So-net無料ブログ作成

より便利に進化したワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM2」開梱レビュー! [WALKMAN ヘッドホン]


image

より便利に進化したワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM2」の開梱レビューをお届けしたいと思います!

WH-1000XM2 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットimageimage
▼(ヘッドバンド型)ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WH-1000XM2:39,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
image WH-1000XM2 WI-1000X WF-1000X 開発者インタビュー

WH-1000XM2 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-H900N ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-H800 ワイヤレスステレオヘッドセット(ヘッドバンド型)WI-H700 ワイヤレスステレオヘッドセット(ネックバンド型)

ワイヤレスヘッドホンの新商品たくさんありすぎて悩んじゃいますよね!
それではいってみよう!



image

こちらがパッケージです。


image

1年間の保証書は箱上部に
飛び出すように収まっているので無くさないようにしてください。
ちなみにここから箱を開けようとすると、
かなり痛めてしまうので下部から開けてくださいね。

ちなみにソニーストアでご購入された場合は、
長期保証がついているので、送られてきた「購入明細書 兼 納品書」が
長期保証の保証書代わりになるので捨てないようにしてくださいね!


image

箱を開けるときは下部の「OPEN」と書かれたところから開けると
箱を痛めることなく綺麗に空けることができる。


image

中身は立派な黒い箱が出てきました。
なにか気づかせるように紙が挟んであります。


image

スマホ・タブレットアプリ
「Headphone Connect」のQRコードの載った紙でした。


image

箱をオープン。
ヘッドホンのキャリングケースが出てきました。


image

ヘッドホンはキャリングポーチの中に収納されています。
あとは付属品などが入っていました。


image

ソフトキャリングケースは革張りで高級感があります。


image

チャックを空けると、このように収納されています。


image

出荷梱包時は傷防止のためか
ヘッドホンのイヤーカップ周りに厚紙が挟まれていました。


image

取り出すとヘッドホンの収納イメージが描かれたマットが敷かれています。
航空機用のヘッドホンアダプターも専用ポケットに収納されていました。


image

これがすべての内容物です。

・microUSBケーブル(約50cm)
・ヘッドホンケーブル(約1.5m)
・航空機用プラグアダプター
・キャリングケース
・説明書など書類関連


image

これが航空機用プラグアダプターです。
そう言えば僕は一度も使ったことないなぁ~。
また機会があれば試してみたいと思います。


image

有線用ヘッドホンケーブルです。
3.5mmのステレオミニプラグで、バランス接続には対応していません(*^▽^*)
ただし、Bluetoothのワイヤレス接続でLDACならハイレゾ相当で楽しめますが
有線なら完全ハイレゾ音質で楽しめるので、
ワイヤレスヘッドホンと言われてますがケーブル付きヘッドホンとしても
立派なヘッドホンなので超おすすめなヘッドホンですね。


image

充電用microUSB端子や、
有線ヘッドホン用の3.5mmステレオミニジャックはすべてオープンで利用しやすい。


image

有線で接続するとこんな感じです。
ケーブルの長さは1.5mとなります。


image

こちらが付属のmicroUSBケーブル。長さは約50cm。


image

それではヘッドホンの外観を簡単にご紹介。


image

イヤーカップ部は肌触りの良い合成皮革です。イヤーパッドと同じ素材かな。
ハンガー部分はプラスチックにシャンパンゴールドが塗装がされていて
少しメタリック感があって光の当たり加減で見た目の色が変わってきます。


image

新・旧ほぼ同じデザインでパッと見では違いが分かりません。


image

唯一見た目の違いがよくわかるのが、
ノイズキャンセリングや外音取込機能に使われるマイク部分のデザイン。
よりシンプルになりました。


image

続いてイヤーパッド。


image

低反発ウレタンフォームを採用した立体縫製イヤーパッド。
表面には伸びのよい合成皮革を採用して肌触りもいい感じ。

とにかく柔らかくて、
装着したときに触れる耳回りの負荷がかかりにくく凄くいい感じです。


image

ヘッドクッションもイヤーパッドと同じで
表面は合成皮革に中身が低反発ウレタンフォームとなる。


image

やわらかくて頭にフィットするので付け心地は良い感じです。

ほんと耳全体を覆うので、装着感は抜群です。
頭に触れてる部分が柔らかく長時間使用でも疲れにくくなっています。


image

電源ボタンやNC/AMBIENTモードは左耳側の後ろにあります。


image

NFCも左耳側のイヤーカップ部となります。
まずはウォークマンZX300とNFCでかざすだけの簡単接続してみます。
初めて接続するときだけペアリングの確認画面が出てきます。
もちろん「はい」を選択してください。


image

これで接続が完了です。
自動的にBluetoothのLDACで接続されます。
ハイレゾ音源ならハイレゾ相当で楽しめますよ!

ノイズキャンセリングをONにして楽しんでみました。
良いですねぇ~。
ノイズキャンセリングは、数ある商品の中では一番の効果を感じられます。
オーバーヘッドタイプで問題なければ超おすすめです!


image

音楽を聴いてるときに
右耳側のイヤーカップを手で覆うと、音楽の音量が下がり、
外の音が聞こえて、ヘッドホンを付けたままで会話ができる
「クイックアテンションモード」も超便利です。


image

あと、指操作では、再生・一時停止、曲戻し、曲送り、
音量の上げ下げができるのも便利です。


image

続いてヘッドホンと有線ケーブルで接続。
有線接続の際はハイレゾ相当ではなく、しっかりハイレゾ音質で楽しめる。
ヘッドホンのバッテリーが無くなっても音楽が楽しめるので安心。
ただし、バッテリーが切れると
ノイズキャンセリングは使用できないので注意で(*^▽^*)


image

続いてAndroidスマホVAIO Phone Aを使って
スマホアプリ「Headphones Connect」をインストールして
いろいろな設定をして楽しんでみたいと思います。

Headphones Connect「Headphones Connect」
このアプリはiOS、Androidに対応しているのでスマホ全般で楽しめる。


image

あえてNFCの無いVAIO Phone AでBluetooth接続(笑)iPhoneも同じ要領です。

ペアリングモードにするには、ヘッドホンの電源が切れた状態で
ヘッドホンの電源ボタンを押し続ける。するとペアリングモードに入る。

あとはスマホ側で
Bluetooth検索で出てきた「WH-1000XM2」をタップすればOK!

スマホアプリ「Headphones Connect」を立ち上げれば接続状況がわかる。
ヘッドホンのバッテリー残量や接続コーデック、DSEE HXが働いているなど、
一発可視化されているのは便利だ。


image

まずは「アダプティブサウンドコントロール」機能をみてみよう。
この機能をONにすると、
スマホの加速度センサーやGPSから、
止まってる、歩いてる、走ってる、乗り物に乗っているの4パターンから
ユーザーの状態を判断して、自動で切り替えてくれるという便利な機能です。

image

事前にこの4パターンの時の
ノイズキャンセリングや外音取込レベルなんかを個別に設定でき
わざわざ切り替えることなく、
自動で判断して最適な環境に切り替わってくれるのが便利なんですよね。


image

さらにこのヘッドホンの便利なところは
「NCオプティマイザー」という機能をつかえば
装着してる方のノイズキャンセリング環境を最適化してくれます。

ヘッドホンの外側と内側にマイクが搭載されていて、
その日の髪型やメガネの装着、帽子をかぶったりと、
日々変化する環境に対応できるための最適化機能が便利!
今回気圧センサーにより、飛行機に搭乗中の気圧の変化にも
ノイズキャンセリングを最適化してくれます。


image

もちろんiPhoneでも「Headphones Connect」で環境設定ができ
最適環境で音楽が楽しめるので便利ですよ!
あ~有機ELディスプレイのiPhoneXが欲しいぃ~(笑)←今関係ないだろ?


image

いかがでしたか?

とにかく、オーバーヘッドタイプでもOKって方は
最高峰のノイズキャンセリングで楽しめるのでほんとおすすめです。
お近くの方は当店店頭で体験していただければと思います!
ぜひ気軽にご来店くださいね!(*^▽^*)

WH-1000XM2 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットimageimage
▼(ヘッドバンド型)ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WH-1000XM2:39,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image
image WH-1000XM2 WI-1000X WF-1000X 開発者インタビュー

WH-1000XM2 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-H900N ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-H800 ワイヤレスステレオヘッドセット(ヘッドバンド型)WI-H700 ワイヤレスステレオヘッドセット(ネックバンド型)


image image
「NW-ZX300」開梱レビュー!バランス接続対応ヘッドホンXBA-N3BPで聴いてみた!
WALKMAN 『ZX300』のUSB DAC機能を使ってパソコンの音を高音質で楽しむ!


image
左右独立型ワイヤレスノイキャンヘッドホン「WF-1000X」開梱レビュー&設定・使用レポート!



-------------------------------

ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

-------------


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。