So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本日行われたCES2018 ソニープレスカンファレンス!今年登場する予定の新商品が続々発表! [情報ネタ]


image

本日10時より行われたCES2018 ソニープレスカンファレンス!
今年登場する新商品が続々発表されました!

国内でもソニーがCES2018の出店について発表されました!
CES2018出店について(ソニー)


それでは簡単に見ていきましょう!



image
https://www.sony.com/electronics/televisions/a8f-series

image
新型有機ELテレビ「A8Fシリーズ」 4K HDR TVが発表されました。
サイズは65V型、55V型の2サイズで、米国での発売は5月頃で、
それぞれ価格は65V型で3,500ドル前後、55V型で2,500ドル前後だという。

▼ソニー発表分-----
4K有機ELテレビ ブラビア『A8Fシリーズ』は、昨年発売し好評を博した『A1シリーズ』に採用した4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」と、画面自体を振動させて音を出力する独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。薄くて目立たず奥行きの短いスタンドを用いることで、場所を選ばず設置しやすい4K有機ELブラビアのラインアップを追加し、ソニーならではの、映像と音が一体となる臨場感をお届けします。
------------
image

アコースティックサウンドは継続で、スタンド式で従来と背面のデザインがかなり異なってきますね。

image

今回は壁掛けでも薄さを実現してそうです。
日本での発表が楽しみですね!


Sony - BRAVIA OLED - A8F/AF8 Series



-------------------------------

image

8K/HDRコンテンツのリアルタイム処理を実現する
超高画質次世代映像プロセッサー「X1 Ultimate」。

CESの会場では「X1 Ultimate」を搭載したディスプレイが参考展示されている。
処理能力は現行の「X1 Extreme」の約2倍の処理能力で、
HDRフォーマットの最高値である10,000nitsの輝度も実現するという。

これを採用したテレビがいつ頃登場するのか楽しみですよね!(*^▽^*)


-------------------------------


image
https://www.sony.com/electronics/sound-bars/ht-z9f
image
3.1ch Dolby Atomos/DTS:X対応サウンドバー「HT-Z9F」。

-------------------------------
ブラビアに合わせて美しく設置できるスリムなサウンドバー『HT-Z9F』と『HT-X9000F』は、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」に対応。両機種ともにソニーの独自技術により、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現する「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」を搭載しました。特に『HT-Z9F』は、3.1chのサウンドバーとして世界で初めてドルビーアトモスに対応。Dolby Vision(ドルビービジョン)対応の『A8Fシリーズ』や『X900Fシリーズ』、 4KUltra HD Blu-rayプレーヤー『UBP-X700』との組み合わせにより、4K HDRの高画質と最新の音声フォーマットによる全方位からの音に包まれる臨場感をお楽しみいただけます。
-------------------------------

image

天井の跳ね返りを使わずにフロントだけで3次元の立体音響を実現。
フロントスピーカーだけでバーチャル7.1.2chが可能だという。
去年の年末に登場した「HT-ST5000」と比べてどうなのか早く詳しい情報が欲しいですよね!

image

国内での発表を待ちましょう!

-------------------------------

image

Dolby Vision(ドルビービジョン)対応
4KUltra HD Blu-rayプレーヤー『UBP-X700』。

Dolby Vision対応の4Kテレビ「A8Fシリーズ」や「X900Fシリーズ」、
サウンドバー「HT-Z9F」と組み合わせて3D立体音響が楽しめます。


-------------------------------


image
https://www.sony.com/electronics/truly-wireless/wf-sp700n

image
独立型ノイズキャンセリングヘッドホン「WF-SP700N」
防滴性能でスポーツシーン

image
4色のカラーラインナップで丸みを帯びた可愛いデザインですね!


image

さらに、スポーツシーンでも高音質で音楽に浸れるワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WF-SP700N』は、左右独立型では世界で初めてノイズキャンセリング性能と防滴性能(IPX4)を両立しました。
汗や雨を気にすることなく、静寂の中で音楽のビートを感じながら運動に集中できます。


image

アンビエントサウンド(外音取り込み)モードにも対応したため、
音楽を楽しみつつ、周りの音を取り込みながらスポーツをすることも可能。
Googleアシスタントにも対応する。


image

バッテリー性能は3時間。充電は1.5時間。
バッテリー内蔵ケースが6時間分の充電が可能なので
充電しながらうまく使えば出先で9時間の使用が可能となります。

北米では春以降に順次発売ということで、
価格は約179ドルとアナウンスされています。


-------------------------------


image

スポーツシーン向けのネックバンド形状のワイヤレスヘッドホンとして、
ノイズキャンセリング機能対応の『WI-SP600N』も発表。


image

こちらもIPX4の防滴性能を備え、スポーツなどの利用でも安心して使えます。
外音取込のアンビエントサウンドモードも搭載。
Googleアシスタントにも対応する。


image

カラーも4色で展開される。
北米では春以降に順次発売ということで、
価格は約149ドルとアナウンスされています。


-------------------------------

image
https://www.sony.com/electronics/wireless-speakers/srs-xb41

image
ポータブルワイヤレスパーティースピーカー「SRS-XB41」。

image
現在防水性能で人気の
ワイヤレスポータブルスピーカーの後継機が登場!
デザインを一新してより煌びやかに!色も3色展開となる。

image

同時に「SRS-XB31」「SRS-XB21」も
同じようなデザインイメージで発表されています。

-------------------------------

最後に紹介するのが、Life Space UXコンセプトの
4K超単焦点プロジェクター「LSPX-A1」です。

image
https://www.sony.com/electronics/projector/lspx-a1

image
4K超単焦点プロジェクター「LSPX-A1」


空間を変えることで暮らしに新しい体験をつくりだすコンセプト
「Life Space UX(ライフスペースユーエックス)」。

新しい4K超短焦点プロジェクター 『LSPX-A1』を米国で2018年春に発売。
人工大理石の天面や木目調の棚などを使う事で
家具のように居住空間になじむ佇まいを実現しながらも、
壁面に置くだけで最大120インチの4K HDR大画面を壁に投射する映像技術と、
「アドバンスドバーティカルドライブテクノロジー」対応のツイーターによって
空間全体に音を広げる音響技術を搭載。
例えば壁に映し出される森の映像と空間に広がる
小川のせせらぎの音により「空間全体の雰囲気を変える」ような新しい体験ができます。
サブウーファーも搭載し、迫力ある音で映画を楽しむ事もできます。

また、AI技術を使ったコンテンツの解析およびマッピングによって、
音楽、映画、本などの膨大な量のコンテンツを表示し、
その中から興味をひく作品を見つけ出せる
「It’s all here?すべてがここにある?」のコンセプトも参考展示しています。


image

お部屋の壁をスクリーンにしてしまうという発想の超単焦点プロジェクター。
ホワイトカラーを採用してお部屋のインテリアとしてマッチしそう。


image

いかにもプロジェクターを置くのではなく、
生活空間の中にまさかの的な生活の一部に溶け込んだ商品で面白いですね!
これぞインテリアって感じがします。


image

背面はこんな風になってました。
以下動画をチェックです。


Your living space transformed: 4K Ultra Short Throw Projector LSPX-A1

-------------------------------

いかがでしたか?
今年もいろいろこの先に発表される商品を先行で見ることができました。

image

明後日発売のaiboもいよいよといったところで
今年も盛り上がること間違いなさそうですね!
カメラ・レンズは先日海外で発表されてた
CP+2018でのお楽しみということで、もうしばらくの辛抱なのかな?

あとXperiaの新商品は別エントリーでご紹介したいと思います。(*^▽^*)




-------------------------------

ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

-------------


nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

あき坊

こんばんは。
takuさん、たくさん買ってくださ~い^^

by あき坊 (2018-01-09 21:59) 

taku

あき坊さん、おはようございます!
いっちょ「LSPX-A1」でも行っておきますか!(*^▽^*)
by taku (2018-01-10 08:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。