So-net無料ブログ作成

第8世代インテルHコアプロセッサー搭載VAIO S15(VJS1531)レビュー!グラフィックス・SSDのベンチマークテスト&比較! [VAIO]

 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
第8世代インテルHコアプロセッサー搭載VAIO S15(VJS1531)レビュー!
今日は、CPU・グラフィックス・SSDのベンチマークテストをご紹介したいと思います。
 
VAIO S15,VJS1531image
▼パーソナルコンピューター VAIO S15(15.4型ワイド)
VJS1531119,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
VAIO S15発売記念 5%OFFキャンペーン実施中(2019年5月24日(金)23時59分59秒まで)
image image
 
▼当店関連ブログ
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,開梱レビュー
VAIO S15実機フォトレポート!第8世代Hコアプロセッサー搭載デスクトップ級の性能を持ち出せ!
新VAIO S15(VJS1531)開梱レビュー!店頭展示もはじめました!
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,開梱レビュー
 
まずは当店での展示機スペックをご紹介。
 
▼展示機スペック:VAIO S15(VJS1531)
・OS:Windows10
・ディスプレイ:15.4型ワイド フルHD(1920×1080)
・CPU:Intel Core i5-8300H CPU(2.30GHz)第8世代(TDP 45W)
・GPU:Intel UHD Graphics 630
・メモリー:8GB(4GB×2)
・ストレージ:第三世代ハイスピードSSD(PCIe) 256GB+HDD 1TB
 
 
店頭で売れてる仕様をチョイスしました。
 
 

 
使用したベンチマークテストのソフトは『CINEBENCH R15』で行いました。
 
CPU性能は
第8世代のIntel Core i5-8300H CPU(2.30GHz)プロセッサー。
4コア8スレッド(TDP 45W)
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
結果、
Core i5-8300H (CPU:841cb、OpenGL:49.06 fps)
Core i7-8750H (CPU:1220cb、OpenGL:54.90 fps)
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,VAIO株式会社
CPUスコアは前モデルよりCore i5比較ですが、1.6倍もアップしました!
Corei7での新旧比較はCPU性能は約2倍くらい違ってきます。
+25,000円でCore i5→Core i7に変えられるので、思い切ってCore i7の選択も今回はありですね。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
VAIO A12,VJA1211VAIO S11(VJS1121)VAIO S13(VJS1321)vaio,sx14,vjs1411VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,VAIO株式会社
こちらでは他のモデルとの比較となります。
CPU性能は、新VAIO S15がダントツの最高峰となりました!(*^▽^*)
  
 
続いてはグラフィックスのベンチマークテストです。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト

使用ソフトはファイナルファンタジーXIVの紅蓮のリベレーターベンチマークです。
ちなみにグラフィック性能はCPUの世代によって性能が変わってきます。
今回VAIO S15のグラフィックスは「Intel UHD Graphics 630」となります。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
グラフィックスのテストでは予想外の結果に。
Core i5だと、ほぼグラフィックス性能は同じ結果で逆に驚いています。
何回もテストしたけどやはりほぼ同じ。
なぜか、標準ノートPC(1280×720)だけ差が生まれました。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
続いて、他のVAIOと比べてみました。
やはり、グラフィックス性能はVAIO SX14より劣っていますね。
もちろん、Core i5同士での比較になりますが、CPU性能が上がったように標準グラフィックス機能もアップしてほしかったです。
 
そこで、グラフィックス性能の救世主となるのが、次のお話。
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
今回USB Type-Cが「Thunderbolt 3」に対応して外付けのグラフィックス(dGPU)にも対応しています。
VAIO株式会社にはデスクトップモデルはありませんが、ノートパソコンで、デスクトップ用のグラフィックスカードをUSB Type-C経由で利用できるのが「Thunder volt 3」の特長。
ちなみに、VAIO SX14やVAIO A12などのUSB Type-Cは「Thunderbolt 3」に対応していないのでお間違えなく。

▼USB Type-Cの仕様比較

  バージョン 充電・給電  
VAIO S15(2019) USB 3.1
(10Gbps)
非対応

Thunderbolt 3
DisplayPort1.2

VAIO SX14(2019) USB 3.1
(10Gbps)

PD充電
5Vアシスト充電

DisplayPort1.2

VAIO A12(2018) USB 3.0
(5Gbps)

PD充電
5Vアシスト充電

DisplayPort1.2

VAIO S11(2015) USB 3.1
(10Gbps)
非対応

Thunderbolt 3
DisplayPort1.2

 
今までのVAIOのUSB Type-Cをまとめてみました。
2015年に発売したVAIO S11が実は「Thunderbolt 3」に対応していました。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
デバイスマネージャーを覗くと2つのグラフィックが存在してました。
2つあると実際どうなるの?って思いますが、昔VAIOのSシリーズでハイブリッドグラフィックスシステムっていう切替式のグラフィックがありましたよね!
その感覚でグラフィックを切り替えて使うって感じです。
▼ディスプレイアダプター
・Intel UHD Graphics 630
・NVIDIA GForce RTX 2070
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
今回、外付けGPU Boxに
GIGABYTE製 AORUS RTX 2070 Gaming Box 「GVN2070IXEB-8GC」を使用。
パソコンとの接続はUSB Type-C一本のみ。
このGPU Boxに「NVIDIA GForce RTX 2070」が接続されています。
なので、もっと高性能なグラボを増設することも可能です。
なかなか高価なものですが、それでもノートパソコンでグラフィックス性能がアップできるのは非常にありがたいですね!
 
GIGABYTE ギガバイト GIGABYTE NVIDIA GeForce RTX 2070 搭載 外付けVGA BOX GV-N2070IXEB-8GC[GVN2070IXEB8GC]
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
背面にはHDMI出力端子やディスプレイポート端子も備えるので、ここから4Kテレビに出力させたりもできます。
あと周辺機器との接続にも使えるUSB3.0ポートも3つほど付いていますね。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
もちろん、最高のパフォーマンスを出すにはパソコンはバッテリー駆動ではなく、ACアダプターに接続して行ってください。
CINEBENCH R15を使ってグラフィックステストを行ってみました。
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン
 
▼VAIO S15(VJS1531)
・CPU:Intel Core i7-8750H(2.21GHz)(6コア、12スレッド)
NVIDIA GForce RTX 2070
(CINEBENCH R15)OpenGL:109.58fps
 
▼VAIO S15(VJS1531)
・CPU:Intel Core i7-8750H(2.21GHz)(6コア、12スレッド)
Intel UHD Graphics 630
(CINEBENCH R15)OpenGL:54.90fps
 
凄い!単純に2倍のグラフィックス性能が出ていました!
ほんといろいろお見せいただきましたが3Dグラフィックスがヌルヌル動いていましたよ!(*^▽^*)
 
  
最後にSSDのベンチマークテストです。
ストレージのベンチマークテストに使用したのは「CrystalDiskMark」。
 
展示機に搭載しているSSDはこちら。
PCIe(NVMe)M.2 (PCI Express×4(32Gb/s))
ストレージ:第三世代ハイスピードSSD(PCIe) 256GB
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
CrystalDiskMarkによるリードライト速度テストです。
速い!リードが爆速ですね!(*^▽^*)
もちろんライトも十分な性能です。
とは言っても基準が分からなければこの数字を見てもピン!と来ないですよね!
以下に速度を比較してるのでご参考までに。
 
VAIO SX14,vjs1411,店頭展示,ワンズ,ONE'S,ベンチマークテスト
ちなみに、VAIO SX14で選択できるのは

・SSD(SATA)128GB (+10,000円)
・SSD(SATA)256GB (+20,000円)
・SSD(PCIe)第三世代ハイスピードSSD 256GB (+25,000円)
・SSD(PCIe)第三世代ハイスピードSSD 512GB (+60,000円)
・SSD(PCIe)第三世代ハイスピードSSD 1TB (+110,000円)
 
ちなみに、SATAのSSDもHDDに比べると5倍ほど速いんですよ!
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
これがHDD 1TBのリードライト速度です。
速度は雲泥の差ですね!(*^▽^*)
 
でも4Kの動画データや写真のデータを保存するのに使う分は全く問題ないですよ。
要はOSのインストールがHDDでなければ問題なしです。
  
 
VAIO SX14,vjs1411,店頭展示,ワンズ,ONE'S,ベンチマークテスト
リアルにファイルのコピーの速さで比べるとよく分かりますよね!
それにしてもやはり第三世代ハイスピードSSDは爆速で最高ですね!
できれば長い目で見て、第三世代ハイスピードSSDがおすすめですよぉ~!
 
 
VAIO S15,VJS1531,ノートパソコン,ベンチマークテスト
 
いかがでしたか?
CPU性能は格段に上がりましたね!
Core i7のCPU性能を見てしまうと、+25,000円で選んじゃいそうですね!
グラフィックスは何回もテストしましたが進化はなく、逆に驚きの結果となりました。
ガッツリ派は外付けグラフィックの選択肢もありかなって思います(*^▽^*)
 
 

-------------------------------
   
ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2]

ワンズのホームページへ

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp
営業時間:AM:9:00 ~ PM7:00
毎週木曜定休日(毎月第1・第3水曜定休日)

---------------------------------


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット