So-net無料ブログ作成

お待たせ!「VAIO Z Canvas」開梱・外観フォトレビュー! [VAIO Z Canvas]


image198

「VAIO Z Canvas」の開梱・外観レビューです!
ちょっとバタバタしてなかなか記事が書けませんが、
頑張ってレビューしていきたいと思います。

それにしても今までにない真四角な感じ?ちょっと縦長な感じの梱包ケースですね。


image3622image
▼VAIO Z Canvas(12.3型)MONSTER タブレットPC
VJZ12A1:249,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image
image3722
※初回生産分早期購入特典あり!

▼関連ブログ記事
ついに!VAIOフラッグシップモデル「Zシリーズ」2機種が発表されました!
「VAIO Prototype Tablet PC」 体験記!外観・使用感レビューだ!
お待たせ!ソニーストア大阪 「VAIO Prortotype Tablet PC」 トークショー徹底レポート!
「VAIO Z Canvas」本日より店頭展示開始しました!
「VAIO Z Canvas」実機レポート!完全スペックレビューだ!


image197

箱を開ければ中に黒いしっかりとした梱包ケースが入っているんだけど、


image196

上下にクッション代わりにこの段ボールで挟まっていました。
あと中の黒いケースはビニールでキズつかないように梱包されています。


image195

これが真のVAIOのケースでした。
いつもの段ボールに黒の塗装がされてるだけではなく、高級感のある質感でした!


image194

さらに上蓋の裏にはクッション材が敷かれていました。ここまでやるか!


image193

箱が2段に重なっていますが、
下の箱のサイドを見ていただくと取りやすいように斜めに傾斜していますね。
上の白い布には「VAIO Z Canvas」本体が収納されています。


image192

間に1枚の薄い段ボールを挟んで、下にはキーボードが白い布に収納されています。


image191

こんな感じで2つともセパレートで梱包されていました。


image190

2重になってた上の段ボールをのけると、このようになっています。


image189

ここには付属品などが収まっています。
「書類関連」や「デジタイザースタイラス(ペン)」が見えますね。


image188

そのほかの
「ACアダプター」「電源コード」「ペンホルダー」「ペンクリップ」はここに収納されています。


image187

付属品一覧です。

・ACアダプター
・電源コード
・デジタイザースタイラス(ペン)
・ペンクリップ
・ペンホルダー
・クルーニングクロス
・書類関連

・Microsoft Office Home & Business Premium +Office365サービス

あと、「CLIP STUDIO PAINT」のシリアルナンバーが記載された用紙が
同梱されていました。
これで絵を描けってことですね(笑)


image186

ACアダプターは19.5V:3.3A出力。


image185

デジタイザースタイラスペンはいつものようにこんな感じで収納。
差し替え用の硬めのペン先もついています。
電池は国内では見慣れない単6の乾電池を使用。

シック エナジャイジャー アルカリ乾電池 単6形 2本入 E96 B2


image184

ペンのクリップ部辺りを回して空けて、ここに単6型電池を入れます。


image183

今回新しく付いているのがペンクリップ。
ペンの太さが欲しいときにペンに付けて使います。


image182

ペンのボタンも押しやすいようになっているのでご安心を。


image181

クリーニングクロスには「VAIO」のロゴ入り。


image180

それでは本体とキーボードを見てみましょう!


image179

キーボードはアイソレーションキーボードでタッチパッドを搭載。
これでマウス操作も可能です。


image178

ホント軽いですね。結構大きいですがたったの340gだけです。


image177

それと本体の液晶とベゼルの黒具合がXPERIAの画面の境目が無いように見えます。


image176

ひっくり返すとシルバーです。


image175

スタンドで立てた状態です。


image[241]

背面にはカメラが付いているくらいですかね。


image[240]

リアカメラは「CMOSセンサー搭載8Mカメラ(799万画素)」です。


image[239]

背面の「VAIOロゴ」は輝いています。


image170[1]

キーボードを液晶画面に付けた状態です。
マグネットで引っ付く構造になっています。


image[238]

キーボードには6か所に小さなゴム足が付いていて、
表面がキズつかないようになっています。


image[237]

VAIOロゴのクローズアップです。特にエンボスになってるわけではありません。
レーザーで刻印されている感じですね。


image[236]

キーボードを液晶画面に取り付けると、
本体のバッテリーからキーボードに充電できるようになっています。
あとキーボードをON/OFFしたり、
ONにするけどタッチパッドを無効にしたりと切り替えが可能。


image_thumb[66]

キーボードはUSBで充電も可能で、microUSB端子も装備しております。


image[233]

キーボードの紹介はこれくらいにして、



image[232]

次に端子部を細かくご紹介。まずは左サイドから。


image[231]

上から、「ヘッドホン出力端子」。
ヘッドセットにも対応しているので、WEB会議やSkypeなどを使うときに便利。
3.5mmの4極ミニプラグに対応で、iOSやAndroid対応のヘッドセットが使えます。

image[55]image[234]

僕もWEB会議ではこのヘッドセット「MDR-EX450AP」を
「VAIO Duo11」のヘッドホン端子に突っ込んで利用しています。
意外に知られていないんですが、ちゃんと使えるですよ(笑)

あと、USB3.0が2ポートあるんですが、青くないですよね。
「VAIO Z」同様USB3.0独特の青い端子にはしていないで黒い端子になるのでご安心を。
黒い方がデザイン性も損なわず良い感じなんですかね。僕は青い端子派なんですが...


image[235]

続いて「UHS-II対応」のSDメモリーカードスロット。
これによりデジカメや4K映像など大容量なデーターを高速に転送することが出来ます。

お次は「Mini Display Port」。ミニディスプレイポート?って何?って言われそうですが、
これはアップル製品に使われるインターフェースで
Windowsユーザーにはなじみがないかもしれませんね。
いわゆる「外部モニター出力」の端子になります。
最大出力「4096x2160/30Hz、3840x2160/60Hz」に対応しています。
まぁクリエイティブな方は「Mac」を使われる方が多いのも現状なので、
自宅のモニターにも出力できるようにとの配慮でしょう。

もちろん「HDMI」出力端子も搭載しているので、何の問題も無し、
当然ながらトリプルディスプレイ出力にも対応しているので、4Kモニター2台にも接続が可能でしょう。

ちなみに「Mini Display Port」はHDMI変換ケーブルもありますよ。

その下LAN端子が稼働ギミックでこの薄さでも有線LAN接続を実現。
この辺はソニー時代のDNAがしっかり受け継がれていて他社には見られないですね。
MacBook Proでさえも有線LANは直接付いていませんからね。
僕もホテルとかで有ると便利なのが有線LAN接続だと思っています。
たまにホテルのWi-Fiが安定しない時があるからね。


image[229]

とにかく端子部が綺麗にまとまっているので見ててもカッコいいですよね。


image[228]

お次は反対の右サイドをチェック。


image[227]

真横でみるとこんなイメージ。


image[226]

こちら側には電源ボタン、ボリュームボタン、
そして半切れですが、ペンホルダーを付ける所。


image[225]

ボリューム端子は+-の部分が少し押しやすいように出っ張っています。


image[224]

次にペンホルダーをご紹介。


image[223]

ここに先程のペンホルダーを取り付けます。
ペンホルダーの2つの爪をこの2つの溝に押し込んで取り付けるだけ。


image[222]

これでペンホルダーが固定できました。


image[221]

そしてペンをこのように取り付けます。



image[220]

実は裏技的な使いかたとして、
ペンホルダーを使わなくっても、
本体側のペンホルダー取り付け部分がマグネットになっているので
直接マグネットで付けることが出来ます。


image[219]

ほらね!なので、ちょっとだけくっつけときたい時に便利ですよね。


image[218]

上からの写真です。
両サイドにこのパソコンならではのボタンが付いていて、
左は「タッチパネル無効」ボタン、右は「ショートカットキーメニュー」ボタンです。
あと、排気口はすべてこの上部に集約です。


image[217]

液晶画面のガラスは6面の強化ガラス。
フレームで隠れるのではなく、このように目に見えるように出っ張っています。


image[216]

最初の方にも言いましたが、
液晶画面とフレームの黒がほんと目立たないので凄くカッコいい感じです!
VAIOロゴが浮いているみたい。

あと液晶保護シート貼り付けサービスは確実にお勧めです。
ほんと完璧に貼ってくれるのでこれは値打ちがあります。
僕もVAIO工場で貼り付けてるところを見学して、貼り付けホヤホヤも見て来ましたが
ほんといい仕事してますよ!


image[215]

フロントカメラの液晶保護シート周りの処理です。


image138[1]

とりあえず簡単にセットアップを済ませます。


image[214]

ほんとディスプレイが綺麗です!


image[213]

さて、開梱・外観レビューも終わったので久々に絵でも描いてみますかぁ~。
時間あるかなぁ~(笑)


image3625image
▼VAIO Z Canvas(12.3型)MONSTER タブレットPC
VJZ12A1:249,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image
image3725
※初回生産分早期購入特典あり!

▼関連ブログ記事
ついに!VAIOフラッグシップモデル「Zシリーズ」2機種が発表されました!
「VAIO Prototype Tablet PC」 体験記!外観・使用感レビューだ!
お待たせ!ソニーストア大阪 「VAIO Prortotype Tablet PC」 トークショー徹底レポート!
「VAIO Z Canvas」本日より店頭展示開始しました!
「VAIO Z Canvas」実機レポート!完全スペックレビューだ!




image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~ 2月26日発売


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


▼可愛らしいダンボーグッズを揃えよう!

imageimage

cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh モバイルバッテリー
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Versionモバイルバッテリー
DANBOARD USB Cable with Micro USB connector (25cm)
REVOLTECH DANBOARD mini cheero ver. リボルテック ダンボー




imageimageimage 







nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 2

あき坊

おはようございます。
やっぱりエエなぁ~~
絵、期待しています^^

by あき坊 (2015-05-25 02:41) 

taku

あき坊さん、おはようございます!
見れば見るほど良いですかぁ~?
僕は自分の所有物ではありませんが近くにあって満足です!
絵、久しぶりに描きますか?
by taku (2015-05-25 08:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0