So-net無料ブログ作成

同種レンズといろいろ比較!開放F1.4単焦点Gマスターレンズ「SEL85F14GM」徹底スペックレビュー! [SEL85F14GM]


image[6]

開放F1.4、解像感と美しいぼけ味を両立させ、
高次元の表現力を手に入れたポートレートレンズ「SEL85F14GM」の
スペックレビューしていきたいと思います。
今回も同種レンズとのサイズ比較やカメラ本体装着時比較など行いたいと思います。

imageimage image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
αフォトライフサポート加入で5%OFFのページから購入いただけます。
image image image
過去最高のレンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!実写作例多数【CP+2016】
大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」プチレビュー!【ストア大阪レポート】
ついに来た!Gマスターレンズ85mmF1.4 「SEL85F14GM」開梱レビューだ!
【GW】 今日は強風の中、地元の大運動会に参加してきました。
α<アルファ>Eマウント 85mmF1.4単焦点レンズ 『SEL85F14GM』 作例集(1)
朝光寺「鬼まつり」を「α7RII+SEL85F14GM」で撮影してきました!作例集(2)


それでは行ってみましょう!



image

ソニーの最先端技術を惜しみなく投入し、
従来よりも高い設計基準で作られたG Masterとして、圧倒的な解像性能と、
αレンズならではのぼけ味をさらに進化させたポートレートレンズです。

▼主な仕様「SEL85F14GM」Gマスターレンズ
・レンズマウント:ソニーEマウント(フルサイズ対応FEレンズ)
・焦点距離:85mm(単焦点レンズ)(APS-C時:127.5mm)
・レンズ構成:8群11枚
・最短撮影距離:0.85m(AF時)、0.8m(MF時)
・最大撮影倍率:0.12倍
・フィルター径:φ77mm
・画角:29度(APS-C時:19度)
・絞り:開放(F1.4)、最小絞り(F16)
・絞り羽根:11枚(円形絞り)
・大きさ:最大径φ89.5mm、全長107.5mm
・質量:約820g
・付属品:フード、レンズフロントキャップ、レンズリヤキャップ、ソフトキャリングケース

image
同種レンズと言えばα<アルファ>Aマウントレンズ「SAL85F14Z」です。
ツァイスのPlanarT*レンズで小型大口径レンズとなります。

比較してみるとサイズ・重さは、
Eマウントの「SEL85F14GM」のほうが重いし大きいですね。
ミラーレスでボディが小さいのに、なんでレンズがこんなにおっきいの?
って言われると思いますが、
ミラーレスでボディは小さいが、センサーはフルサイズだからって言うのが率直の回答です。
他メーカーのカメラはAPS-Cもしくはフォーサーズと言った
小さなセンサーに対応したレンズ設計となるので根本的に違ってきます。


image

パット見はかなり重さが違ってくるように見えるが実際は180gだけ重たくなります。


image

実際に装着してみたイメージを作ってみました。
Aマウントレンズの「SAL85F14Z」はマウントアダプター「LA-EA4」が必要となるので
装着するとあまり長さ・重さが変わらなくなります。
それでも若干「SEL85F14GM」のほうが重く大きくなるといった結果に。


image

ただし、AF性能や撮影時のホールド感が変わってくると思います。
確実に使いやすさでは「SEL85F14GM」に軍配が上がると思います。
どうみてもフォーカスホールドボタンやAF/MF切替など、使いやすそうですからね。


image

このレンズはフォーカスリングに加えて、「絞りリング」を搭載しています。
あと、レンズ右側には「絞りリング」を回した時にクリック感が出せる切り替えスイッチも装備。
動画撮影時にはクリック感OFFにしたりなど使用用途に合わせて使えるプロユース仕様だ。

フォーカスホールドボタンはオートフォーカスで合わせたピントを今だけ固定したいときに使います。
ボタンを押してる間だけフォーカスを固定できます。
あと素早くAF/MFが切り替えれるフォーカスモードスイッチもレンズ側で切り替えができるので便利ですね。
ちなみにレンズ側の設定が優先されます。

それではレンズの特性など、技術的な部分を見ていきたいと思います。

image
XAレンズ(エクストリーム アスフェリカル レンズ)

新開発の超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズにより、
圧倒的な解像力と美しいぼけ味の両立を実現。

G Masterの優れた解像性能を支えるキーデバイスのひとつが、
諸収差を効果的に補正する新開発の超高度非球面XAレンズです。

image

研磨が非常に難しい形状の非球面レンズの表面を、
0.01ミクロン単位という従来よりも高い精度で管理し、
非球面レンズで発生しやすい輪線ぼけを大幅に低減することで、
美しいぼけ味を損なうことなく高い解像感を実現しています。

さらに、高解像度時代のボディの能力を最大限に発揮させるため、
G Masterはクラス最高レベルの解像性能を目指し、
従来よりも高い設計基準を設けて開発しています。

ピント面では、F1.4の絞り開放時から高い解像性能を発揮。
被写体を細部にわたるまでシャープに描写するため、高い立体感を実感できます。

また、被写体を引き立たせ、写真を印象的にするために必要なぼけ味にもこだわり、
偽色が少なく柔らかで、周囲に溶け込むようなぼけ味を実現しています。


image

ED(特殊低分散)ガラス3枚により、軸上色収差を大幅に軽減し、
鮮明な描写と着色の少ない美しいぼけ像を創り出します。

image

α<アルファ>として初めて採用された
11枚羽根の円形絞りにより、自然できれいなぼけ表現が可能。


image

コーティングにはソニー独自の技術であるナノARコーティングを採用。
高コントラストでヌケの良い描写性能を発揮します。


image

あと、ナノARコーティングでは逆光などの厳しい条件下であっても、
ゴーストやフレアを抑えたポートレート撮影が可能です。


image

フォーカス駆動には、大きく重いフォーカスレンズを動かすため
「リングドライブSSM」を採用し、スムーズなフォーカシングを実現。
さらに、2つの位置検出センサーにより、高精度な制御を実現し、
高解像度時代のシビアなピント合わせに応えます。


image

レンズは防塵防滴に配慮した設計で、
従来のシーリングに加え、レンズマウントゴムリングを採用。
カメラ本体との連結部の防塵対応を強化しています。


【MTF曲線】

image

「MTF曲線」です。
昨日もMTF曲線の説明をさせていただいたんですが、
この線が横軸右側に行くにつれて、縦軸のコントラストが100に近いほど
良いレンズ特性だということを表します。

開放時の性能もかなりいい感じで仕上がってるのが分かります。
F8まで絞った時は文句のつけようがない性能ですね。

以下、「SAL85F14Z」のMTF曲線も参考にしてください。

image


【作例】
image
SEL85F14GM:1/125秒、F4、ISO100、±0EV

ソニーの製品情報に上がっているギャラリー・撮影サンプルです。
製品情報に飛べばもっと大きな画像サイズで確認できます。


image
SEL85F14GM:1/125秒、F1.4、ISO100、±0EV

さすが最強のポートレートレンズと呼ばれるだけあって凄くいいですね!
このレンズではしっかり開放値での作例を披露してくれてるので良かったです。
α7のマークIIシリーズ「α7II」「α7RII」「α7SII」でこのレンズを使って、
瞳AFで撮ると良いポートレート写真がたくさん撮れそうです。

あいにく僕は同種のレンズ「SAL85F14Z」で撮った作例はございませんが、
F1.4の開放値でのボケ味は本当に素晴らしいです!
そういえば、ツァイスレンズのPlanerT*レンズで
50mm単焦点F1.4開放値で撮れる「SAL50F14Z」の作例はありました。


DSC06333-1
手持ち撮影、↑大きな画像で確認する
α7II+SAL50F14Z:50mm、ISO100、F1.4、1/160、+1.3EV

それがこの写真です。
今年の正月にウェスティンホテル淡路で撮影した正月飾りです。
F1.4の開放値で撮影してるので、前ボケ後ろボケを作って撮影してみました。
F1.4の明るい大口径レンズのボケ味が確認していただけたらなと思います。



image

いかがでしたか?
いや~このレンズもほんと良いですよねぇ~。
ツァイスレンズではなく、Gマスターレンズでの開放値F1.4でのボケ味を早く体験してみたいものですね。



でも簡単に買えるほどお安くはありませんが、安く買う方法はございます。
それはこの「αフォトライフサポート」です。

image
αフォトライフサポートに加入すれば、レンズ5%OFF、セミナー20%OFF、
サポートサービスなどが優待価格で受けられるお得なサービスです。

αフォトライフサポート:5,000円+税 → 加入はこちらから
※カメラ本体購入と同時なら3,000円+税で加入いただけます。

もちろん最大のメリットはレンズ5%OFFですよね!
例えば「SEL85F14GM:204,630円+税」を例に説明すると、
5%OFF約1万円引きの194,399円+税のお値段になってる加入者ページから購入できます。
あとはお持ちのAV10%OFFクーポンや株主優待などのAV15%OFFクーポンなど
ご利用してご購入いただけます。

10%OFFなら174,959円+税、税込み188,955円
15%OFFなら165,239円+税、税込み178,458円でご購入いただけます。
しかもソニーストアなら標準で長期保証<3年ワイド>付きなので、
3年間は破損・水濡れ・万が一の事故にも対応した保証付きです。
安心してがっつり使えますよ!

ちなみにαフォトライフサポート
3,000円+税で加入したなら6万円のレンズ1本、
5,000円+税で加入したなら12万円のレンズ1本で加入料の元が取れます。
加入してから3年間何回でもお得にレンズが買えるようになるので超おすすめです!

もちろん高級レンズの購入を考えてられるのであれば、
加入後に購入することで確実にお安く購入いただけます。
ご参考までに。

imageimage image
▼単焦点レンズ FE 85mm F1.4 GM
SEL85F14GM:204,630円+税 → 詳細・ご購入はこちら
αフォトライフサポート加入で5%OFFのページから購入いただけます。
image image image
過去最高のレンズ「SEL85F14GM」製品レビュー!実写作例多数【CP+2016】
大口径単焦点レンズ「SEL85F14GM」プチレビュー!【ストア大阪レポート】
ついに来た!Gマスターレンズ85mmF1.4 「SEL85F14GM」開梱レビューだ!
【GW】 今日は強風の中、地元の大運動会に参加してきました。
α<アルファ>Eマウント 85mmF1.4単焦点レンズ 『SEL85F14GM』 作例集(1)
朝光寺「鬼まつり」を「α7RII+SEL85F14GM」で撮影してきました!作例集(2)



imageimage(2/26発売)
2月16日 9:00より先行予約販売開始予定
▼VAIO Z(Skylake採用)
VJZ13A:156,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
image image image
※Z ENGINE 基板アクセサリーは限定数量に達したため、プレゼントを終了しました。
image image image
▼ブログ関連レビュー記事
さらにモンスターが加速!新生「VAIO Z」徹底スペックレビューだ!
「VAIO Z」の無刻印キーボードが入力できるプロフェッショナルユーザーが羨ましい!
初回購入特典、設計者こだわりの「Z ENGINE 基板アクセサリー」が欲しい!
VAIO Zの最高仕様の証 「勝色ダブルアルマイト仕様」が萌える!
【初回購入特典】の「Z ENGINE 基板アクセサリー」の店頭展示を始めました!
image


imageimage(2/5発売)
▼VAIO S13(Pro13mk2の後継機種)
VJS1311:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Pro13mk2の後継で「Skylake搭載」ビジネスストレスフリー「VAIO S13」スペックレビュー!


imageimage(2/5発売)
▼VAIO S15(VAIO Fit15E mk2の後継機)
VJS1511:89,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
VAIO Fit15Emk2の後継機種でハイスペック仕様も可能な「VAIO S15」スペックレビュー!
いじりがいのある「VAIO S15」を早速分解!使用パーツや内部構造など見てみよう!


imageimage
▼VAIO S11
VJS1111:114,800円+税~ → 詳細・ご購入はこちら
image image image
SIMフリーLTE搭載の新モバイルPC 「VAIO S11」完全スペックレビューだ!
「VAIO S11」 ソニーストア大阪レポート!実機レビューだ!
VAIO S11購入でもらえるVAIOロゴ入りケース商品レビュー!
「VAIO S11」店頭展示を開始しました!カラー天板も届きましたよ!
「VAIO S11」徹底レビュー!(開梱・外観フォト・セットアップ・ベンチマークなど)
SIMフリーLTE搭載「VAIO S11」にMVNO格安SIMを設定してみた!申込・開通・設定レビューだ!

「VAIO S11」などにおすすめな500MBまで無料で使える【0SIM by So-net】をデジモノステーション2月号でゲット!
デジモノステーション2016年2月号付録の神SIM「0SIM by So-net」の運用を考えてみた。


image
VAIO ラインナップ
VAIO Z Line 買い替え応援キャンペーン!

image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!


image
α<アルファ>デジタル一眼カメラ ラインナップ


image
PS4の「ドラゴンクエストヒーローズ」など、ゲームは「4Kブラビア」で楽しむのがおすすめ!



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0