So-net無料ブログ作成

デスクトップ級ノートPCが登場!『VAIO S15』がフルモデルチェンジでパワーアップ!(VJS1531) [VAIO]

 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
デスクトップ級ノートPCが登場しました!
『VAIO S15』が久しぶりにフルモデルチェンジでパワーアップ!
デザイン一新でVAIO Sシリーズに統一した洗練されたデザインに。
第8世代Hコアプロセッサー搭載!
Core i7を選べばヘキサコア(6コア12スレッド)でデスクトップ級のパフォーマンスを実現!
USB Type-Cが『Thunderbolt 3』対応で外付けグラフィックにも対応!
4Kディスプレイも選択が可能で写真やビデオ編集ユーザーにもお待ちかねな一台です。
いざって時に持ち運べる、頼りになるノートパソコンが登場しましたね!(*^▽^*)
今なら4/19頃お届けで、ソニーストアで先行予約販売が開始しました!
 

VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
▼パーソナルコンピューター VAIO S15(15.4型ワイド)
VJS1531:119,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VAIO S15発売記念 5%OFFキャンペーン実施中(2019年5月24日(金)23時59分59秒まで)
image image
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
VAIOで唯一光学ドライブを内蔵した大型サイズのVAIOノート。
デザインも一新してVAIO Sシリーズで統一感のある洗練されたデザインに!
カラーはブラックとシルバーの2色から選べます。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン

 
チルトアップヒンジを採用し、程よい傾斜で打ちやすいキーボードと、フラットアルミパームレストで美しさと強さを両立している。
背面のオーナメントで高級感が増し、さらにVAIOらしさが磨かれました。
 
 
 
【作業効率を大きく高める15.6型ディスプレイ搭載】
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
大型の15.6型ワイド液晶で、3種類のディスプレイから選択が可能。
▼ディスプレイ
・15.6型ワイド Ultra HD 4K(3840×2160):(+29,000円)
・15.6型ワイド Full HD(1920×1080):(+9,000円)

・15.6型ワイド HD(1366×768):+0円
 
ディスプレイベゼルもスリム化してよりスタイリッシュになっている。
おすすめは、フルHD、4Kディスプレイで、こちらを選択すれば高輝度・高視野角、広色域、ハイコントラストな液晶で楽しめます。
※高視野角(上下、左右ともに170°の広視野角)
さらに映り込みを抑えたアンチグレア液晶を採用。
  
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
4Kディスプレイを選ぶと、テキスト文字が滑らかになったり、写真などが超高精細に見れるなど、クリエイティブな仕事をされている方にはお勧めです。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
作業領域の比較で、4Kディスプレイは単純にフルHDディスプレイの4倍の高精細で作業領域が広く行える。
 
 

【ノートPCの常識を超える圧倒的なハイパフォーマンス】
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
第8世代Hコアプロセッサーを搭載(TDP45W)し、CPU性能が格段に上がっています。
前モデルもHコアプロセッサーでク、アッドコアを採用してましたが、第7世代モデルだと、VAIO SX14クラスの第8世代Uプロセッサーと差が無くなってしまっていたのでここで一気に突き放すかのように、Core i7ではヘキサコア(12スレッド)を採用しました。



VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
そのCPU性能は凄まじいものがあって、一般的なノートPCの第8世代Corei7-8565U(4コア)の実に2倍の圧倒的なCPU性能の差が生まれている。
その速さの違いがYouTubeで動画で一目瞭然となっていた(*^▽^*)
 
 

VAIO S15 ・VAIO Pro PH 第8世代Core i 7 CPUベンチマーク比較
 
誰が見ても明らかに違いが分かりますよね!
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
先ほどはCore i7の比較でしたが、
今度はCore i5での比較でも、Uプロセッサーと比べると、約1.5倍もの性能アップしている。
 
その他比較として、 
▼Adobe Photoshop Lightroom で100枚のRAW画像をJPEG出力変換した際の時間比較
・新VAIO S15:第8世代 Core i7-8750H(6コア):108秒
・一般的なノートPC:第8世代 Core i7-8565U(4コア):165秒
 
この比較では、処理時間が約30%も短縮している。
 
 
▼Cyberlink PowerDirectorで4K動画をフルHD動画にエンコードするのにかかった時間
・新VAIO S15:第8世代 Core i7-8750H(6コア):849秒
・一般的なノートPC:第8世代 Core i7-8565U(4コア):1575秒
 
こちらの比較では、約46%も処理時間が短縮している。
 
 
ソニーストアのVAIOオーナーメードでは、2種類のCPUから選べます。
Core i7-8750H(2.20GHz):(+25,000円)
・Core i5-8300H(2.30GHz):+0円
 
今回Core i7とCore i5でも圧倒的なCPU性能が出るので、+25,000円は安く感じますよね!
 
 
【大容量32GBメモリーを搭載可能】
  
メモリーは4パターンから選択が可能です。
・32GB(16GB×2):(+56,000円)
・16GB(8GB×2):(+24,000円)
・8GB(4GB×2):(+8,000円)

・4GB(4GB×1):+0円
 
4GB以外は、メモリー2本差しでデュアルチャンネルに対応しているので、パフォーマンスの向上につながります。
今回からは、気軽にメモリーを自分で増設ができなくなっています。
ただし、オンボードではなく、分解を伴う形となるのでハードルが高くなっています。
できれば、サポート・補償対象になるVAIOオーナーメードで増設をお勧めします。
 
ついにVAIO初の32GBが可能になりましたね!(*^▽^*)
これなら、デスクトップ代わりにハイスペックなPCが作れるのでワクワクしてきます。
 
 
【ストレージで圧倒的なパフォーマンスを実現】
 

VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン

ストレージ選択にはSSDがおすすめです!
特にSSDでも第三世代ハイスピードSSDが圧倒的なポテンシャルを活かします。
 
VAIOオーナーメードでは、ストレージ選択にSSDとHDDをデュアルで選択が可能。
 
▼SSD
・第三世代ハイスピードSSD 1TB:(+110,000円)
・第三世代ハイスピードSSD 512GB:(+60,000円)
・第三世代ハイスピードSSD 256GB:(+25,000円)
・SSD(SATA)256GB:(+20,000円)
・SSD(SATA) 128GB:(+10,000円)
・なし:(+0円)
 
▼HDD
・ハイブリッドHDD 1TB:(+7,000円)
・HDD 1TB:(+5,000円)
・HDD 500GB:(+0円)

・なし:(-6,000円)
 
例えば、SSDを「第三世代ハイスピードSSD 256GB」を選択し、HDDをハイブリッドSSD 1TBを選択すれば、WindowsのOSはSSDにインストールされて、データ保存用にHDDで大容量といった使い方ができます。
ちなみに、HDD、SSDの速度の違いは以下の図を参考に。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン 

明らかに、HDDが遅すぎるのが分かってもらえたでしょうか?
ただし、OS部分はSSDで、データ領域的にHDDを使う分には全く問題ないので、ぜひHDDも合わせて選択していただければなって思います。
 
 
【様々な機器と接続できる充実のインターフェースをフル装備】
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
オールインワンパソコンのメリットに光学ドライブを内蔵できます。
VAIOオーナーメードでは以下の2種類から選択が可能。
 
・ブルーレイディスクドライブ(Ultra HD BD対応、BDXL対応):(+10,000円)
・DVDスーパーマルチドライブ:(+0円)
 
通常はDVDスーパーマルチドライブなんですが、
今回からVAIO初のUHD BDに対応したブルーレイディスクドライブの選択が可能に。
 
近年発売している4K画質で楽しめるUHD BDの映画などのタイトルが、VAIO S15の4Kディスプレイで超高精細で楽しめます!
ぜひ4Kディスプレイと合わせて楽しんでいただければなって思います。
UltraHD BD 4K再生用のソフトも付属しているので安心です。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン

有線LAN端子はもちろん、HDMI出力端子や、VGA端子も標準で装備。
USB3.0端子は計3ヶ所、左右に分かれている。
USB3.0の特徴である、端子が青くなっている演出はVAIOではデザインの一環で黒くなっています。
でもしっかりとUSB3.0になっているのでご安心を(*^▽^*)
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
今回「USB Type-C」も新たに搭載。
パソコン本体を充電する給電機能には対応していませんが、VAIO S15のUSB Type-Cは「Thunderbolt 3」に対応しました!
 
高速なUSB 3.1(10Gbps)端子を遙かに上回る、40Gbpsという圧倒的な情報量をやりとりできる最新インターフェイスThunderbolt 3端子(USB Type-C端子と共通)を搭載。
デスクトップPC用グラフィックカードをノートPCでも使用可能にする外付けGPU BOXや、高精細ディスプレイへの複数画面同時出力、Thunderbolt 3接続対応のSSDによる超高速外付けストレージなど、ワンランク上の機能拡張が行える。
 
実際に、外付けグラフィックを体験しましたが、とてつもない性能に驚きました!
ノートパソコンとは思えないほどのグラフィックパフォーマンスを実現することもできるので、普段はがっつりデスクトップPCのように使って、いざって時に大きいけどノートパソコンとして持ち運べるっていう最高のノートパソコンだと思います(*^▽^*)
 
ここから動作確認済みのThunderbolt3対応機器が確認できます(VAIO.comへ
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
VAIO S15初の「指紋センサー」を標準で搭載しています。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
いかがでしたか?
待望のオールインワン機VAIO S15のフルモデルチェンジでしたね!(*^▽^*)
もう最高に気持ちいくらいのスペックが楽しめるので、そこそこのハードユーザーも納得のいく内容だったかと思います。
さて、実は事前に商品を体験してきております。
後日この辺のレビュー記事をお届けできればなって思います。お楽しみに!
新VAIO S15発売記念の5%OFFクーポンも要チェックですよ!(*^▽^*)
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
▼パーソナルコンピューター VAIO S15(15.4型ワイド)
VJS1531:119,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VAIO S15発売記念 5%OFFキャンペーン実施中(2019年5月24日(金)23時59分59秒まで)
image image
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 

-------------------------------
   
ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2]

ワンズのホームページへ

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp
営業時間:AM:9:00 ~ PM7:00
毎週木曜定休日(毎月第1・第3水曜定休日)

---------------------------------


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。