So-net無料ブログ作成

全部盛りの新型4Kハンディカム「FDR-AXP35」」スペックレビュー! [新商品レビュー]


image


新しく登場した4Kハンディカム2015年モデルのスペックレビューをしたいとおもいます。
と、その前に、
2014年に登場した「FDR-AX100」は上位モデルとして今後も販売継続なので
その辺の違いも一緒に説明していきたいと思います。



image

FDR-AXP35」「FDR-AX30」共に基本スペックは同じだと思ってください。
違いは
・プロジェクター機能内蔵
・電子ビューファインダー
が付いているのがどうかだということです。

それを踏まえた価格差が15,000円+税です。

imageimage(2月20日発売)
FDR-AXP35:144,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
(空間光学手ブレ補正、光学10倍ズーム、プロジェクター内蔵、電子ビューファインダー)

imageimage(2月20日発売)
FDR-AX30:129,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
(空間光学手ブレ補正、光学10倍ズーム)

う~ん、
プロジェクターはともかく、電子ビューファインダーに+15,000円払う価値はあるので
おすすめは「FDR-AXP35」ですかね。


 FDR-AXP35FDR-AX30
外形寸法(mm)75×78.5×149.571×78.5×133.5
バッテリー含む寸法(mm)75×78.5×15571×78.5×155
本体質量約625g約585g
バッテリー含む質量約725g約685g


ファインダー・プロジェクター機能を搭載しても40gほどしか差はありません。
ある意味それが凄いな。


それでは特長を見ていきましょう!

image

まぁなんといっても最大の特長は4K動画ビデオカメラで
ハイビジョン(1920×1080)の4倍のきめ細かさ(3840×2160)で記録ができるということ。


image

4Kの記録フォーマットは「XAVC S」。
4K動画だけでは無く、フルHD動画では50Mbpsのはいビットレート撮影が可能です。
もちろんフルHDなら従来の「AVCHD」での記録もOKです。


現行機『FDR-AX100』比で体積約30%、
質量約20%減の小型・軽量化を実現しながら、
4Kハンディカムとして初めて「空間光学手ブレ補正」機能を搭載。


image
撮像素子を含めた光学系全体の配置・バランスを、空間に浮いているかのように保つ
「空間光学手ブレ補正」を採用。
ワイドでもズームでも約13倍ブレない安定した映像で撮影が楽しめます。
歩きながら撮影でもスティディカムを使用したような効果で撮ることができます。

三脚で撮影するのが基本ですが、実際は手持ち撮影が当たり前ですよね。
いくら映像が4K画質で綺麗と言っても、見てて酔ってしまうほどのブレた映像でしたら
4K映像も意味がないし...そんなファミリー向けには助かる機能だと思います。


image

FDR-AX100』では外部メモリーカードオンリーで、
高速なSDカードでの記録にしか対応していなかったんだけど、
FDR-AXP35」「FDR-AX30」は内蔵メモリ64GBに加え
外部メモリーカードにも対応しているのでいざって時でも安心ですよね。


image

まぁ未だに家庭用向けは4Kの60p記録が出来ないのが残念ですが、
出来たとしてもメモリーカードの容量の関係で長時間撮れないので、今は仕方がないかな。



image

FDR-AXP35」は、
約155万ドット相当のチルト式電子ビューファインダーを搭載。
眩しい日差しでの撮影時には凄く役に立つ機能です。
あと、動きの速い被写体撮影では電子ビューファインダーでの撮影がおすすめ。
液晶画面だと撮影がアンバランスになるのでここぞって時は電子ビューファインダーです。
確実に手ブレも抑えられますからね。

個人的にこれがあると便利って言うのは、三脚撮影時のほったらかし長時間撮影。
液晶の大きな画面ではないおかげで液晶画面を閉じた状態で撮影ができること。
長時間撮影のバッテリーの持ちが良いので僕は使い分けています。



image
無くても良いんだけど、あると嬉しいプロジェクター投影機能。
いつでもどこでも投影できる壁があればその場で上映会ができ、みんなと楽しめます。

image

プロジェクター性能に進化は有りませんでしたが、これ意外に楽しいんですよね。

▼当店関連ブログ
プロジェクター機能「HDMI外部入力」で遊びつくせ! 「HDR-PJ790V」 実機レビュー!
プロジェクターで遊びつくせ!「HDR-PJ790V」 完全レビュー! Walkman Z & PS3編


image

ただ撮った映像を映すだけでなくHDMIの外部入力にも対応しているので
パソコンと接続してプレゼン用にも使えるし、
スマホと接続してYouTubeの動画画面を映し出して皆と楽しんだりと
いろいろ楽しめますよ。

imageimage

投影したときは最大200インチサイズで楽しめます。
投影による歪は自動調整。

image_thumb28
以前ワンズ店舗の壁に映し出した時は迫力でした。


ハンディカム2015年モデル全機種に楽しい機能が備わりました。

image
それがこの「マルチカメラコントロール」です。
ハンディカムと、サイバーショットやアクションカム、レンズスタイルカメラなど、
最大5台までWi-Fiで同時接続、同時撮影が可能になりました。
一度の操作で一斉に撮影のスタート/ストップや、
接続した各カメラの映像を切り替えてモニタリングしながら、
望遠やワイドのマルチアングル撮影などが可能です。
ハンディカムで動画を撮影しながら、サイバーショットで高画質の静止画を撮影したり、
アクションカムで超広角な動画を撮影するなど、楽しみが一気に広がります。


image

カメラシューマウント「VCT-CSM1」と組み合わせて、
アクションカムなどとのマルチ撮影し、「PlayMemories Home」を使って
2つの映像をPinPの子画面表示したり縦横にならべたりして編集することが可能。

これは複数台の機器を持ってる方には有効活用できる嬉しい機能ですね。



image

現状としては「XAVC S」で撮影した4K画質の楽しみ方がまだ一般的ではない。

記録したデータはハンディカムと外付けHDDを直接USB接続してバックアップ。
バックアップした外付けHDDを4KテレビにUSB接続して4K動画で楽しめます。

2時間の映像が64GBもの大容量となるので、パソコンに気軽に撮り込む事もできますが
扱いは大変なんですよね。

ビデオカメラユーザーの90%以上は撮った映像を編集しないと思うんですが、
みんなブルーレイやDVDなどのメディアに残して気軽に見れるようにしたいのは確か。
でもブルーレイならハイビジョン画質にダウン、DVDならスタンダード画質にまで落ちるので
この辺がこれからはHDDに残して管理するんですよってのが浸透するかどうか。
あと撮った映像を人にプレゼントしたりするのがかなりハードルが高く今の課題かと思われます。

個人で楽しむ分は問題ないんですけどね。


image

ブルーレイに接続して4K動画をハイビジョン画質に落としてブルーレイに焼くといった
作業だけでも誰でも気軽にできるようになればもっと普及しやすいかと思います。
そういう専用のレコーダーなんか出てこないかなぁ?
擬似的に4K映像のままブルーレイに残せるとかでも良いですからね。
そしていつか次世代メディアが出てきたあともそのディスクで残したのを変換できるという
サポートも含めてこれからもっとユーザーが困惑しない、
安心して買って使ってみようといってもらえるようなサポート体制をしてほしいですね。
買ってからあれはできないんです、コレはできないんですじゃダメですよソニーさん。

僕は今現状4K「XAVC S」で記録した映像をパソコンに取り込んでいます。
その時にパソコンのストレージ容量が大きくないので「PlayMemories Home」を使って
外付けのHDDに取り込んで管理しています。
編集は「Movie Studio Platinum 12」を使って行ってたんですが、
最近バージョンアップした「TMPGEnc Video Mastering Works 6」で編集し
「XAVC S」で出力したり、ハイビジョン出力しています。
編集したデータをUSBメモリや外付けのHDDに入れてテレビに接続して楽しんだり
タブレットに落として楽しんでいます。
またこの辺の僕なりの楽しみ方を紹介したいと思います。


それにしても、気軽に撮影できる4Kハンディカムが登場して
さらに一般化が進みそうなのでこれからの展開が楽しみですね。

image
そうそう、「FDR-AX100」を最近買われた方は公開する必要は無いですよ。
空間光学手ブレ補正は魅力なんですが、
画質面では1インチセンサーを使った「FDR-AX100」の方が上なので
絶対こちらのカメラの方が良いですよ。
ただ、大きいとか想いとか言われたら別ですが...(笑)

とにかく早く新型ハンディカムの実機で画質チェックしてみたいですね。
以上、簡単ですが「FDR-AXP35」「FDR-AX30」のスペックレビューでした。




image



image



▼VAIO|法人モデル(SONY製)速配モデル
---------------------------------
image63image64
VAIO Fit13A(SONY製) SVF13N2SCJ:93,800円+税
VAIO Fit13A(SONY製) SVF13N2SDJ:99,800円+税


image_thumb30image65
VAIO Tap11(SONY製) SVT1122BCJ:140,000円+税
VAIO Tap21(SONY製) SVT2122SBJ:140,000円+税


image



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


▼可愛らしいダンボーグッズを揃えよう!

imageimage

cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh モバイルバッテリー
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Versionモバイルバッテリー
DANBOARD USB Cable with Micro USB connector (25cm)
REVOLTECH DANBOARD mini cheero ver. リボルテック ダンボー


imageimageimageimage



imageimageimage 


image112image113[1] image139








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0