So-net無料ブログ作成
検索選択
Sony Tablet 2011 ブログトップ
前の10件 | -

SonyTablet S & P が 「ワイヤレスおでかけ転送」に対応! アップデート完全レビュー! [Sony Tablet 2011]

image

昨日から始まった
SonyTablet Sシリーズ、Pシリーズのシステムアップデートで
ついに!「ワイヤレスおでかけ転送」にも対応しました!
その他のスモールアプリも増えたりして、限りなくXperia Tablet Sに近づいてきました。
そのアップデートレポートをしたいと思います。

「いや~ソニー製品買ってて良かった!」 って思える
この一言を待ってましたよソニーさん!

買って1年越しですが相当な進化を遂げ、さらにSonyTabletに愛着が湧いてきました!
というのも全ての商品がnasneを中心に便利になっているので、nasne様様ですね!


image

SGPT111JP/S・SGPT112JP/S・SGPT113JP/S・SGPT211JP/S・SGPT213JP/H
Android 4.0.3を含むシステムソフトウェアアップデート(release5a)開始のお知らせ



それでは行ってみましょう!


image

昨日は休日だったので自宅でのアップデートとなりましたが、
ADSL回線なんでダウンロードに時間がかかり大変でした。
ちなみにダウンロード容量は230MB程だったと思います。


image

ダウンロード完了後、ACアダプター接続必須でアップデートを行います。


image

再起動してアップデート中です。しばらく待ちます。

image

これでアップデート完了!

image

大変だ! ほぼ  「Xperia Tablet S」化してしまったではないか!

アップデート内容を詳しく見ていくと、

---------------------------------
【システムソフトウェアアップデートの主な内容】
▼新規機能/アプリケーション
?ゲストモードの追加
?メディアプレイヤーアプリケーションの刷新(「WALKMAN」「アルバム」「ムービー」)
?ワイヤレスお出かけ転送への対応
?スモールアプリへ新たに「タイマー」「レコーダー」を追加、
?スモールアプリのウィジェット対応(ウィジェットをスモールアプリとして利用可能)
?「Xperia Link」アプリケーションの追加(Wi-Fiモデルのみ)
?「リモコン」アプリケーションにマクロ機能の追加(SonyTablet Sのみ)
?TOPICSなどの新しいウィジェットの追加
?「Socialife」の追加
?標準キーボードの入力言語の追加
- 日本語(手書き)、韓国語、アラビア語、タイ語、ギリシャ語
?クリップボード機能の拡張
?「YouTube」アプリケーションの追加(SonyTablet Pのみ)
?リモコン及びスモールアプリのSDK(Software Development Kit)対応

▼改善される事象
?SDXCカードを差し込むと、SDXCカード内のデータが破損される
?SDXCカードが挿入されたカードリーダやデジタルカメラなどの外部機器を接続すると、
SDXCカード内のデータが破損される(SonyTablet Sシリーズのみ)
---------------------------------

image

基本 「ワイヤレスおでかけ転送」 ができるだけのアップデートかと思ってたが、
相当なアップデートでしたね。何もかも変わってしまったって感じです。

楽ちんテザリングができる「Xperia Link」アプリが追加されてたり、
従来のアプリから新しく更新されたりしているので、
あれっ「DLNA」アプリが無くなってしまった!って思っても
DLNAは音楽は「WALKMAN」、動画は「ムービー」、写真は「アルバム」から可能になった
この辺はいまの「Xperia Tablet S」と同様の機能が手に入ったってことですね。

image

スモールアプリも「タイマー」や「レコーダー」が追加されて、さらに便利に。
あと超嬉しいのが、「+追加」からウィジェットをスモールアプリとして利用できるようになった。

image

このように「Xperia Link」がスモールアプリで登録される。

image

そうすると、ゲーム中であろうが、一度ホームに戻ることなく、スモールアプリで呼び出し
気軽に接続ができるようになる。
このウィジェットをスモールアプリ化できるのは「神」ですね。
うわぁ~もう楽しくなってきた。


image

Guest Mode(ゲストモード)も相当嬉しい機能追加です!

image

お父さんやお母さんがメインでガッツリ使って、
子供にはゲームやネットなどのアプリだけに限定することができるナイスな機能。
これで勝手にいろいろいじられる心配なしですぜ!お父さんお母さん(笑)
子供には「リサとガスパール」の壁紙でもどうぞ。

image

やっと「nasne」の登場です!!

image

さて、本題の「ワイヤレスおでかけ転送」ですが、
XperiaTablet同様 「ムービー」アプリを使います。
おでかけ転送した動画は「ワイヤレスおでかけ転送」で一覧表示され見ることができる。

image

まずは「nasne」にアクセスしたい場合は「Devices」からネットワーク機器を選択。

image

録画した番組一覧が出てきて、「ワイヤレスおでかけ転送」したいタイトルを
指で長押しすると、

image

このように「ダウンロード」「複数ダウンロード」などの選択が出てくるので
とりあえずダウンロードしてみる。

image

あとは自宅で録画したテレビ番組が職場ででもどこでも持ち出して楽しむことができる。

画面がある程度小さくてもよければ、SonyTablet Pは最高のパートナーとなる。
やっぱり手を放しても自立してくれるのが良いですよね。
角度も自由に替えられるし、2画面ある片方には操作パネルが表示され
コントロールできるしなんだか楽しいですね。

image

そこそこ大きな画面で楽しむならXperiaTablet同様Sシリーズがおすすめ。
まぁ僕はSonyTablet SもPどちらも個人所有なんで
用途に合わせて楽しめるサイズを自由に選べるから問題ないですけどね。

PS Vita」も、「WALKMAN Z」も、「VAIO Duo 11」も...
って「ワイヤレスおでかけ転送」できる対応機器ほぼすべて持ってるじゃないか!!
恐るべし最近のソニー。
こんなに物欲の湧く商品を次から次へと作りやがって!(笑)
近年こんなに買った年は無かったな。
あと欲しいのは「VAIO Tap 20」かな。子供に使わせたい!

とってもすべて楽しくさせてくれるのは中心に「nasne」の存在が大きいかな。
この商品の登場で「ネットワーク商品」っていうジャンルの意味が分かってくれたかと思います。

今年の流行語大賞みたいに
今年の家電業界で賞をあげたいとすれば、やっぱり「nasne」ですかね。
一つにつながろう!がホントに実現してしまった今年のソニー製品。
来年はもっと凄いことになる予感がしてワクワクしますね。

もう今年に悔いはないで...
あっ、そうだそうだ!
WALKMAN Zシリーズの「ワイヤレスおでかけ転送」がまだ残ってた!
これが終われば今年は良い年が越せそうです。


image
PS Vita(Wi-Fiモデル)


image[15][3]
PlayStation spacer40-1024,980円~

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>


image151322[2][2] 
AV10%OFF+AV関連アクセサリー5%OFFクーポン → 10,030円image
さらにSonyCard決済なら
SonyCard決済3%OFF → 9,729円image


image2332222222[2][2]
VAIO Tap 20(Windows 8 搭載)
SVJ2021AJspacer40-1079,800imagespacer40-10 長期保証<3年ベーシック>付
image292222222[3][2] 

image61222222222[2] 
VAIO Duo 11(Windows 8 搭載)
キャンペーン適応価格!【2012年12月13日(木)9時15分まで】
SVD1121AJspacer40-1094,800imagespacer40-10 長期保証<3年ベーシック>付
image31255322222222522222222[2] 


image112[2] 

ワンズのホームページへ


SonyTablet Sのシステムアップデートで快適に!それと「Xperia Tablet」の噂について。 [Sony Tablet 2011]

image

昨日の夜、家でまったり SonyTabletを楽しんでたら、
システムアップデートの表示が出て、
アップデートファイルが見つかりました。アップデートしますか?
と聞いてきたのでアップデートしてみた。

image

アップデートファイルは、約9.9MB。

ここ最近、いつからかが分からないが、
システムが少し重くなってきて、タッチパネルの感度も落ちた感があり、
ちょっと調子が悪くなって来たかな?って思ってたら
このアップデートで見事解決しました!


image

大がかりなアップデートじゃないのでAndroid4.0.3のまま。
間違っても4.1の「Jerry Bean」にはならなかったです(笑)

あ~久しぶりにサクサクエクスペリエンスを感じたよ。
みなさんも早めのアップデートを!


お次は、SonyTablet Sの後継機と言われている
「XPERIA Tablet」の噂がほぼ真相に近づくリーク画像情報が!

image
もうはっきりソニーロゴが入った薄型のSシリーズ系のタブレット画像が紹介されています。

image

ありゃりゃ~。ほんとに「XPERIA」ロゴが入っているよ。
とにかく「XPERIA Tablet」っていう名称もほぼ確実な感じになってきましたね。

image

リーク画像が鮮明になるだけでワクワクしてくるのは僕だけ?
とにかく正式な発表とアクセサリー系の詳細が楽しみですね。



image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image112[2]

ワンズのホームページへ


Reader Storeで雑誌のバックナンバーが格安で販売してたので買ってみた! [Sony Tablet 2011]


image

Reader Store雑誌愛読月間」ってことで、
なんと!雑誌のバックナンバーが格安で販売されています。
キャンペーン期間は2012.07.20 ~ 2012.08.31まで。

そういや「SonyTablet」の「Reader」アプリで電子書籍が読めるってのに、
未だに「Reader Store」を利用して本を買ったことがなかったな。

何か僕が読んでみたい雑誌はあるのか? ってことで、リストチェック。

image

▼エイ出版社なら
・BICYCLE CLUB(2012年6月号)600円 → 100円(他バックナンバー)
・BIKEJIN/培倶人(2012年7月号)600円 → 100円(他バックナンバー)
・CLUB HARLEY (2012年6月号)800円 → 100円(他バックナンバー)
・RIDERS CLUB (2012年7月号)700円 → 100円(他バックナンバー)
・Discover Japan (Vol.22)800円 → 100円(他バックナンバー)


▼NHK出版社
・NHKラジオ ラジオ英会話 (2012年7月号) 350円 → 100円(他バックナンバー)
・NHKラジオ 実践ビジネス英語 (2012年7月号) 350円 → 100円(他バックナンバー)
・NHKラジオ 入門ビジネス英語 (2012年7月号) 350円 → 100円(他バックナンバー)
・NHKテレビ テレビでハングル講座 (2012年7月号) 350円 → 100円(他バックナンバー)
・NHKテレビ テレビで中国語 (2012年7月号) 350円 → 100円(他バックナンバー)

▼学研教育出版
・実践障害児教育 (2012年7月号) 500円 → 250円(他バックナンバー)

▼コンデナスト・ジャパン
・GQ JAPAN (2012/7/1 No.110) 350円 → 100円(他バックナンバー)
・WIRED Single Stories 010 250円 → 100円(他バックナンバー)

▼コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン
・VOGUE JAPAN (Jul 2012 No.155) 450円 → 100円(他バックナンバー)

▼東洋経済新報社
・週刊東洋経済 (2012年6月30日号) 700円 → 100円(他バックナンバー)

▼学研パブリッシング
・CAPA (2012年7月号) 500円 → 250円(他バックナンバー)
・GetNavi (2012年7月号) 450円 → 250円(他バックナンバー)
・WATCH NAVI(2012 Spring) 350円 → 170円(他バックナンバー)
・デジキャパ! (2012年7月号) 600円 → 350円(他バックナンバー)
・ドゥーパ! (2012年6月号) 700円 → 350円(他バックナンバー)
・ル・ボラン (2012年7月号) 250円 → 170円(他バックナンバー)
・野菜だより (2012年5月号) 600円 → 350円(他バックナンバー)


安ぅ ~!!
バックナンバーがこのように電子書籍で安くタブレットなんかで楽しめるんだったら
ちょっと楽しんでみようかなぁ~。


image
とりあえずセレクトしてみたのが以下の4つ

・WATCH NAVI(2012 Spring) 350円 → 170円(他バックナンバー)
・BICYCLE CLUB(2012年6月号)600円 → 100円(他バックナンバー)
・Discover Japan (Vol.22)800円 → 100円(他バックナンバー)
・ドゥーパ! (2012年6月号) 700円 → 350円(他バックナンバー)

ドゥーパ!に関しては、毎回ちゃんと雑誌を購入しているのですが、
もったいなくって自分で自炊する気はないので、安くなった分電子書籍で楽しんでみる。

それでは実際に買ってみよう!


Reader(TM) Store
↑まずは、SonyTabletを使って、このリンクからReaderStoreにジャンプ。


image

ReaderStoreのトップページに飛んできたら、
この画面に6つ広告がフラッシュで定期的に切り替わるようになっていて、
「雑誌愛読月間」(上写真赤枠)というバナーが出てきたらタップする。

image

そうするとこのページが出てきて下にスクロールすると
お得な雑誌の一覧が表示される。

image

そして購入したい雑誌を選びます。
今回は雑誌で「Discover Japan」をタップ。

image

そうすると、バックナンバーが出てくるので、目当てのバックナンバーを選ぶ。



image

そして、「カートに入れる」をタップする。
この時に、「カートに入れる」の下に、対応機器でSonyTabletがフォーカスされているので
「カートに入れる」ボタンが押せるようになっているのですが、これパソコンで見たり、
非対応機器で見るとボタンが押せなくなります。
間違って対応していない機器で買えないよう良く考えられています。

image

カートに入れたらMy Sonyのログイン画面が出てきます。
もちろんID・パスワード入れてログインします。

image

そうするとショッピングカートの中身が出てきて購入手続きにすすめます。
そういや、ソニーストアではないけど、ソニーポイントが使えるんだったな。
ちょこっとポイントがたまっているのでいろいろ買ってみよう。

image

戻って他の雑誌もカートに入れまくりました。
4冊選んで720円でした。 安!!
バックナンバーってところもありますが、今まで読んだことのない雑誌ははっきり言って
いつ買っても新鮮です。僕がそう思うだけかもしれないですけどね(笑)

それでは「購入手続きへ進む」をタップして、購入手続きに進んでみよう。

image

あれっ?
またID・パスワードの画面が出てきた。
先ほど入力したはず...、どうやら少し画面が違うけど、ここでもう一度入力しないといけない。
頑張って入力する(笑)

image

お支払方法の画面に進みました。
僕はソニーポイントで購入するんで、ページをスクロールし、

image

ソニーポイントを使用するにチェックを入れて、....!?
こっから先はどうするんだ? 進むボタンや購入ボタンがないぞ!
っとプチパニックを起こしながら、以下で解決。

image

このページを読み込みなおしたら解決しました。ただのバグ?だったのかな(汗)。
「ご購入内容確認ページへ進む」ボタンをたっぷして進みます。

image

最終購入内容確認の画面が出てきて、
確認ができたら「この内容で購入する」をタップして完了。

image

これで決済が終了。
ページを下にスクロールすると、チェックボックスがでて、「ダウンロード」ボタンが現れたけど、
僕はここでダウンロードせずに、
SonyTabletのReaderアプリに戻って、

image

左上の本棚のようなアイコンをタップすれば、ホーム・書籍・コミック・雑誌・お気に入り・書庫
っていうカテゴリーが現れるので、今回はすべて雑誌だったので「雑誌」をタップ。

image

すると購入した雑誌の一覧が出てました。
まだダウンロードしていないので、
まずは「ドゥーパ」って雑誌をタップするとダウンロード中ですよってなアイコンがくるくる回りだします。

image

ダウンロードが終わると「NEW」マークがつくので楽しむことができます。
残りの雑誌もタップしてダウンロード開始。

今回この4つの雑誌だけで合計712MB。
雑誌を大量にストックして楽しむには、
SonyTabletの容量は多いに越したことはないなと思いました。

さて、実際に雑誌を楽しんでみましょう。

image

あれ?

「コンテンツを開けません。 このコンテンツを表示するには、
Reader機能拡張をインストールする必要があります。
GooglePlayに移動してダウンロードしますか?」

って表示されたので「はい」をタップ。

image

Reader(日本語・拡張機能)をインストールして完了。

もう一度雑誌を選んだら

image

おぉー! カラーで楽しめました!
これは見開き表示なんですが、

image

縦にすると1ページが大きく表示されます。
もちろんピンチインピンチアウトで拡大する縮小も可能です。
なんか楽しいなぁ~。

image

結局一番気に入ったのが
「Discover Japan」のバックナンバー。100円で安いしなかなか見ごたえがある。
別にシーズン関係なく楽しめるんでバックナンバー安くて最高です。

みなさんもこの機会に電子書籍を楽しんでみてはどうですか?


image
電子書籍リーダー「Reader」PRS-G1 / PRS-T1

image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image112[2]

ワンズのホームページへ


SonyTablet S用 ストア限定 POTERオリジナルケースが4,980円!急げ! [Sony Tablet 2011]

image

SonyTablet Sシリーズ用の ストア限定 POTERオリジナルケースが
なんと4,980円で値下げ販売!気になってた方は急げ!

▼POTERオリジナルケース
CC-PTR/STSspacer40-104,980円image SonyPoint:498ポイント

僕も気に入って使っています。
発売当初は9,980円だったので約半額ですね。いやポイントもらえるからそれ以上か!

とにかくおすすめ!
丈夫なバリスターナイロンを使用した吉田カバンの定番素材。
限定のレッドラインがカッコよさを引き立てます。

image

先日安くなったキャリングケースを付けたままで入れられるかをテストしたところ

image

少しキツく感じますが何とか収めることができます。
オリジナルケースに入れる時には、わざわざキャリングケースを外す必要はなさそうですね。

いつまで買えるか分かりませんが気になってた方はどうぞ!

image
▼クレードル(SonyTablet Sシリーズ用
SGPDS1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント

image
▼ACアダプター(SonyTablet Sシリーズ用
SGPAC10V1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント


image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image112[2]

ワンズのホームページへ


車で使っているスピーカー「RDP-NWV500」 をBluetoothでワイヤレス化してみる。 [Sony Tablet 2011]

image

SonyTablet 「車載快適化計画!」 の最終段階は
スピーカー「RDP-NWV500」への接続を、ワイヤレスで快適な環境に仕上げる。

これはほんと個人的な使用環境のため、
「だったらこうすりゃいいじゃん!」って突っ込みがたくさん聞こえてきそうだけど
今の環境にプラスして快適にするってのを目的としてレビューするのでよろしく!

まず最初に断っておこうかな(笑)
はい、そうです! Bluetooth搭載のカーオーディオなら即解決です!

いやいやそうじゃなくって...
まず僕の車の環境を説明すると、
僕個人的にはこのサウンドマグと呼ばれる「RDP-NWV500」というスピーカーがお気に入りで、
SonyTabletを「ライン入力」で接続して楽しんでいます。

imagetoumei▼ウォークマンドックスピーカー
toumeiRDP-NWV500toumei19,800image
toumeiimage


ウォークマンならウォークマンポートを使って充電しながら楽しむことができます。
でも実際接続するのが面倒だし、線が見た目にもあまり良くなく、かっこわるいので


Bluetooth搭載の「RDP-NWV600B」を買えば超スマートな環境ができます。

image

ちなみに、なぜサウンドマグにこだわっているのかって言うと、
14年前、ソニーのカーオーディオのサウンドシステムを構築していて、それが壊れたきっかけで
気軽に音が楽しめるサウンドマグに乗り換えたんです。
(MDX400やアンプ・ウーファーなど、実際外すの面倒だったってこともありますが...)

そこでサウンドマグを使っていて気が付いたのが、
サウンドマグなら、かなりボリュームを上げても、音が車外にあまり漏れないところ。
実際、車のドアに付いているスピーカーは、音の振動でドア自体がスピーカー化してしまって
軽四のようにドアが薄い車は、ほんとに音が漏れやすいんですよ!
そんなこちらの都合からスピーカーはサウンドマグに完全にシフトしています。

image
toumei▼Bluetooth搭載ウォークマンドックスピーカー
toumeiRDP-NWV600Btoumei24,800image
toumeiimage


いやほんと、できればコレ欲しいよ! お金があればね!
僕は頑張ってこのBlutooth搭載のサウンドマグを買えば、一番スマートに音が楽しめる。
でも以前結構な金額を払って「RDP-NWV500」を買っちゃってるんで
なかなかそれ以上のお金を払って買えませんよ! 実際NWV500が余ってもしょうがないし...。

ってことで、前置きが長かったですが、
今の環境にちょっとプラスしてBlutoothワイヤレス化をしてみたいと思います。

どうするかっていうと、答えは簡単で、

image

スマホやウォークマンをワイヤレスで楽しむ 「ワイヤレスステレオヘッドセット」に接続します。
今まで、ライン入力をSonyTabletのヘッドホン端子に繋いでたのですが、
それをこの「ワイヤレスステレオヘッドセット」 に接続して
SonyTablet」とBluetoothで接続し音を楽しみます。

image
toumei▼ワイヤレスステレオヘッドセット
toumeiNW600toumei9,980image
toumeiimage



「ワイヤレスステレオヘッドセット」は種類がたくさんあって、
僕が選んだのはこちらのソニーエリクソン製の「NW600」。
有機ELディスプレイで機器を切り替えるのも見て分かるし、とにかくスマートでかっこいい!

image

Bluetoothの(AVRCP 1.3)に対応していて、音楽再生時は曲名も表示してくれるので
超おすすめです! でも実際自分の持っている商品で曲名表示するのはiPhoneとiPadだけ。
はやくAndroidでも(AVRCP 1.3)に対応していて当たり前にできるようになってほしいですね。

ソニーエリクソン製でありながらも、AV10%OFFクーポンが使えるのでうれしいですね。
先日までやってたAVアクセサリー関連+5%OFFクーポンも使えたので安く買えました。
えっ?それでも結構高いじゃないか!って思われるかもしれませんが、
僕は車だけの使い方をしていないのと、デザインにもこだわりたいし、
この選択にはかなり満足しています。もっと安い選択肢もあるので後程。

NW600」は機器を3台分登録してくれるので、
僕は「SonyTablet Sシリーズ」 「SonyTablet Pシリーズ」 「WALKMAN Z」を登録
しています。

image

基本は車に常設しているのですが、この商品充電する必要があるので、
たまに外して充電しないといけないのですが、
本来の使い方Bluetoothヘッドホンとしても、たまに使っているので、
どこかで充電するきっかけがあるので、面倒とは思わず使っています。


imagetoumei▼ホームシアターシステム
toumeiHT-FS30toumei20,801image
toumeiSonyPoint:912ポイント
toumeiimage



あと家では、テレビと接続している簡単なホームシアターシステム「HT-FS30」と
NW600」とを、「ライン入力」で同じように接続し、
テレビを楽しまないときは「SonyTablet」や「WALKMAN」の音楽を
Bluetoothでワイヤレスで楽しんでいます。

image
慌てて出勤前に写真とったのでホコリまみれで恥ずかしい(笑)

良く使う「SonyTablet Sシリーズ」「SonyTablet Pシリーズ」「WALKMAN Z
この3台分をペアリングしているので、
ライン入力のある機器なら、気軽にBlutoothでワイヤレスでスマートに楽しむことができます。

これだけ便利な使い方ができるので、ちょっと高めでしたが「NW600」は満足して使っています。

以下に安い「ワイヤレスステレオヘッドセット」もあるので要チェックです。

image
toumei▼ワイヤレスステレオヘッドセット
toumeiDR-BT63EXPtoumei6,980image
toumeiimage
8台までの機器をペアリング・マルチポイントにも対応



ちょっと高めだけど、単体でmicroSDでMP3が楽しめたり、スマホのカレンダーのリマインドや
SMSのショートメッセージや、Eメール、Twitter、Facebookの内容が見れたりする、
スマートワイヤレスヘッドセットもおすすめです。
image

toumei▼スマートワイヤレスステレオヘッドセット
toumeiMW1toumei12,800image
toumeiimage
単体でFMラジオ・microSDでMP3プレーヤーが楽しめる。



これで「SonyTablet Sシリーズ」「SonyTablet Pシリーズ」「WALKMAN Z」は
どこでもBluetoothでワイヤレスで楽しめるって感じです。
まぁ こんな使い方もありますよってな個人的な使用レビューでした。

image

image

image

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


SonyTablet Sシリーズのクレードルを車内に設置して快適空間を構築。 [Sony Tablet 2011]

image

車にSonyTabletSシリーズ用のクレードルを設置してみました!
結構いい感じに仕上がったので大満足です。

image
▼クレードル(SonyTablet Sシリーズ用
SGPDS1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント




image
▼ACアダプター(SonyTablet Sシリーズ用
SGPAC10V1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント



同じような環境に共感が持てる方は参考にしてください。
それでは行ってみよう!

image

クレードルの支えの三角の部分は先日のブログを参考にとりはずしてください。
ACアダプター、クレードルともに980円という格安になっていたので
完全に車内に固定と言うことで取り外しすることを考えないで両面テープで完全固定し、
線も見えないように綺麗に設置しました。

電源には12V車用の100Vインバーターを使っております。

ちなみに、1DINのカーオーディオは数年前から壊れており、取り替えてもいいのですが、
今現在ソニーさんはカーオーディオから手を引いているので気軽に取り替えれないんです!
なんといっても、14年ほど前にSonyのカーオーディオシステムを構築しており、
アンプからウーファーまですべて複雑に配線して(当時自分で楽しんでやっていたんだすけど)
それを全部入れ替えてまでこの車でやるつもりもなく、(外すのめんどクセー)
無駄に費用もかかるので別の方法で今は楽しんでいます。

image

スピーカーは以前からサウンドマグを使っているので
ウォークマンなんかを接続して音楽を楽しんでいました。
なので車内蔵のスピーカー・オーディオは今は使っていません。
今の方がボリュームを上げてうるさくしても外にはほとんど漏れなくって良いんです!

基本スピーカーはドアに付いていると思うのですが、
ボリュームを上げると今度はドアがスピーカーとなって外に音が漏れやすいんですね。
特に僕の車は軽四なんで、ドアが軽いし薄いのでスピーカーになりやすいんだね。
だから臨場感を感じるわけでは無ければ、サウンドマグはおすすめです。
今となってはBluetoothモデルがうらやましいです。
今度はBluetooth化をしてみたいですね。

image

この車はワゴンRなんですが、
結構座席が高い分姿勢良く座れば、ほとんど前の視界を遮ることはありませんでした。
それは僕が座高が高いからか?(いや身長が180cmで背が高いと言うことで(笑))

image

とにかく設置してうまくいったのが、
キャリングカバーを付けたままでも使用できるように設置できたこと。


image

これで「Google Map」を使ったナビとして、電源を気にすることなく楽しめます。

クレードルに乗せるといろいろといいこともありますね。
例えば、目的地について動画再生中にTabletの電源を切ると、
今度エンジンをかけた時に自動的にTabletの電源が入るので、
そのまま動画の再生(つづき)がはじまります。
またナビとして使っていても、ナビの状態で電源を切っておけば、
今度エンジンをかけた時に自動で電源が入るのでほんと便利です。
あぁ~パスワードとかかけてる人は毎回ロック解除しないといけないかな。
僕はアプリごとにパスワードをかけているので、ホームの画面ロックは外しています。
子供がゲームとかするときに面倒みたいなのではずしてしまいました(笑)

なにはともあれ、SonyTablet Sシリーズのどこでも充電計画は無事に終了。
おつかれさまでした。

SonyTablet関連の次のネタは「nasne」ナスネになるんだろうなぁ。


image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!


image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image
SonyTabletがついに!Android4.0.3にアップデート。BDレコーダー連携が可能に!

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


超安くなったSonyTablet関連製品、注文したのがいろいろ届いた。 [Sony Tablet 2011]


image

先日値段が下がりに下がりまくった、Sony Tablet関連製品
大量に購入してみたのでちょこっとレビュー。

以前から欲しかったけど高くて買えなかった本革のキャリングカバーを手に入れました!
image
価格変動:9,980円→6,980円→2,980円
▼キャリングカバー(SonyTablet Sシリーズ用
SGPCK1spacer40-102,980円image image
SonyPoint:298ポイント


まず値段がびっくり価格にまで値下がったので買ってしまった。
しかも、たぶんSonyTabletをソニーストアでご購入された方なら、
SonyTablet関連製品10%OFFクーポンをお持ちだったと思うのでさらに安く購入できます。

僕の例では、
2,980円 → SonyTablet関連製品10%OFFクーポン → 2,682円image
しかも溜まってたクーポンで購入したので最終タダ。
さらに、このキャリングカバーを買えば10%分のSonyPoint298ポイントがもらえるので、
実質2,384円程で買えることになる。

image

本革製ですよ!
ソニーロゴ入りでかっこいい!(ただ単にSONY LOVEですみません(笑))
ちなみにうちの娘は5歳の時からソニーロゴには敏感です。
「あっ ソニーや!」ってすぐにソニーセンサーが働くようです(笑)
そりゃ~父ちゃんがこれだけソニー製品持ってたら敏感にもなるかぁ~。

image

ソニータブレットが、厚みのあるタブレットなだけに、カバーを付けるとさらに分厚くなりますが、
僕個人的には、かなりお気に入りですね。
色もブラウンをセレクトしてみました。

image

このキャリングカバーはクレードルが無くっても、こんな風にすればスタンド代わりにもなります。

最近自宅ではブルーレイレコーダーに録画したテレビ番組をワイヤレスで楽しむ
「レコプラ」にハマっているので、いつでもクレードルいらずで気軽に楽しめるようになりました。

image

クレードルで充電するときも問題なしで、
このようにして乗せればキャリングカバーを外すことなく使えます。

image

そうそう、今までこのキャリングカバーを買わなかったのが、
最初に「POTER」キャリングバッグを買ってしまってたからなんですね。
なかなかこんなのを2つも買う余裕がなかったのであきらめてました。
でもこれだけ値段が下がったら、ためらいなく購入してましたね。

image

それではここで実験。
このキャリングカバーを付けた状態で、POTERのキャリングケースに入るかどうか!?
少しキツく感じますが、何とか入りましたね。
よかったよかった (^_^;)

image

そして本日届いたのがこの3商品。
ACアダプターが2個とクレードルが1個。

ACアダプターの一つが職場のパソコンの横にクレードルだけ置いて
台としてだけ使っていたのですが、今日から充電もできるようになりました!
ほんと、余裕ができたら買い足していこうと思い、
欲しい新商品も絶えることなく、アクセサリーにまで手は出せなかったんですが、
ついに念願が叶いました!

image

あとのもうワンセットは車内に積み込んでおこうと計画しています。

image
▼クレードル(SonyTablet Sシリーズ用
SGPDS1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント


image
▼ACアダプター(SonyTablet Sシリーズ用
SGPAC10V1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント




image

しかしあまり考えてなかったんですが、クレードルって結構出っ張るんでした!
今現在、車のオーディオコンソールなんかの前に壁掛けのように
気軽に乗せれるようにしているんですが、そこに考えていたので、この出っ張りは邪魔ですね。

image

この三角形の部分はカチカチって2段階に角度が調整できるようになっているのですが、
そのままさらに上に向かってスライドさせると意外に簡単に取り外せました。 ナイス!

image

おぉ! これなら車をいじって快適な環境が構築できそうだ!
安くなって失敗してもそんなに金額的に痛くないのでいろいろやってみようっと。

これでSonyTablet環境が理想的な形になってきたので大満足です。

後は明日届く、それぞれのキャリングポーチで一段落。
それにしても良い買い物ができました!
ほとんど溜まってたポイントで買えてしまったのでなおさら満足ですね。
でもDSC-RX100用に貯めてたポイントが一気に消えてしまった。
まぁぼちぼち計画していつか手に入れてやる!

それと「SonyTablet関連製品10%OFFクーポン」は一度しか使えないので、
僕みたいにやっぱり後であれも買おうとして、結局3回に分けて買ってしまったので
10%OFFは結局一度しか使えなくって大失敗。
僕みたいにならないよう、計画を立てて、無駄のない買い方をおすすめします!


image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image
SonyTabletがついに!Android4.0.3にアップデート。BDレコーダー連携が可能に!

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


SonyTablet関連商品が大幅値下げ!SonyTabletユーザーは要チェック! [Sony Tablet 2011]


image

SonyTablet関連商品が大幅値下げしました。
SonyTabletユーザーは要チェックですよ!
もし先日ソニーストアで買ったばっかりって方はソニーストアの差額保証があるので
これも要チェック。
うれしいんだか悲しいんだか...いや、うれしい!

僕なんて発売当初の値段でしたからね。
まだまだ欲しいものがありました。
ただ、ほかにも欲しいものがたくさんあるので、
ついついアクセサリーは後で余裕ができてからいいかって思ってしまってました。

とにかくビックリ価格だったので要チェックですよ!
僕は欲しかった本革性のキャリングカバーに、予備クレードル、予備ACアダプター×2、
P用着せ替えカバーなど、ここぞとばかり買ってしまった...。

SonyTablet SシリーズのACアダプターは特殊なので
いろんな箇所で携帯せずに使いたいので予備を二つも頼んでしまった。
一つは職場、一つは車内用に。二つ買っても1,960円ですよ!
たしか値下がる前は一つ2,980円してたかな。クレードルも。
なかなか予備まではと思ってましたが、一つが驚愕の980円なら大量購入(笑)

とにかく、この記事を書いているそばから、どんどん入荷未定になったり、
販売完了になったりしている商品もあるので、まだの方は以下よりチェックしてみてください。

image
▼クレードル(SonyTablet Sシリーズ用
SGPDS1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント

image
▼ACアダプター(SonyTablet Sシリーズ用
SGPAC10V1spacer40-10980円image image
SonyPoint:98ポイント

image
▼液晶ほぼシート(SonyTablet Sシリーズ用
SGPFLS1spacer40-101,481円image image
SonyPoint:148ポイント


image
▼キャリングケース(SonyTablet Sシリーズ用
SGPCK1spacer40-102,980円image image
SonyPoint:298ポイント

image
▼キャリングカバー(SonyTablet Sシリーズ用
SGPCK1spacer40-102,980円image image
SonyPoint:298ポイント




------------------------------------

image他に、ピンク・ブルー・ゴールドもあり
▼着せ替えカバー(SonyTablet Pシリーズ用
SGPC1spacer40-101,980円image image
SonyPoint:198ポイント
image
▼バッテリーパック(SonyTablet Pシリーズ用
SGPBP01spacer40-102,980円image image
SonyPoint:298ポイント

image
▼ACアダプター(SonyTablet Pシリーズ用
SGPAC5V2spacer40-101,980円image image
SonyPoint:198ポイント

image

▼キャリングケース(SonyTablet Pシリーズ用
SGPCK2spacer40-101,980円image image
SonyPoint:198ポイント


image

▼液晶保護シート(SonyTablet Pシリーズ用
SGPFLS2spacer40-101,481円image image
SonyPoint:148ポイント



image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image
SonyTabletがついに!Android4.0.3にアップデート。BDレコーダー連携が可能に!

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


SonyTabletで放送中のTV番組をライブ視聴して楽しむ。 [Sony Tablet 2011]


image

今日は仕事が終わって家に帰ったら
2014年W杯アジア最終予選の日本対オマーン戦がしてたので
晩御飯を食べながらSonyTabletでまったり観戦しました。

image

今日の晩御飯はあさりのパスタ。
子供たちが今朝採ってきたあさりです。

image

それにしても家にはキッチン・ダイニングにテレビがないので、
テレビを見るときはご飯をいつも急いで食べてたのですが、
SonyTabletとブルーレイディスクレコーダーのおかげで
まったりテレビを見ながら食事ができるようになりました。

もちろん子供たちはリビングの大画面で応援してますよ。

image

パスタを食べた後、酒蒸しした大量のあさりを完食。
これ一人で食べました。
一人で食い過ぎたって思ってたら、家族全員一人これくらい食べてたらしい(笑)
恐るべし!あさりの消費量!

とまぁ、そんなことはどうでもいいのですが(笑)
SonyTabletで少し生活のペースが変わりつつあります。

image

最近行われた「RECOPLA」のアップデートにより、
Androidアプリ 「RECOPLA」で放送中の番組視聴が気軽にできるようになりました。

そしてこの画面、すべての放送局(地デジ・BS・CS)の現在放送中の番組タイトルが
スクロールして快適に表示され、ものすごく見やすいではないですか!

image

そして番組をみたい場合は番組のタイトルをタップすれば、
・タブレットで見る 「お手元で視聴(DLNAプレーヤーが起動)」
・テレビで見る 「レコーダーのチャンネルを切り替え視聴」
が選択できる。

お手元で視聴を選べば、
約8秒くらい待たされてから放送が表示される。

image

サッカーが終わってから日曜洋画劇場「宇宙戦争」が始まったので、
ご飯を食べた後もそのままSonyTabletで映画を見てしまいました。

大画面で見てもよかったのですが、子供たちも途中で寝てしまったので、
僕一人で見るんでしたらこのままパソコンを触りながらSonyTabletで、ながら見をしてしまった。

今年は、みんなでテレビを見るときは大画面BRAVIAで。
そして夜、子供たちも寝て一人になったら、節電の意味も込めて、
SonyTabletでの視聴に切り替えていきたいと思います。
どうせパソコンを触りながらの「ながら見」なので手元に置いてみるほうが実は見やすいんです。

このブログも、SonyTabletで映画を見ながら作成しています。
部屋を移動してもそのまま持って行って楽しめるのでほんとに便利ですよ!

ただし欠点はキッチン近くでのテレビ鑑賞時の電子レンジが敵ですね。
電子レンジを使った時は通信が止まってしまいます。
その後レンジの使用が終わると通信が始まります。
かと言って有線接続の機能なんて無いのでこれだけは仕方がないですね。

皆さんもぜひ!SonyTabletとブルーレイディスクレコーダーで
楽しいテレビライフを送ってくださいね。

image
α77 + 使用レンズSAL70300G
絞り優先、ISO400、F13、1/60秒、焦点距離35mm換算:180mm
クリエイティブスタイル(ビビット:彩度+2、コントラスト+1、シャープネス+3)

またぜんぜん話は変わりますが今日は満月だったみたいですね。

これは夕方お店から撮影した写真。
普段縦撮りをほとんどしないので、縦撮りにも慣れておかないと。


image
α77 + 使用レンズSAL70300G
シャッター速度優先、ISO100、F10、1/100秒、焦点距離35mm換算:450mm
クリエイティブスタイル(ビビット:彩度+2、コントラスト+1、シャープネス+3)

この写真は家に帰ってから車から降りて、
蚊に刺されながらも駐車場から撮影した満月です。
α77と望遠レンズSAL70300Gで撮ったものをトリミングしたもの。

満月って言っても、まんまるではなかったんだけど...。

以上「RECOPLA」レビューでした。

image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image
SonyTabletがついに!Android4.0.3にアップデート。BDレコーダー連携が可能に!

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


進化したSonyTablet でBDレコに録画したTV番組をワイヤレスで楽しむ! [Sony Tablet 2011]


image

SonyTabletのAndroid 4.0.3にアップデートもできたし、
ついに待望の「RECOPLA」アプリが楽しめます。

RECOPLA」とは、ブルーレイディスクレコーダーに録画したテレビ番組を
Wi-Fiを使ってワイヤレスで楽しむことができる凄い機能。

対応しているブルーレイは限られているものの、この機能は自宅のテレビライフを変える
画期的な機能ですね。

・“Sony Tablet”で、ブルーレイディスクレコーダーに録画した番組を視聴できる!
▼対応しているブルーレイ
BDZ-AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75/AT770T
▼※"Sony Tablet"での視聴は6月頃ブラビアのソフトウェアアップデートで提供予定)
KDL-46/40/32HX65R

image

まずはGoogle playストアから 「RECOPLA」をダウンロード。

image

そのあと、Google playストアのマイアプリから「Media players」のアップデートも
事前にしておきます。

image

インストールされた「レコプラ」のアイコンです。
さっそく起動してみます。

image

まずは機器登録です。
同じネットワーク上にある機器の検索を「機器追加」でします。

image

自宅にある2台のブルーレイ。「BDZ-AT970T」「BDZ-AT700」です。
一つはブルーレイに録画したテレビ番組を”SonyTablet”で楽しめる
「RECOPLA」に対応した「BDZ-AT970T」。
もう一つは一世代前の「BDZ-AT700」。
AT700に関しては録画した番組の再生には対応しないが
「RECOPLA」を使ったタイトル一覧やタイトル編集、リモコン操作ができるので
どちらもSonyTabletに登録することに。

image

登録はいたって簡単。
出てきたブルーレイのアイコンを選んでから「この機器を登録する」をタップするだけ。

image

簡単に機器登録成功し、機器登録が完了する。

image

2台とも登録が完了すると、どちらかブルーレイを選んでみる。
まずは録画したテレビ番組をワイヤレスで見てみたいので「BDZ-AT970T」を選択。

image

データベース読み込みが始まり、タイトルリストが表示されるので
見たい番組を選択します。

image

そうすると、再生方法を選択してくださいってのが出てきて、
以下のどちらかの選択が出てくる。
・お手元で再生(DLNAプレーヤーが起動)
・接続先のTVで再生(リモコン画面が起動)

とりあえずSonyTabletで再生するなら 「お手元で再生(DLNAプレーヤーが起動)」を選択。

すると、

image

しばらく待ったら映りました!
しかも送られてくる映像が720pで本当に綺麗ですね。
SonyTablet Sシリーズの液晶解像度は1280×720なので
完璧にSシリーズのために最適化されていると言っても過言ではないですね。

ほんと自宅での便利に使わせてもらっています。
実際、便利なのは便利なのですが、もうちょっと読み込みのレスポンスが上がれば
言うことないんですがね。
例えば、コマーシャルに入ってからチャプター送りをすると7~8秒ほど待たされてから
再生が始まります。

もうちょっとレスポンスが上がれば完璧なんですが、あまり贅沢は言えません。

ちなみに
BuffaloのAirStationにUSB接続して、NAS化しているHDDに入っている
1280×720のmp4動画を同じDLNAアプリを使って再生するとこれがまた快適。
自分の好きなシーンに再生位置をスライドすれば1秒ほどで普通に再生が始まる。

せめてこの速さまでとは言いませんが、2・3秒くらいなら神ですね。
今後のバージョンアップにレスポンスの改善に期待したいですね。


image
SonyTablet PシリーズにWi-Fiモデルが登場!!

image
SonyTablet Sシリーズ プライスダウン!

image
SonyTabletがついに!Android4.0.3にアップデート。BDレコーダー連携が可能に!

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>

image112[2]

ワンズのホームページへ


前の10件 | - Sony Tablet 2011 ブログトップ