コンピューターを使えば一瞬で割り出せる便利な検索機能を付けてもらえると助かります。


以下ギャラリーです。

image
α7SAL70300G:夜景、絞り優先、WB(AUTO)
ISO100、焦点距離70mm、F8.0、30秒、-0.3EV、Dレンジ(切)、三脚
Camera Apps:スムースリフレクション(テーマ:トワイライトリフレクション)

大きな船で荷下ろしをしていました。

ここから以下は普通に夜景撮影を楽しんでおります。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO800、焦点距離70mm、F8.0、2秒、-0.3EV、Dレンジ(切)、三脚

最初、長時間露光してたんですが、
クレーンが動いたりするのでシャッター速度を速めたりしました。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO400、焦点距離250mm、F18、25秒、0EV、Dレンジ(切)、三脚

こういう工場夜景もいいですね。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO6400、焦点距離135mm、F7.1、1.6秒、0EV、Dレンジ(切)、三脚

煙のリアルさを撮りたかったので、ISO6400に上げてシャッター速度は速めにしてみた。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO12800、焦点距離300mm、F5.6、1/4秒、0EV、Dレンジ(切)、三脚

撮ってたら船が横切ってくれたので、すかさず流し撮り。
ブレずに撮れたのは良いですが、ピントが少し甘かった。
撮れないよりは撮れる方がいいのでISOは思い切ってISO12800に。
こんな風にブログで紹介したり、SNSで楽しんだりは十分ですね。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO400、焦点距離300mm、F10、20秒、0EV、Dレンジ(Lv3)、三脚

こちらも最大ズームで撮影してるんですが、
ISO感度を下げて長時間露光すると建物は綺麗に撮れるのですが、
炎がこんな風になっちゃいます。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(AUTO)
ISO12800、焦点距離300mm、F5.6、1/5秒、0EV、Dレンジ(切)、三脚

お次は、ISO感度を目いっぱい上げて、シャッター速度を速くして、
炎のリアル感を実際の目で見るような感覚で撮ってみました。

僕はどっちが好みかと言うと、後者の炎のリアルさが撮れる方が好きですね。
なのでうまく行かないもんです。


image

部分的に拡大するとISO感度の違いでこれだけ差が出来てきます。
動かない被写体で三脚立てて高時間露光をすると綺麗に撮れるのは間違いないのですが


image

2枚の写真の良い所を合成してみました。

静止してる部分はクオリティの高い低感度で
動く部分は高速シャッターで撮ってうまく合成してくれるようなアプリを作ってくれないかなぁ。

アプリ名:工場夜景(テーマ:フレイム)なんてね!

次の写真でもう一度シャッター速度が速いときと遅いときの違いを説明。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(蛍光灯)
ISO6400、焦点距離70mm、F5.6、1/4秒、-1.0EV、Dレンジ(オート)、三脚

シャッター速度を上げると、炎がリアルに撮れます。
あと水面の光の映り込みもリアルに波打って映っています。
そのかわりデメリットとして、ISO感度を6400まで上げているのでクオリティが下がります。


image
α7SAL70300G:ビビット、絞り優先、WB(蛍光灯)
ISO400、焦点距離70mm、F10、25秒、0EV、Dレンジ(Lv3)、三脚

これはシャッター速度を遅くして、低感度で撮った写真です。
メリットとして、被写体は細部まで綺麗に撮れています。
炎や水面の映り込みも滑らかに記録されます。
デメリットとしては、リアル感が下がります。


image

等倍に拡大した、ISO感度比較です。
クオリティの違いは一目瞭然ですね。


image

やっぱこんな感じで2枚の写真のいいとこどりができるアプリだしてくれないかなぁ~。
僕はカッコよく撮れたらそれでいいですからね。


image

夜景撮影もなかなか楽しいですね。
ちなみにこの写真は僕のサブ機 「DSC-RX100M2」で、手持ち撮影です。

今回の撮影に失敗したのはリモコンを忘れたことですね。
30秒を超える長時間露光撮影が出来なかったので
ISOを100にすることが出来ませんでした。
とにかくブレないようにタイマーで2秒後撮影ばかりしてましたね(笑)


image

一緒にダウンロード販売が始まった「スタートレイル」も購入したので
今度は星の軌跡も撮ってみたいですね。
でもなかなか綺麗な星空を地元で見ることが無いのでチャンスは少ないと思いますが
毎晩チェックだけしたいと思います。

以上、Camera Apps:スムースリフレクションの撮影レビューでした。



image image

使用カメラ:α7詳細・ご購入はこちら
使用レンズ:SEL2470Z詳細・ご購入はこちら
使用レンズ:SAL70300G 詳細・ご購入はこちら
マウントアダプター:「
LA-EA4詳細・ご購入はこちら


▼関連ブログ α<アルファ> Sony*Photo*Life[◎]
(14.04.27) イタリア料理店「トリケラデュエット」に行ってきました!
(14.03.28) PlayMemories Camera Apps「ライブビューグレーディング」!
(14.01.20) もうすぐ届く!「SEL2470Z(24-70mm F4)」を他のレンズでイメージ撮影してみた。

image5022222222222222222222222222
VAIO OUTLET 旧モデルをお得に買うならここ!


image139image141image140

imageimageimage 

image112image113[1]image111 

imageimage 


image7322223222222222222222222222222[1] image1216222242222222222222222222222[1]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら 




image112[2] 

ワンズのホームページへ



イタリア料理店「ピッツェリアトラットリア トリケラデュエット」に行ってきました!Sony*Photo*Life[◎] [Sony*Photo*Life [◎]]

image

昨日大阪に行った帰りに西宮に寄って
イタリア料理店 ピッツェリアトラットリア トリケラデュエット」に行ってきました!
せっかくなのでSony*Photo*Life[◎]行ってみましょう!


image
撮影に使ったカメラは、自前の
α7SEL2470Z レンズはこれ1本です。


image

▼ピッツェリアトラットリア トリケラデュエット
〒662-0822 西宮市松籟荘7-16
TEL.0798-42-7088 facebook

僕はここに来るのは初めてだけど、店長たちは2回目ということでついてきました。
実はここのオーナーは昔から付き合いのある方で、
昔は地元でイタリア料理店テラノスを経営されていてその時は僕もお世話になりました。

5年程前に西宮の門戸厄神駅前にピッツェリアトリケラをオープンされてて、

ここは2店舗目のトリケラなのでトリケラデュエットになっているのかな。
とにかくここの店長の料理が好きで遠い場所ですが来ちゃいました。
ちなみにモバイルVAIOオーナーでもあります(笑)


image

とにかくメニューも豊富で数人で来てるので沢山いろんな種類の料理が頼めそうです。


image

店内は約30席ほどで、僕たちは念のために予約をしておきました。


image

店内はいい感じに塗られていて良い雰囲気のお店です。


image

こだわりのピザ窯もグレート! いつも綺麗に仕上げています。
そう言えば西宮の門戸厄神駅前の店も5年前にオープンしたときに行ったきりで
久しぶりです。その時も写真撮ってたけどブログで紹介し忘れてた。
あっちのお店のピザ窯もこれくらい大きかったですね。


image

この写真は帰る間際に撮らせていただいたので、焼いてるところを撮ってみたかったなぁ~。


image

さて、僕は運転もするので飲み物はジンジャーエール。


image

とにかく腹ペコなのでソッコーで注文。


image

まずは前菜。
「1人用前菜プレート8種」。

image

綺麗に一品一品盛り付けられて可愛いですね。撮り欲が止まらない(笑)


image

お次はピッツァ!
まずは素焼きピッツアの「パーネ」から。
とにかくまずピザの生地を楽しむならコレですね。
塩味でシンプルに味わえてこれがまた美味いんです!


image

お次のピッツアは、本日のおすすめの「味濃いトマトのマルゲリータ」
通常メニューには載っていなかったが、本日のおすすめでのみ頼めるメニューもあるようです。


image

お次はパスタで、これも本日のメニューに載ってた
「ホワイトアスパラとベーコンのカルボナーラ」を頼みました。


image

こちらも本日のメニュー「イワシのシチリア風ペンネ」。


image

またまたピッツァの登場。
4種のチーズソースで作られた「クアトロフォルマッジ」。


image

お次はメイン料理です。
人数の関係で大きめの魚を使った「ほうぼうのアクアパッツァ」。


image

メイン料理 「但馬高原鶏モモ肉の薪窯焼き」


image

メイン料理 「仔牛ヒレ肉のミラノ風カツレツ」

ほんと沢山お料理をいただき満足です。
数人で行けば沢山の種類を分けて食べられるのが良いですね。
贅沢なひと時を過ごせました。


image

最後はエスプレッソをいただいて、大満足。


image

食べ終わってから店内を撮影させていただきました。


image

お客さんが映さないように撮るのは画角が限られてくるのでイメージが難しいですね。


image

それでもやっぱ写真撮影は楽しいです。

image

やっぱり透明感のあるグラスの撮影は撮ってて楽しいです。



image

こちらは外で入口の手書きメニューです。


image

外のネオンなんですが、実はその横に「焼肉みなみ」って看板が上がっているので
最初??ってなっちゃいました(笑)

ほんと久しぶりに美味いイタリア料理をいただきました。
また近くに寄ることがあれば寄りたいと思います。

みなさんも是非食べに行ってみてくださいね。

あっ、そうだ!Sony*Photo*Life[◎]だったことを忘れてた!

今回、店内の写真は全てISO感度3200で撮影しております。
レンズがF4.0通しのレンズなのでちょっとだけ絞るとシャッター速度が落ちるので
思い切ってISO3200で撮りました。
でもさすがは「α7」ですね。ノイズ感もなく綺麗に撮れていました。
写真はところどころ明るさ補正で少しだけ明るくしています。
やっぱ食べ物を撮影するときは明るく撮る方がおいしそうですもんね。

image
使用カメラ:α7詳細・ご購入はこちら
使用レンズ:
SEL2470Z詳細・ご購入はこちら

こんな風な写真が撮りたかった!って思われた方は
是非参考にしていただきたいかなと思います。

以上、ごちそうさ... Sony*Photo*Life[◎]でした。


image5022222222222222222222222222
VAIO OUTLET 旧モデルをお得に買うならここ!


image139image141image140

imageimageimage 

image112image113[1]image111 

imageimage 


image7322223222222222222222222222222[1] image1216222242222222222222222222222[1]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら 




image112[2] 

ワンズのホームページへ



3m水槽に圧倒!お客様の仕事場にお邪魔してきました!Sony*Photo*Life[◎] [Sony*Photo*Life [◎]]


image

先日、お客様の仕事場に入った新しい3m水槽を観にお邪魔してきました!
兵庫県小野市で婦人服・宝石店を営む「KAKEHI」さんの仕事場です。
去年「フォトスタジオ カケヒ」をオープンされた時もスピーカーを持ってお伺いしました。
とにかく何をやるにしてもこだわってらっしゃるので、
いつも楽しく、お付き合いさせてもらっています。

(13.09.09) 7月にオープンしたばかりのフォトスタジオに「HT-ST7」を持ってお邪魔してきました!

仕事帰りで夜遅かったのですが撮影には絶好の時間帯でした。
ってことで、久しぶりの Sony*Photo*Life[◎]と行きましょう!


image

今回撮影に使ったのは、
本体がα7と、レンズはSEL2470Zで、最高の組み合わせでの撮影です。
24~70mmをF4通しで撮れるので、焦点距離をかえても
露出の設定値やシャッター速度がほぼ変わることないので撮影がしやすいんですね。


実はこの水槽が入る前に電気工事と水道工事をさせていただいてて、
なんとなく大きさのイメージはできていたつもりなのですが、いざ水槽が入ると、
3m幅って実際に見ると、ほんとすんごいですよ! もう圧倒されました!


image

(11.07.19) Sony*Photo*Life[◎]癒される仕事場「ネイチャーアクアリウム」

以前はネイチャーアクアリウムで1.8mの癒しの空間を演出して、
この時も水族館以外では見たことのないくらいの大きな水槽で、


image

そこには小さな熱帯魚たちが泳いでいたのですが...


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/250、+0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

新しい水槽の主役は大型の古代魚「アロワナ」です。
いきなりのサイズアップですね(笑)


image

そのアロワナがこの3m水槽に入ると小さく思えるほどの巨大な水槽なんです。
話には聞いてたけど、実際に見るとまさかここまでデカいとは!
僕の撮影位置の目の前に長いデスクスペースがあって、
鑑賞しながら仕事ができるっていうまさに夢の職場です。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/160、+0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

泳いでいる魚でも被写体が大きいので小さな魚を撮るよりは撮りやすいですね。
撮ってて発見したのですが、ちょうど水平に真ん中あたりの鱗に穴が空いているんですね。
自然に空いているにしてもすごいですね。


image

先程の写真のトリミングなんですが、ISO3200でもノイズ感はほぼ感じないので
F4で暗くなる分ISOを高めにしてシャッター速度を稼いでいます。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/160、-0.7EV、Dレンジ(オート)、手持ち

僕が気に入ったのがこの子でした。
ヒレをパタパタと手足のように動かしている姿が可愛いんです!


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/200、-0.7EV、Dレンジ(オート)、手持ち

大きな水槽なのでズームして絞りF4で撮影しているのですが、
手前の空気がライトに照らされて綺麗な円形ボケを演出しています。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離38mm、F4、1/320、-1.0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

撮影しててだんだん分かってきたのですが、ライトアップされているので、
かなりマイナス露出して撮る方が綺麗に思えます。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離38mm、F4、1/320、-1.0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

ねっ!深海を泳いでるようでいい感じに見えませんか?


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/320、-1.0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

実際どれくらいのクオリティで撮れているのか、上の写真をもとに、
等倍表示してみたのが以下に。


image

どうですか? これが等倍表示したISO3200のノイズ感とクオリティです。
十分ですよね!
とりあえず泳いでる魚をオートフォーカスでこれくらいのクオリティで撮れていました。
ほんと最初はF4で暗いかなって思ってたけど、ISOを上げてシャッター速度をしっかり稼げば
ブレずに撮れるし、フォーカスも合いやすいですね。
F4レンズに対する考え方がほんと変わってきました。
この日用意してたAマウントレンズ50mmF1.4は必要ありませんでした。
実際F1.4じゃバシッっと被写界深度が浅く、バシッと被写体全体にピントを合わせることが
できなかったでしょうからね。
絞ることの大切さも、このレンズで再認識です。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)、明るさ補正
ISO3200、焦点距離27mm、F4、1/60、+0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

大きな魚は、流し撮りを極めるのにもいい練習になりそうですね。


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート)
ISO3200、焦点距離39mm、F4、1/160、+0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

こうやって休んでるときはほんと楽に撮れますよね。 撮ってて面白味は無いけど(笑)


image
α7SEL2470Z:ビビット、絞り優先、WB(オート) 、トリミング
ISO3200、焦点距離38mm、F5、1/250、-1.0EV、Dレンジ(オート)、手持ち

こんなのもどうですか?
正面からの姿はあまり見たことがありません。

いかがでしたか?
いや~ほんと良い撮影経験をさせていただきました。
ここのオーナーさんは、「次は5m水槽かな」ってすぐに次の計画に入っていました。
凄すぎです!


image

あとこの場所でいい音で音楽を楽しみたいというお客様の要望。
やっぱこのデスクスペースに似合うスピーカーは「SRS-X9」ではないでしょうか!
かさばらないし、デザインも良いし、いい音で楽しむには最適だと思います。
是非!このスピーカーで癒しの空間を満喫してください。

以上、最後無理やりソニー製品に繋げたSony*Photo*Life[◎]でした(笑)



imageimageimageimage


image4922image4822image5323image5022


image5122image5223image5422

▼最後のSONY製VAIOはこちら

image4532222222 


image_thumb8_thumb_thumb_thumb_thumb
2014年春モデル:VAIO Fit 11A、Fit13A


image4422222222
NEW VAIO 2014春モデル:VAIO Pro 11、Pro 13


image4322222222
NEW VAIO 2014春モデル:VAIO Tap 11


image4022222222
ストアメール新規ご登録キャンペーン!2014年1月28日(火)~3月24日(月)


image5022222222222222222222222222
VAIO OUTLET 旧モデルをお得に買うならここ!


image6032252222222222222222222222222 image12942222222222222222222222222
ウォークマン 「NW-ZX1」
ウォークマン 「NW-F880シリーズ」
image7322223222222222222222222222222[1] image1216222242222222222222222222222[1]
35mmフルサイズ ミラーレス デジタル一眼 「α7」「α7R」の詳細・ご購入はこちら 

image
2013 VAIO 秋冬モデルラインナップ!


image135[2][2][2][2]    image6142252222222222222222222222222[1][2][2][2][2] 



image112[2] 

ワンズのホームページへ







 


Sony*Photo*Life[◎]α77+SAL70300Gで「中秋の名月」を撮影しました。 [Sony*Photo*Life [◎]]

image
α77 + SAL70300G、手持ち、Mモード、450mm、F9.0、1/640、ISO100、0EV
トリミング

今宵、中秋の名月だったみたいなので撮影。
2011年、2012年と3年連続満月のようで、今年を逃すと次は2021年だそうです。
なんとか撮影できて良かった。

image
α77 + SAL70300G、手持ち、Mモード、450mm、F9.0、1/640、ISO100、0EV
トリミング

月って明るすぎるから、カメラのオートで撮影すると真っ白になりがちだけど、
マニュアルモードにして、シャッター速度をどんどん上げていくと、だんだん月が暗くなってきて
このように鮮明に見えるように暗くなってきます。
後は、シャッター速度を適度に保ちながら絞りをある程度(F9.0)絞って、
フォーカスはマニュアルファーカスで、ピント拡大をしてシビアに合わせます。
そうすると、望遠撮影でも1/640のシャッター速度があれば、
手持ちでも撮影できちゃうんです。

それと、月はこれくらい暗めに撮っておくのがおすすめですよ。


image

だって明るくするくらいなら後からできるからね。
できればそんなときのためにISO感度は100くらいがおすすめです。

みなさんも一度チャレンジしてみてくださいね。


image
α77のご購入はこちらからカメラ本体5%OFFクーポンが使えます。詳しくはこちら



image
SAL70300Gのご購入はこちらからAV10%OFFクーポンが使えます。詳しくはこちら



image135[2][2] 


image4142222252222222222222222222222[2][2]
VAIO Pro 13 / VAIO Pro 11

image181222222222222222222222222[2][2] 

image85322222222222222222222222[2][2] 

image345422222222222222222222222222[2][2]
VAIO red edition


image303222222222222222222222222222[2][2]
VAIO Duo 13 / VAIO Duo 11



image6142252222222222222222222222222[1][2][2] 


image112[2] 

ワンズのホームページへ








小野まつり花火大会2013「夜空を彩る5,000発の花火」を今年も撮ってみました! [Sony*Photo*Life [◎]]


image

先日17日は小野まつりの花火でした。
今年はいろいろ経験を積んできたので、
小野まつりの花火はバッチリ撮れるはずと思ってたんですが欲張りすぎて
あまり良い写真がねらえませんでした orz...

撮影機を4台用意して、

SLT-A77V(写真用)
DSC-RX100M2(写真用)
NEX-7(動画用)
SLT-A77V(動画用)

ちょっと言い訳として、今年の他の花火撮影は離れた遠い所からの撮影だったので
そこで経験した知識の感覚で撮ってたらダメだということにも気づかされました。
それと、煙が左手前に流れてきて良い写真が少なかったのと、
小野の花火は30分間に5,000発の花火があまり休む間もなく上がり続けるってこと。
なので煙が溜まってくると、はけないのが辛い所。
見てる分は良いのですが、写真撮影となると長時間露光すれば煙が映りすぎるし
上の方に上がる単発の花火は煙にまかれることは少ないのですが
下の方の連発の花火はかなり厳しかったですね。


とりあえず何枚か撮れた普通の花火をご覧ください。


image
α77 + SAL1650:24mm、ISO100、F8.0、7.0秒、+0EV (トリミング)

1枚目の写真はこの花火のトリミングでした。
この花火は半分違う色で、その中も半分違う色で面白い花火でした。
なんか最初ポケモンボールをイメージしてる花火なのかと勘違いしちゃいましたよ(笑)

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、4.0秒、+0EV (トリミング)

まずは地味に花火だけを撮った写真をご覧ください。

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、4.0秒、+0EV (トリミング)

こういう花火は思い切ってトリミングしてやると迫力がでますね。

image
α77 + SAL1650:24mm、ISO100、F8.0、7.0秒、+0EV (トリミング)

とりあえず何枚か味っ気ない花火をごらんください(笑)

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、3.0秒、+0EV (トリミング)

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、5.0秒、+0EV (トリミング)

image
α77 + SAL1650:24mm、ISO100、F13、7.0秒、+0EV (トリミング)

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、3.0秒、+0EV (トリミング)

ちょっと面白い花火が撮れました。

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、3.0秒、+0EV (トリミング)

さらにトリミングして見てみると花火が生きてるみたいに撮れました。

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、3.0秒、+0EV (トリミング)

これもちょっと面白い写真でした。
かなりトリミングしています。

image
α77 + SAL1650:45mm、ISO100、F8.0、10秒、+0EV (トリミング)

お見せできる最後の花火です。
今年は風向きの関係で煙が左手前に流れてまともに撮れた写真が少なかったです。
しかも近いだけに煙が明るく撮れてしまうのでほんと厳しかったよ~。orz...

今年はせっかくいろいろな花火大会の写真を撮ってきましたが、
どれもかなり離れた場所からの撮影でしたが、いざ近くで撮るとなると勝手が違いますね。
結局24mmの広角レンズでも下の花火と上の花火をすべて入れてしまうことはできません。
なので、三脚で画角を合わせなおしたりが大変でした。
去年も体験してるのですが今年はいろいろ行き過ぎて忘れてしまってた(泣)
っていうか縦位置で撮影できる三脚が必要ですね。
来年は縦位置でも撮ってみようかな。


おまけ。

image

花火職人たちが朝から準備いているところです。

image

昼間っからやっちゃってました。
これだけ暑いと、最初の一杯目は格別ですね。

image

おでんのタコは初めてだったけど美味しかったなぁ。

image

鉄板ではお好み焼きや焼きそば、ステーキ肉などを焼いてみなさんに配給。

image

やっぱ焼きそばは大きな鉄板で焼くのが最高ですね。

image

夕方、小野まつりの雰囲気を楽しみにメイン会場ではないエクラホールへ。

image

ここでも踊りの舞台が用意されていてにぎわってました。

image

すごく暑いので霧のでる扇風機が数台回ってました。

image

もう暑さを忘れてみんな踊ってましたよ。

image

image

image

PM7:00頃娘もワンズ到着したので、一緒にメイン会場のほうへブラブラ。

image

もう凄い人だかりで、この写真は入りの一角で1/10くらいの広さ。
これが運動公園中ぐるっと屋台が並んでます。

image

娘はいろいろ食べた後かき氷を頼んでました。

image

このかき氷がなんと大きいこと!好みのシロップをセルフでかけ放題で満足してました。

image

ことしのクジは巨大なめこハンマーがいろんな店でずらっと並んでました。

image

メイン会場のステージではみんなが楽しく踊ってました。

image

この写真は昨日の2日目よさこい踊りの大賞後のちょとだけの花火。
仕事帰りにちょっと撮ってみました。
撮影場所がわるかったので映り込みが全体的に撮れませんでした。
来年リベンジしたいと思います。


以上、小野まつり2013 花火大会でした。


image6142252222222222222222222222[2] 

image4932222222222222[2]
DSC-RX100M2の詳細・ご購入はこちらから


image5422222222222222[2]
「DSC-RX1R」 発売記念キャンペーン!

image414222225222222222222222[2]
VAIO Pro 13 / VAIO Pro 11

image18122222222222222222[2] 

image8532222222222222222[2] 

image34542222222222222222222[2]
VAIO red edition


image30322222222222222222222[2]
VAIO Duo 13 / VAIO Duo 11





image112[2] 

ワンズのホームページへ








前の10件 | - Sony*Photo*Life [◎] ブログトップ